大谷翔平、満票でMVP

 スポーツより。

 大谷翔平が、メジャー4年目にしてMVPを獲得した。
日本人としては、イチローに続き2人目。
投票者(30人)が全員1位に推した、満票だった。

.

 今年の大谷はすごかった。
大きな怪我もなく一年間を通じて二刀流を継続できたのは、初めて。
個人タイトルは一つも取れなかったけれども、
打者としても、投手としても一流であることを証明できた。

「ベーブルース以来」という枕詞があったけれども、
成績を見る限りベーブルース以上じゃないかな?
ベーブルースは、かなり打者よりの選手だったと思うし。

 ある意味世界一のトップアスリートだろう。

.

 ぶっちぎりのMVPだった訳だが、
今後も二刀流で活躍を続けるとなると、
何回もMVPを取れそうな気がする。

 実際は、今シーズンが特別凄かっただけで、
この活躍が何年も続けられるとは限らないが。
日本にいたときも、投打両方ですごかったのは1,2年じゃないかと。

.

 大谷の契約はどうなっているんだろう?
エンゼルスとの今の契約は、過小評価もいいところだと思う。
もっと強いチームに移籍する可能性もあるし、
エンゼルスが契約を結びなおすかも知れない。

 簡単に移籍できないのは、
エンゼルスが大谷に合わせたチーム作りをしているから。
大谷は登板間隔が長いから、他の投手にも影響するし。
大谷としても、せっかく自分に合わせてくれたチームから
簡単に離れる訳にはいかないだろうな。

 それにしても、規格外すぎる。
プロでも二刀流を続けさせた日本ハムの栗山監督が、
一番先見の明があったということだろう。
普通に直接メジャーに行ったら、こんなことできなかっただろうし。
100年に1度の選手になってしまったなぁ。

 それとも、今後、大谷のような二刀流選手が増えるのかな?

 

| | コメント (0)

«読書記録 2021.10