ブログを再開します。(新型コロナ対策)


 しばらく、開店休業状態を続けていたブログですが、
新型コロナウイルス(COVID-19)に対する情報提供のため
ブログを再開します。

.

 私程度の、専門家の片隅の風上にこそっといるだけの人間でも、
無駄に不安をあおるマスコミに対して、ほんのわずかでも力になれれば。

カテゴリ「新型コロナウイルス」に記事を追加していきます。

.

 いろんな情報が乱れ飛んでいて、何が正しいのかわからない、
という声をよく聞きます。

 実際に、わかっていないことも多いんですが、
医療従事者、専門家であればわかることもあります。

 特にマスコミに多いのが、定説から離れた異説を主張する学者を
大きく取り上げてしまうこと、です。

.

 例えば、「コロナウイルスは空気感染する」という説。
もちろん、その疑いはありますし、そう主張する方もいます。

 しかし、ほとんどの研究者はそんなに重く考えていません。
もし空気感染するのなら、もっと爆発的に広がっているはずです。
現実はそうなっていません。

 もし、空気感染するとしても、非常に限定的ではないか。
そのように推測できますし、そう考えている研究者が多いと思います。

.

 それなのに、マスコミは「空気感染が確認されている」と報道します。
もちろん、そう主張する研究結果があるのは事実なのですが、
メインストリームにはなっていないです。

 なんでしょう。
99:1くらいの確率の話を、50:50くらいで報道してしまうことが
ままあったりするんです。

.

 COVID-19に関するニュース、情報を、医療従事者の立場で、
かみ砕いて説明していきたいと思います。
正しくはないかも知れませんが、「相場感」を伝えていけたらな、と
思っています。

 コロナウイルスが落ち着くまで、更新頻度を上げます。
少なくとも、週1回は更新します。

 落ち着いたら、また休眠する予定です。

 

| | コメント (0)

緊急事態宣言


 ついに、緊急事態宣言が発令された。
首都圏の1都3県と、大阪、兵庫、福岡。

 ただし、いわゆる「ロックダウン」都市封鎖ではない。

.

 そもそも、日本の法律では実効力(罰則)のある
ロックダウンはできない。
 できるのは、あくまで「要請」だけだから。
そこは海外とは異なる。

 なので、実態は今までとさほど変わらない。(苦笑)
北海道知事は法的根拠のない「非常事態宣言」をやったけど。

 全国一斉休校要請なんて、法的根拠ナッシングだった。
本来なら、非常事態宣言をして行うべき措置だけど、
法律の手続きすっ飛ばしてやれたやん。

.

 じゃぁ、緊急事態宣言にどういう意味があるか。
「この上ない、自粛要請である」という意味が一番強い。
「緊急事態なんだよ!」という宣言だけだ。

 あとはどれほど実効力が上がるかは、国民にかかっている。
一人一人が、自覚をもって行動して欲しい。

.

 中国は、強権でもってコロナウイルスを抑え込んだ。

2週間、感染者が誰も感染させなければ、感染拡大は収束する。」
ウイルスは自分で移動することはできないんだから、当然だ。
感染者がみんな家に留まっていれば、それ以上増えることはない。

 各国のロックダウンはこれを目指している。

 日本は、ロックダウンすることなく(できないから)、
「緊急事態宣言」の言葉の威力による、国民の行動変容だけで、
コロナウイルスを封じ込めようとしているんだ。

.

 批判は山ほどある。
特に、自粛を求める事業者に対して個別に補償はしない点。
補償しなくちゃ、休んでくれないんじゃないの?
だって、みんな生活かかってるんだよ??

 でも、政府はそれでいくと決めてしまった。
日本という国は、同調圧力が強い国だから、
それでうまいこといく可能性は結構高いと思う。

 だからって、泣き寝入りさせるのはひどいぞ。

.

 もちろん、国が全く無策という訳ではなく、
色々な救済措置を作っているんだろうけどさ。
全体的に網目が荒くて、漏れてしまう人が結構出るんじゃないか?

 この辺は、国に頑張ってもらいたい。何とかしろ。

.

「緊急事態宣言」は、最後の手段だ。もう、この上はない。
これで抑え込めなければ、欧米と同じ道を辿ることになるだろう。
すなわち、10万人級の死者を覚悟する必要があるということだ。

 3月26日。東京都が外出自粛要請を出した。
そこからの二週間を、私は正念場の中の正念場、と評した。

 この二週間の結果は、今からの二週間で現れる。
おそらく、感染拡大の勢いは減ると思う。減って欲しい。
東京はここのところ、5日で感染者数が2倍になるペースだったが、
これが少なくとも1週間で2倍。できればもっと遅くしたい。

.

 そして、ここからの1ヶ月が、最後の総力戦になると思う。
いや、ここをしのいでも戦いは続くのは分かってるよ。

 逆の意味だ。

ここで負けたら、もう終わり。
欧米の二の舞になる。
日本でも命の選択を迫られることになる。

 ある意味、ここまでやって抑え込めなければ、
日本にはそれ以上の手段がない分、欧米よりもひどい状態になるかも。

.

 政府を批判するな、とは言わない。
生活を支える政策は必要だ。
それには、世論が動くしかないだろう。

 それでも、「絶対に負けられない戦い」がここにはある。
みんなの力が、国を守る。ONE TEAM。

 

| | コメント (0)

«復習