( '15~)日記

貴志川線でたま電車に乗ってきた

 連休中の話。

 せっかくの海の日だけど、どうにも海に行く気にならず。
かといって、天気が不安定なので山に行く気にもならず。w

 以前から一度は、いってみたかった和歌山電鐵貴志川線に。
日本(世界?)初となる猫の駅長、「たま駅長」のいた貴志駅にいってみた。
たま駅長は、2年くらい前に亡くなっていて、
現在は貴志駅にて「たま大明神」として祀られている。

http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/

 貴志駅は、「たまミュージアム」にもなっている。
外観は立派な猫模様。でも、そんなに大きな訳はなく、
売店とちょっとしたカフェがついている程度だ。

.

 ちなみに。

 貴志駅に駐車場はありません。

 ここに車で行くのはご法度である。
和歌山電鐵を、貴志川線を応援するたま駅長に怒られかねない。w

 電車でいきにくい人は、
少し離れた「伊太祁曽駅」に駐車場(1日200円)があるので、
そこに車を止めて、貴志川線を利用しよう。

 私は鉄道マニアではないのでわからないけれども、
なかなか風情のあるローカル線だと思う。
何より、走っている電車もユニークな電車がある。
(かつての南海電車の車両も走ってるみたいだけど)

.

 現在、貴志駅には、たまの後をついで「たまⅡ世駅長」こと
スーパー駅長の「ニタマ」がいる。
たまの初めての部下でもある。

 あと、伊太祁曽駅には、駅長見習の「よんたま」が勤務している。
ちなみに、みんな三毛猫である。
(別に、三毛猫縛りではないはずだけど、たまたま。w)

 暑かったので、ぐてーーっと寝ていただけだったけど。

.

 「たま」は、もともと和歌山電鐵に引き継がれる前の貴志川線、
貴志駅に住み込んでいた猫で、和歌山電鐵に引き継がれるときに、
居場所がなくなってしまうことになった。

 そこを、和歌山電鐵の社長が「じゃぁ、駅長として働いてもらいましょう」
と、年俸キャットフード1年分で契約したもの。主な業務は、「人招き」w

.

 ところが、これが大当たり。。
たまの人気はうなぎのぼりで、和歌山電鐵はたちまち、
日本一有名なローカル線となる。

 たまは駅長から、「スーパー駅長」になり、「ウルトラ駅長」になり、
執行役員になり、社長代理にまでなっている。w
「たまミュージアム」には、実際の辞令も展示されていた。

.

 気になったのは、ちょっと電車代が高いかなぁ?と。w
たまミュージアムに入場料はないから、
その分の値段も乗っけられているような感じだ。
多分、日常から使っている住人の定期代は安いんじゃないかな。

 祝日の昼間だったけど、観光客も多かったし、
海外からのお客さんも結構いるみたいだった。

「たま」が亡くなっても、貴志川線は続いていく。
そりゃ、そうでなきゃ困るし。

.

 帰りの電車が「たま電車」だった。
たまの絵がたくさん飾られていたし、中に本がたくさんおいてあったり。

http://kir406712.kir.jp/train/tamaden/

 あっという間の電車の旅だったけど、楽しかった。

.

 和歌山電鐵の小嶋社長が、つばさ文庫から本を出している。

http://ichigoec.com/ca5/395/p-r-s/?pbook=wakaden

 これ、図書館で借りてキープしてある。(あと、写真集も)

 実際にはどれにするかわかんないけれども、
子どもたちの読書感想文の本の候補として考えている。

 実際に実物を見ると、感想文も書きやすいしね。

 ちなみに、本の中身は「たま」が主人公の一人称小説になっている。
表紙の写真もかわいいけれども、中にあるたまのイラストもかわいいし
読みやすかった。(←実際読んでみた)

 なぜか、泣ける。

.

 動物と人間の助け合い、というテーマなんだけど、
「これって、単に人間がたまを利用しただけなんじゃないの?」

と思わなくもなかった。

 でも、たまもそうだけど、ニタマもヨンタマも、
もともと、行き場のなかった猫なんだ。

 小嶋社長の面接の結果
(制帽をかぶれるかどうかとか、人に懐くかどうかを見てるらしい)
採用されている、らしい。

 本にもあったけど、「たま駅長基金」なるものも創設されている。
動物の窮地をヒトが救ったり、逆に、人間のピンチを動物が助けたり、
といったことを表彰したい、そうな。

.

 ちなみに。

「たま」「ニタマ」ときて、なんで「よんたま」なの?と疑問に思った。w

実は、「SUNたまたま」ちゃんという駅長候補もいたらしいんだけど、、

「親代わりの広報のYさんが可愛くて「この子は手放しません」と
 手放さなかったため、急遽よんたまちゃんの出番が来た。

ということらしい。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡眠薬混入事件についての個人的見解

 コーヒーに、睡眠導入剤と思われる白い液体を混入している動画。

 この動画があまりにもショッキングで、連日ニュースで流れている。
あまりにも動かぬ証拠過ぎてすごい。w

 で、あの睡眠薬はなんだろう?とみんな気になるらしい。

.

 ウチのブログの、アクセス数が跳ね上がった。w
「睡眠薬 液剤」で検索したら、私が昔かいた記事が
トップで上がってくるからね。(苦笑)

「液剤の睡眠薬」(2013.1.26)
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-17b5.html

.

 この記事は、今回の事件とは全く関係ない。
単に、睡眠薬の後発医薬品で、液剤がありますよ、というだけ。

 まぁ、悪用される恐れについても言及しているけど。w
でも、今回の事件で混入されたものは、白かったんだよねぇ。
ゾルピデムの液剤は、無色透明のはずだ。

.

 そもそも、この犯人がどうやって睡眠薬を手に入れていたのか。

 どうやら、入居者の薬を管理している人だったらしい。
つまり、入居者の薬を勝手に使ったんだろう。。
うーん、そんなの一人に管理させちゃいかんやろ、と思うけど、
現実問題として、そこまで気を使って管理してる施設は少ないだろうなぁ。

 悪意をもった医療従事者であれば、患者さんの睡眠薬を奪うのは簡単だろう。

.

 そう考えると、あの睡眠薬は錠剤であった可能性が高い。
錠剤を粉砕して、水かなにかで溶いたものだと思う。
ただ、あれだけ白濁するのはちょっと……。

 中身の成分はわからないけれども、
結構な量を粉砕して入れたんじゃないかなぁ、と想像できる。

 あくまで、ぱっと見ただけの感覚ではあるけれども、
2,3錠ってことはなさそうだ。(苦笑)

.

 過去におこった事件との関連は不明、かなぁ。
いや、限りなく黒に近いけれども物証が何もない。
亡くなった人が、薬を飲まされたのかどうかの証明はできないし、
本当に、体調が悪かったのかも知れないし。

 最初に、単なる事故で処理しちゃったんだろうなぁ。
ちゃんと調査すれば、事件だってわかったはずなのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のいろいろ

 今週末のニュースいろいろ。

.

 まずは、将棋。藤井四段が佐々木五段に負けて、公式戦初黒星。
連勝は29でストップした。

.

 私はabemaTVで中継を見ていたけれども、
最後、ぱたぱたと手が進んで、藤井四段の投了となったけれども、、

 テレビで、ニュース速報が流れた。w
いや、新記録の29連勝の時もニュース速報流れたけどさ。
勝っても負けてもニュースになるなんて、前代未聞だ。

 しかも、ニュース速報が異様に早かったし。

.

 これで、少なくとも年内のタイトル挑戦はなくなった。
とはいえ、他のタイトル戦の予選も勝ち残っているし(当たり前)
最年少タイトルの記録は十分狙えると思う。

 今回は、佐々木五段が先輩の意地を見せた、と。
中継みてたけど、佐々木五段の完勝だったと思う。
さすがに、今後はニュース速報はないだろうなぁ。(苦笑)

.

 東京都議選。
私は東京都民ではないので関心はなかったけれども、
都民ファーストの会が圧勝した、というか自民党が大敗したらしい。
小池さんがうまく立ち回ってるだけのような気もするんだけど。

 都議選の結果は、色々影響するとは言われているけど、
やっぱり、地方と国政は、そんなに関係ないと思う。
少なくとも、国政に小池さんや「都民ファースト」はいない訳だから。
公明党の動向がちょっと気になるけど。

.

 最後にスポーツ。

 テニス、杉田祐一がATP250の大会、アンタルヤオープンで優勝。
もちろん、ATPツアーは初優勝になる。今年は錦織でさえ優勝してないのに。w

 とはいえ、ATPツアーのなかではもっともランクの低い250の大会。
しかも、ウィンブルドン開幕直前なので、有力選手は誰もでてこない
いわば穴場の大会である。w

 それでも、まぐれでは優勝できないからね。

 日本も、錦織だけではなくなってきたなぁ、と思う。
ウィンブルドン直前の大会に出場できるということは、
少なくともウィンブルドンの出場権は持ってるってことだからね
(そうでなければウィンブルドンの予選に回ってるはず)

 杉田のほか、西岡、ダニエルもトップ100以内に入ってる。
トップ100以内に日本人が4人もいるなんて。。
(ちなみに女子は5人もいる。いつのまに。)

 杉田は今回の優勝でトップ50に入ってくる。

.

 錦織は、今年はパッとしない……。
というか、負傷離脱が多すぎて何とも。
ウィンブルドン前哨戦のハレの大会は3年連続の負傷棄権。

 ハレで負傷棄権→ウィンブルドンでも負傷棄権という流れが
毎年続いているんだけど。。
もういっそのこと、芝のコートはウィンブルドン一発勝負の方がよくない?(汗)

 トップ10のキープも危うくなってきつつあるから、
ここらで結果が欲しいところなんだけど、
ゆっくり休んで、夏以降の北米ハードコートシーズンに備えてほしい気もする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トルコ行進曲

 今現在の私の趣味は、読書とピアノとゲーム……。

で、ピアノの話。

.

 娘がピアノを習っているので私もついでに弾きはじめたが、
どう考えても私の方が練習時間が長い。
それも、圧倒的に長い。w

 娘は現在、習い事が3つ。
それに進研ゼミも続けているので、どうしても時間が足りない。。
もうそろそろ、ピアノは潮時かもしれない。

.

 で、私は少しでも時間があればちまちま弾いている。w

 ピアノの一つの区切りとして挑戦していたのは、
ベートーベンの「エリーゼのために」
まぁ、何とかそれらしく聞こえるようにはなってきた。
まだ音が足りなかったり怪しいところもあるけど、
別に発表会に出る訳でもない、ただの自己満足だし。

.

 ある程度メドがたったところで、次。
モーツァルトの「トルコ行進曲」

 超有名な曲だけど、テンポ落とせば何とかなるかな??
と思って挑戦中。今の感覚だと、正直、年単位でかかりそうだ。w

 中盤のひたすら16分音符が続くところが難関、、ではなくて、
そっちはテンポ落とせばなんとでもなる。

 問題は、曲のメイン(サビ?)の部分で。
メロディーの方は1オクターブ(8度)手を開けたままで移動せなあかん。
これが私にはまだまだ難しい。

 で、この部分は左手の装飾音符が苦しい。
本来4音のところを2音で、同時に鍵盤叩いて何とか、といったところ。
本来はアルペジオだし、せめて3音にはしたいけど……。

.

 ラスト直前のサビはどうやっても綺麗に弾けそうにないのでカット。w
曲を閉めるラストの部分も装飾音符がたくさんならんでいて、
これも綺麗に弾ける自信がない。んー、無視するか。

 観客は自分だけだから、自分が納得できればそれでいい。

 とはいえ、もう少しテンポを上げて、きれいに弾きたい。
しばらく、かかりきりになりそうだなぁ。
他に弾きたい曲が出てくるまでは、ずっと練習してると思う。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14年目の結婚記念日

 先月、5/31は14年目の結婚記念日だったんだけど、、

 先月は色々とイベントが多かったので(白浜&USJ)、
あまり気合入れたイベントじゃなくてもいいかなぁ、と。w
ビュッフェ形式もなんか、飽きてきてたし。

 という訳で、当日は近くのステーキハウスでランチ&カラオケという、
普通のデートで終わった。いや、普通よりもしょぼいかも。(苦笑)

.

 というのは、その前の週にも二人でドライブにでかけてるので。
結婚記念日のイベントとしてはそっちってことで。

 今年の4月、大阪府和泉市から、和歌山県かつらぎ町に抜ける
国道480号線のバイパストンネルが開通した。
たまたま子どももいなかったので、ちょっとドライブに行ってみた。

 一応、国道480号はバイパス開通前も通行は可能だったんだけど、
地図を見る限り恐ろしい山道で、かなり気合入れないと通れない道だった。

 実際に通ってみたところ、かなり楽に和歌山に抜けられることがわかった。
ウチからなら、和歌山突入まで30分かからない。
しかも、京奈和自動車道(無料。和歌山から奈良の五條まで通じてる)の
インターチェンジも近いので、和歌山市方面、奈良の吉野方面へのアクセスが
かなりよくなっている。

.

 私たち夫婦のドライブは、基本、行き当たりばったりである。
今回は、「とりあえずトンネルくぐって和歌山に抜けよう」で
和歌山に抜けた後、地図を確認。

「高野山近そう」

 という理由でいきなり高野山に向かう。w

「和歌山ラーメン食べたい」

 という理由で下山してラーメン屋さんを探す。
ああ、本当に適当だ。w

.

 また、子供連れで行くかなぁ。
蛍の見られるところもありそうだし、
たま駅長で有名になった和歌山電鐵にも行きやすい。

 来年は、節目になる15年目。
気合入れて、旅行に行きたいなぁ。
今年一年は、「来年どこに行く?」と相談することになりそうだ。w

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりのUSJ

 先日、USJに遊びに行った。
今月は、色々とイベント目白押しでめっちゃ忙しかった。

 しばらく行かない間に、色々と変わっていたなぁ。

.

 子供たちは、2年ぶりくらいになるのかな。いや、私もそうだけど。
とにかく、高いわ。(汗)駐車場代3000円てどういうこと?

 他の駐車場を探すか、おとなしく電車で行く方がいいようだ。

 少し前までだと、子供たちが力尽きた時に車の方が都合がいいので、
車移動していたけれども、今となってはそれほど気にしなくていいかな。
力尽きることも少なくなったし、そもそも、抱っこして運べる重さではない。w

.

 うちの子たちは、基本、USJ向いていない。w
暗くて怖いのが苦手なので。
屋内型のテーマパークであるUSJは、向いてない。

 一応、子供向けのユニバーサルワンダーランドは可能なので、
そこをベースにしながら、色々なショーを見ていく方針で。

 メインは、「ウォーターワールド」に置いていた。
あれは、屋外型のショーだし。そんなに怖いところはないから。
見ていてハラハラするのはあるけど、席さえ選べば危険はない。

 これ見たの久しぶりだったけど、派手に水かけられていたなぁ。
前はどうだったか覚えていないけど、あんなもんだったっけ?
暑いからサービス入ってたのかも。

.

 気になったのは、ウォーターワールドから、ジュラシックパークにかけて、
上空に網がはってあるところ。なんでこんなものが、と思ったが、
どうやら、吊り下げ式ジェットコースター、フライングダイナソーの
落下物予防のためらしい。
 
 遠くから見てただけだが、フライングダイナソーは笑うくらいヤバそうだった。
私は絶叫系はそれほど好きではないけれども、苦手ではない。
あまりにヤバすぎて逆に乗ってみたくなった。w
待ち時間長いのであきらめたけど。

.

 新しくできたミニオンパークもいってみたが、
アトラクションは長時間待つのでショーを見ただけ。
面白いらしいけど、、そもそも、ミニオン知らんし。(苦笑)

 ハリーポッターエリアは今回もスルーした。
ハリポタエリアが完成してから3回ほど行ったが、
一度もまともに回っていない。(苦笑)

 待ち時間の長さと、子ども受けの悪さから避けていた。

 ただ、今回行ってみた感じだと、待ち時間の長さはそれほどでもなさそう。
ミニオンパークや、フライングダイナソー、あとクールジャパンなど、
人気が分散しているので。ハリーポッターのライドでも待ち時間2時間程度かな。

 また、いま、上の娘がハリーポッターの小説に挑戦している。
うまくすれば、次回くらいにはハリポタエリアに挑戦できるかも。
映画見た方がわかりやすいんだけど、あの話ってちょと怖い。(苦笑)

.

 だいたい、ターミネーターもスパイダーマンも不可なんだよなぁ。
もうちょっと頑張ってほしいもんだ。w

.

 さて、前回はゲームコーナーで、見事ぬいぐるみを当てた。
なかなか難しいはずなんだけどなぁ。

 今回も、全く同じゲームで、再びぬいぐるみを獲得した。
2年ぶりだけど、連勝って。しかも似たような(スヌーピーの)ぬいぐるみ。

 今回もラスト一投で見事、大当たり。
本当にそういう運はもっている子どもだなぁ。

.

 次回、、といっても、来年になる可能性が高いかも。
近いけど、高いしねぇ……。振り切った高さがある。

 そういえば、レゴランドが値下げするってニュースになってたな。
比較対象をディズニーランドやUSJにするのが間違ってたんだろう。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭訪問

 今日は、小学校の家庭訪問の日だった。

 たまたま休みだったので、両親ともに揃う形で先生の訪問を受ける。
両親揃ってってところは、少ないんだろうなぁ。
先生の方にびっくりされてしまった。

 懇談の方はいったことないんだけど、
家庭訪問は、実はかなりの確率で私もいる。
幼稚園の頃からそうだった。
私がいる確率は多分、8割を超えている。

.

 ……いったい、何の仕事してるんだろうと思われてるんだろうなぁ。w

.

 去年の家庭訪問の時は、兄弟格差がかなりひどかった。

30分と3分」(2016.5.26)

 優等生の娘は、ほぼ何も話すことがなく3分で終わり、
問題児wの息子は30分ほど話し込んだという。(苦笑)

.

 今回は、どちらも10分前後で問題なし。
まぁ、娘の方に問題がないのは明らかだったんだけど。

(むしろ、問題がなさすぎて心配になるくらい。)

.

 息子の方も、1年経ってそこそこ成長したのか、
それほど厳しい注意を受けることはなかった。
確かに、話を聞いていないことは多いようだけど、
彼に悪意はない、ということを先生にわかっていただけたので。

.

 あとは、彼の持ち前の愛されキャラで何とか。w
周りの世話焼き女の子のみならず、先生も虜にしてるっぽい。
あのふにふにのほっぺがたまらんらしいわ。

 勉強の方も全く問題ないとのこと。
彼は集団行動に難があるけれども、
頭が悪いわけではないからね。
むしろ、無駄に雑学が多い雑学博士になりつつある。

.

 先日、職場で白いタンポポの話を聞いた。
そんなんあるんや、という話で盛り上がっていたが、
私はその背景をある程度説明できた。

 おそらくは、日本古来の種のタンポポだろう、と。
一般的にみられるのはセイヨウタンポポで、
日本古来のタンポポはむしろ絶滅の危機にあるという。

.

 息子(7歳)からの受け売りだったけどね。
あの雑学知識と、説明とどや顔は、絶対に私の息子だと確信できる。w

.

 逆に、優等生すぎる娘は、誰に似たんだろう??と思ってみたり。
嫁の教育のおかげかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休中のこと

 やっと、連休期間が終了した。

.

 体調もようやく戻ってきた。(苦笑)
先週末ぐらいが一番やばくて、変な汗かいたりしていたけれども、
旅行に行く頃にはそこそこもどっていた。

 土曜日は仕事だったけど、日曜日は休み。
何の予定も入れずに完全オフ。一日中、寝間着のまま。w
まる一日、何の予定も入れないってのは本当に久々。
連休中に滞りがちだった読書に没頭。

 塩野七生さんの「ローマ人の物語」全十五巻、やっと読み終わり。
全部図書館で借りたけど、本気で一年以上かかった。w
まだ続編とか、「ギリシア人の物語」とか出てるらしいけど、
そっちは気が向いたらかなぁ。

.

 さて、連休中の話。

 前半は、軽くゲーム屋さんに遊びにいったのと、
近所の公園(片道3km)にサイクリングしたくらい。

 ゴールデンウィークにサイクリングというのは以前にもやったことがあり、
年齢的な問題でもう無理だと思い知った。w
あの時は、12kmくらいのコースだったから。

 うちはサイクリングといっても自転車なのは子供たちだけで、
私はジョギングでついていくことになる。
結構な距離だったけど、息子も娘も、自転車は問題なさそうだった。
あまり自転車を使わない子どもたちなので、たまに確認しないと。

 帰りは嫁の車に乗せてもらって2kmくらいショートカット。
いや、そうしなきゃ体がもたんし。
あれくらい乗れるようになっているのであれば、
私は原付でついていくくらいでもいいかもね。

.

 後半、3連休は久々に白浜旅行。
嫁の弟一家を招いて、八人での旅行だった。
弟のところは、子供が小学1年と年中さん。
白浜にはちょうどよいかな、と。

 まる一日つかって、アドベンチャーワールド。
赤ちゃんパンダは、、もう赤ちゃんじゃなかったな。
野外運動場に出ていたので、それほど苦労せずに見ることができた。

 ただ、またパンダが中国に旅立つらしい。
ってか、ここで生まれたパンダって、基本中国に帰っていくよね。
お父さんパンダにはまだまだ頑張ってもらわないと。。
……もう厳しいかも知れないけど。

.

 白浜宿泊コースで時間に余裕があったので、
よってみたかった白浜エネルギーランドに。
高速道路で出ている広告で「パンダのあとはエネランに行こう」って
書いてあるんだけど、普通、パンダ見たらその時点で時間切れだから。w

 以前にエネルギーランドによったのはいつのことか忘れたけれど、
少しずつリニューアルされているようだ。
トリックアートやミステリーハウスなんかは、変わってないかな。
 一部のぞいて、子供たちには受けがよかった。

.

 あとは、千畳敷や三段壁といった景勝地も回れた。
特に、千畳敷は素晴らしい。何度か白浜には行ってるけど、
千畳敷は初めてだったかも知れない。

 小学校2年生の息子はひたすら走り回っていた。
ちょうど、ぎりぎり登れる程度の段差が多いので。w

.

 白浜は、またチャンスがあれば行ってみたい。
もうちょっと空いてる時の方がいいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調不良

 GW直前。少し体調不良気味なので、
しばらく(GW明けまで)ブログ更新はお休みします。

 先週末から風邪気味なんだけど、
鼻の症状だけ残ってるなぁ、と思っていたら
そっちがちょっとひどい感じに。

.

 GWは、前半(2連休)は近場で遊び、
後半は旅行に行く予定。ちゃんと体がもどってればいいけど。

.

 そういえば、今日はプレミアムフライデーだ。

 いい話なんて全く聞かないけど、どこで実施されてるんだろう?
ってか、先月は年度末だし、今月は連休前だし。
普通よりも忙しい人の方が多いんじゃなかろうか。(苦笑)

 なんで月末の金曜日にしたのかなぁ?
給料日後でお金が使いやすいとでも思ってるのだろうか?

 それよりは、月初めの金曜日の方がまだマシだと思うんだが。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

図書館に献本

 今日は、図書館と古本屋さんに。

 もう読まないであろう本を処分するのに、どちらがいいか、という。
図書館には献本という制度がある。

 ようは、いらなくなった本を図書館にあげる。それだけ。w

 もちろん、図書館としてもいらない本はあるんだろうけれども、
そういった本は、リサイクル市で市民に無償提供されたりとか、
最悪の場合でも、古紙としてリサイクルされるようだ。(苦笑)

.

 今回は、又吉の「火花」を図書館に献本した。
いや、もう読むことはないだろうし、まだまだ予約の多い本だからね。

 で、他の本をいくつか古本屋さんに持ち込んでみた。
めったに使用することはないので、どんなもんかなぁ、と。

.

 利用してみた結果、よっぽどの本でない限りは図書館でよさそうだ。w
いや、古本屋さんだと身分証明書が必要になったり、査定に時間がかかったり。
そこそこの金額で売れる本でないと、割にあわない。

.

 本を残しておくかどうかの判断は、、
将来、自分が再読する可能性があるかどうかもあるけれども、
もう一つ、将来の子供に読んで欲しいかどうか、というのがある。

 私はめったに本を買わないけれど、
買う時の基準も、「将来の子供たちに読んで欲しいかどうか」ってのはある。

 どの本に書いてあったか忘れたけど、
必要な時期に、必要な本が読めるかどうかってのは大きい。
「これ、中学生の頃に読めてたら影響うけたよなぁ」
って本は、時々ある。学生の頃に読みたかったなぁ、と。

 なので、読んでほしい本は買うし、売らない。

 ただ、専門書の類はどうしようかなぁ。。
正直、再読しそうにないものもあるんだけど。
職場の後輩に配ってもいいけど、読んでくれるとも限らないし。w

 これもすぱっと図書館に、でいいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧