( '15~)日記

ピアノ発表会

 先日、娘のピアノの発表会があった。

.

 これで5回目になるのかな?こっちももう慣れたもんだ。
と思っていたけれども、てんてこ舞いだった。(苦笑)

.

 30分前につくように家を出たんだけれども、
家にカチューシャを忘れたことが発覚。
会場についてから、私だけ家に取りに戻るはめに。

.

 で、家について探しても見つからない。(苦笑)
私はもともと、モノを探すのは苦手である。
(ちなみに、息子はもっと苦手。私の父も苦手。遺伝だろこれ)

 時間ギリギリまで探したけれども、見つからず。
諦めて会場に戻った。
言われた場所は全部探したんだけどなぁ……。

.

 戻ったところが、ちょうど娘の一人前の子だった。
本当にギリギリ。w

 今回の曲は「かっこう鳥の歌」

ちょこちょこミスはあったけれども、まずまずかな。
もう少し楽しそうに弾いてくれた方がいいな。

 問題は、やっぱり電子ピアノとグランドピアノの差かなぁ。

 今の電子ピアノは、キーが重めなので
グランドピアノでもそんなに問題ないと思うんだけど、
やっぱり、音が少し小さくなってしまうようだ。
もう仕方ないとあきらめてしまうか。w

.

 見てるこっちも、そんなにミスにこだわらなくなった。w
別に、コンクールやってる訳じゃないんだし。
「練習しなさい」とは言ったけど、練習にそれほど関与していない。

 この曲に関しては、娘の方が私より上手だったからなぁ
教えられることがなかったという方が正しいか。

.

 私は、というと、現在「エリーゼのために」を練習中。
仕上がりは80%程度かな。少し不安定なところもあるけど、
「エリーゼを弾いている」という実感はある。

 ピアノ弾くからには、大きな目標の一つかな。

 しかし、40歳過ぎても人間、上達できるんだという。w
ピアノを弾き始めたのは5年前。
最近は、明らかに娘よりも練習時間が長かった。(苦笑)

 成長と言うと大げさだけど、どんな趣味でも「上達」できるのは
やりがいがあって楽しくなる。

.

 さて、問題のカチューシャだけど、予想外の場所にあった。
みんなで10分以上探し回った結果発見された。
うん、私が見落としていた訳ではなかったよ。w

 ……にしても、前日にちゃんと荷物を準備しておけば。。(苦笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ガス自由化。必ずしも安くなる訳ではない。

 今年の4月(あと少しだけど)から、ガスの小売り自由化が始まる。
去年の電力自由化に続いて、エネルギーの選択肢が広がる……のか?

.

 電力自由化の時は、情報を集めるのが面倒くさかった。
ちょうどスマートホンを変えたタイミングというのもあって、
そのままau電気に加入した。

 厳密には、最適解ではない可能性が高いけれども、
少なくともそのままよりは、色々とポイントがつく分お得かな、と。

.

 さて、ガスである。
ガスはさほど選択肢がないらしい。
ウチでいうと、今までの大阪ガスを選ぶか、関西電力の関電ガスを選ぶか。
(ほかにも生協とか、J-COMという会社もあるけど、省略。)

 ってか、大阪ガスは電気も売ってるんだけど・・・。
実際、ウチの実家は、電気は大阪ガスに切り替えたらしい。
それでガスは逆に関電ガスとかしたら、訳わからんな。w

 この辺、そろえといた方がセット割とかあるかも知れんけど、
詳しくは調べていない。

.

 関電ガスの料金プラン、「なっトクプラン」は

使用量にかかわらず、

大阪ガスの一般料金に比べて、誰でもおトク!

.

 上記のように宣伝されている。
誰でもおトクなんだったら、変えた方がいいのかな?と。
ついでにAUで関電ガスもまとめてしまえば、ポイントもたまりやすいし。

 で、店に行ってみて検討した結果。

.

 大阪ガスの方が圧倒的に安かった。

.

 どゆこと?

 まぁ、単純なことで、ウチは大阪ガスの「一般料金」ではなかったため
(めったに使わないが)ガス床暖房が入っているから、
料金プランが一般料金ではなくて、かなり安くなっていた。

 で、関電ガスの料金プランでは太刀打ちできなかった、と。

.

 ガス自由化で参入している企業は、今のところ、「一般料金」との
比較で勝つことしか考えていないようだ。
何らかの設備があって一般料金でない人は、相手にしていない、と。

 いずれ、一般料金以外のユーザーを相手にしたプランを考えてくるかも
知れないけれども……、ちょっと難しいかもね。

.

 別にガス会社を変えなくても、自由化で競争がおこれば、
サービスはよくなる可能性が高いから、いいのかな。

 あとは、あわててガス会社を変更せずにちゃんとシミュレーションすること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷち旅行(姫路)

 世間は3連休。私は土曜日仕事だけど、貴重な2連休。

このうち、1日は「大人のために使う」と決めていた。
(子供の趣味に合わせない、ということ)

.

 先月、明石や淡路島方面への旅行を計画していたが、
インフルエンザにやられてキャンセルしていた。

.

私の希望が「明石焼きが食べたい」
嫁の希望が「姫路城に行きたい」

というわけで、明石経由姫路行。

.

 明石焼きは、現地では卵焼きとも言われる。
大阪で言うとタコ焼きになるんだけど、卵の量がかなり多いのと、
出汁で食べるのが印象的。

 本当は明石の市街で食べたかったんだけれども、
なかなか厳しそうだったので、明石サービスエリアで済ませた。
やっぱり、ちょっと高いんだよなぁ。

 息子はタコはまだ苦手とのことで、私が(タコだけ)もらった。w

.

 明石SAは公園と隣接していて、徒歩でなら公園に入れる。
ちょうど梅が見ごろだったので、しばらく散歩。
ようやく散歩できる季節になってきたなぁ。

.

 で、姫路に。目的は姫路城だけなので、
さっさと見て帰ろうと思っていたんだけれども、、

まず、駐車場を探すのに一苦労。町中渋滞してるし……。

 駐車場を見つけて、姫路城の入り口までたどり着いた時点で午後3時。
印象は、「とにかく大きい城だなぁ」と思った。
遠くから見えるけど、近づくまでに時間がかかる。w

 入口に時間の表示があった。
「待ち時間1時間」

・・・。お城の待ち時間とはどういうことだ?
最初、全く意味がわからんかった。
いや、でもここまで来て中に入らない訳にはいかんし。

 天守閣に近づいて納得。
天守に入るために長い行列になっている。
なるほど、ここで1時間待つ訳か。
さすがに、国宝にして世界遺産なだけはあるわ。

.

 中に入ってからも、ひたすら人、人、人の行列。
天守は高く、六階まである。上からの眺めはいいんだけど……。

 これ、どこに誰が住んでたんだろうね。(苦笑)
使われたことはほぼないだろうけど、戦闘用の城でもあるが、、
殿様は、普段、どこにいるんだろう、と想像してしまった。

 いや、あまりにも生活感がないもんで。w

.

 子供たちは、移動中は退屈そうだった。
一応タブレットとスマホ渡して時間つぶしはさせたけど。

 もともと、車での移動が好きじゃない。

 帰りには神戸周辺で20km級の大渋滞に巻き込まれたし。
うーん、これ、最初から電車で移動することを考えるべきだったかも。
電車なら、渋滞ないから時間も計算しやすいし。

.

 子どもたちも、お城の中はそれなりに楽しかった模様。
昔に比べると、こういう「お城」でも楽しめた様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風化

 3/11(土)の話。

 土曜日は基本、仕事で出勤である。
出勤したときにやる仕事がいろいろあるけれども、
その中に、「スタンプの日付を合わせる」という作業がある。

 3.11にセットした。

.

「3月11日かぁ。」となにげにつぶやくと、それを耳にした同僚が聞いてきた。
「誰かの誕生日ですか?」

私は、あえて答えずに席を外した。

.

 もう一人の同僚に、ことの顛末を話した。
その子は、しみじみと言った。

「それが風化ってことですよね。」

.

 時間が経つと人は忘れてしまう。
忘れることができるから、傷が癒えることもある。
それでも、時々は思い出すことも必要だと思う。

.

 ……なにが風化って、この記事を二日遅れで書くところだよ。(苦笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不惑

 先週、誕生日を迎えて40歳になった。

「不惑」というらしい。うーん、正直、まだ不惑ではないんだが。(惑いまくり)

.

 この1年間は、再生の1年間だったと思う。
ゆっくりと休んで、状況を整えて、
あとは元に戻るまでじっくりとリハビリの日々。

 すっかり元通りとはいかないだろうけど、
たぶん、あと1年もすれば、(仕事的には)元通りになると思う。

.

 元通りでないのは、体調崩す前よりも趣味が増えたことかな。
読書は年間300冊ペースだし、ボードゲームも完全に趣味になりつつある。
 あんまり我慢せずに、やりたいことをやっていると思う。

 あとは、地味に続けているのがピアノ。
少しずつレパートリーを増やしていっていて、
できる曲も少しずつ増えてる。この年齢でもまだ成長できるもんだ。
シャープ5つくらいの曲にビビらなくなったし……。

 1年前にはスムーズに弾けなかったところが、
繰り返し練習しているうちに弾けるようになってきている。

 次の課題は・・・エリーゼのために(full)。
有名なところ(途中まで)は十分弾けるようになってるんだけど、
その後の難しいところが手つかずなので。(苦笑)

.

 「40」は一つの大台だなぁ、と思う。
気持ちのもちようが少し違うというか。
もう、どう間違えても「若い」とは言えない年齢になっているし。

 成人(20歳)からちょうど20年。昔よりは大人になった?
変わったのは変わったけれども、大人になったかどうかは、
自分ではわからないね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「この世界の片隅に」

 先日見た映画。

「この世界の片隅に」

クラウドファウンディングから始まったアニメ映画だけど、
異例の長期公開になっている。
いつも行っている映画館だとみられなかったので、
わざわざ難波まで行くことになったけど、

 それでも、見てよかったと思う。

.

 昭和20年、8月。呉。
舞台だけを見ると、どうしたって悲しい戦争モノを予想するが、
この作品は全然そんなことはない。
いや、戦争がテーマの作品なんだけど、「笑える」話になっている。

 この映画には英雄はいないし、戦闘シーンも(ほとんど)ない。

 太平洋戦争を生き抜いた、一人の女性。
どこにでもいそうな、単なる主婦の日常を描いた物語。

 ヒロインの「すず」は、うっかりもの。
こんな娘が嫁に行けるのか、と周りが心配するほど。
多々、失敗するけれども、それを笑いにかえてしまう。

 すずは、恐ろしく前向きだ。
運命に逆らおうとはせず、ありのままに流されて生きるけど。
でも、その時々を楽しもう、笑おうと、懸命に生きている。

.

 呉は海軍の基地があったため、徹底的に空襲された。
実際、この空襲で沈んだ軍艦も数多い。

 すずは、呉にお嫁にきたけれども、実家は広島。
呉は空襲を受け続けているが、広島は空襲は少なかった。
すずは、広島に帰ることを悩みはじめる。

 この終盤のピリピリ感がたまらなかった……。
見てるこっちは、この後の歴史をわかっているから。
なぜ、広島に空襲が少なかったのか。
それは、新型爆弾の実験台にするためだよね……。

 「その日」がどんどん近づいてくる。
それでも、すずはいつも通りだった。当たり前だけど。

.

 玉音放送を聞いた後のシーンがすごく印象に残った。
すずがまともに泣いたのは、あのシーンだけじゃないのかな。。

.

 この作品は、政治的な表現はない。
戦争を美化もしなければ、批判もしない。
そもそも、すすにそんなこと考える頭があるとは思えない。

 ただ、戦争が隣にある日常を、ありのままに描いているだけ。
逆に、身構える必要は何もない。思いのままに感じるだけでよい。

.

 今回は大人だけでいったけど、いつか、子供たちにも見せてやりたい。
「君の名は。」も歴史に名を残すアニメ映画だったけど、
こっちもこっちで、語り継がれるべき映画だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬休み終わり

 2017年が始まって、はや10日。

 今日から学校がはじまり、すっかり日常に戻りつつある。

.

 年末年始は例年通り、嫁の実家に。
今年も早々にタイヤはスタッドレスにしていたけれども、
ものすごく天気がよく、全く問題なかった。

 どうも、スタッドレス買ってから一度もまともに雪が降ってないんだが。(苦笑)

.

 去年は、年越しの瞬間に寝ていた……。

 今年は、というと、がんばって起きていた。
娘(10歳)も一緒に。

 娘が年越しの瞬間まで起きていたのは初めてだな。
というか、実家に帰るとどうしても寝る時間が遅くなってしまう。
昨年までは幼稚園児がいたから早めに寝かせる努力をしていたが、
もう二人とも小学生だし。上の子は4年生だし。
 正月くらい、夜更かししてもいいかなぁ、と。

.

 今回は、私がぎりぎりまで仕事だったもんで、
かなり年の瀬が迫ってから帰省したんだけれども、
冷静に考えてみると、子供たちだけを先に帰す、という手があった。
そうすれば、私も嫁も、子供たちを気にすることなく羽を伸ばせる働けるし。

 今後、チャンスがあればやってみたい。
子どもたちだけで帰省。
まぁ、電車になると乗り換えがややこしかったりして、
色々と面倒くさいんだけど、社会勉強だしね。
緊急用の携帯電話も持ってるし。

.

 だいたい、嫁の実家にいくときは細かい計画は立てていない。
行ってみてから、適当に予定がきまっていくんだけれども、
今年は、1月2日が、まる一日何の予定も入っていなかった。

 ……、雪遊びとか、スキーの予定を組み込もうと思えば
可能かも知れない。まぁ、親は大変だけど。

 子供たちは、日帰りでスキー教室に放り込んだことはあるが、
娘はともかく、息子がてんでダメだったらしい。
息子は、マンツーマンに近い形でみてやらないと、集中力が持たないし。

 チャンスがあれば、どっかでスキーに挑戦してみたいなぁ。
今シーズンは多分無理だと思うが。(苦笑)

.

 今年も例年通り、豊川稲荷に初詣にいっている。

 1年生の息子は、絵日記の宿題があったので、
そのことを書いていた。

「1月1日、みんなで、とよかわいなりにいきました。
 じゃがバターとポテトを食べました。おいしかったです。」

……あんたは何をしに行ったんだ?ww
「はつもうで」というキーワードが抜けている。
まぁ、絵はそれっぽくかけていたからいいけどさ。

.

 天気はものすごくよかったので、天体観測日和だった。
上の娘は、天体観測の宿題もあったので、すごくよかった。
さすがに田舎は空が綺麗だ。

 大阪でもオリオン座は見えるが、田舎ではオリオン大星雲まで見える。
大坂でもシリウス(冬の大三角形の一つ。一番明るい恒星)は見えるが、
田舎なら、おおいぬ座が全て見える。

 真冬でも、白鳥座が見えたのはちょっとびっくり。

.

 何よりも明るかったのは「金星」だったが。
年末年始、月と金星は非常に近い位置にいた。
というか、月のすぐそばに金星が見えていた日もあった。

 でも、1日もすれば大きく位置がずれてしまう。
全然意識してなかったけど、月の移動ってかなり早いわ。w
そんなに動かなくて明るい星(金星)があると、
すごくわかりやすい。

 でも金星の見える時期とかは、小学校ではやらんな。
中学でも詳しくはやらんよね。公転周期とか覚えた記憶ないし。

.

 さて、2017年が始まっている。
去年は色々あったけど、最終的にはとてもいい形で終わっている。
できれば、そのままでいたいけれども、どうなるかはわからん。

 自分の中では、今年いっぱいはエネルギー充てん期間のつもり。
本格的に復活するのは、来年以降かな。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年を振り返る(その2)

 2016年を振り返る(その2)

 (その1)では、ニュースやスポーツだったけど、
(その2)は個人的な、自分の状況や子供たちの状況など。

.

 2016年は、ギアを入れなおした年だったと思う。

 2015年の秋から少しずつ無理を重ねてきていた。
2016年初頭では、もう完全にガス欠状態になっており、
休職を余儀なくされた。

.

 休職期間は、今から思えば大事だったと思う。
今までやったことがないくらい、家にいたし。w
結婚以来初めて、家族と離れて母方の実家に出かけてみたり。
また、逆に嫁だけが旅行にでかけたりもした。
(子供おいてかれるのは結構大変だったなぁ。)
 まぁ、休みでないとできないことだった。

 一旦休んで、環境を整えて、リセットしてやり直す。
徐々に仕事の強度をあげていった。
まぁ、一緒に環境も徐々に変わっていったから、
なかなか落ち着かなかったんだけれども。

 現状の状態には満足している。
以前よりも、責任を減らした状態にはなっているが、
以前よりも、仕事をやりやすい状態になった。

.

 趣味として、読書。これは昨日も記事にした通り、1日1冊ペース。
娘とゲーム会に行くことも続けているし、仕事が終わったあと、
一人で遊びに行くことすらあったりする。

 あと、ピアノも続けているなぁ。
現在、RADWIMPSの「スパークル」に挑戦中。
なかなか難しいけど。

.

 「やりたいことをやる」「やりたくないことはやらない」
以前よりも、はっきりしているね。

.

 さて、子供たちについて。

 上の娘は、もう典型的な優等生だと思う。
通知表をみて、びっくり。小学生当時の私より、もちろん上。
先生に気に入られているってのもあるんだろうけど。

 何かの拍子に挫折したら、立ち直れるのか、という気もするが。
でも、そんなに弱い子にも見えない。

 手芸や、工作が好き。携帯ゲームはそんなにやらないなぁ。
タブレットで遊ぶことはあるけれども。
何か、動画を見ていることも多いかな。

.

 小学生になった息子は、幼稚園当時と同じ印象。
とにかく、人の言うことを聞けないので、集団行動を乱す。
通知表があまりよろしくないのは予想できていたが、、、

体育が全て(2項目だが)「がんばろう」というのはどうだろうか。(苦笑)

 水泳と体操を習っていて、まだその状態ってのが恐れ入る。w
やる気の問題というよりも、話を聞けないからだろうなぁ。

.

 頭の回転自体は、娘とそれほど変わらないと思う。
テストの点数はそれほど悪くないし。
まぁ、態度の問題なんだろう。(苦笑)

 ただ、これも少しずつではあるが、前に進んでいる。
一歩も進んでいない訳ではない。
人よりも歩みは遅いけれど、進んでいない訳ではないのが救いかな。

.

 娘もそうだけど、息子にも本をいろいろ読むよう仕向けている。
人の話を聞けないのはしょうがないので、それなら
本から学習してその分をうめてもらわないとな。w

 ドラえもんの学習漫画なんかをよく読んでいるので、
変な知識は色々あったりするし、よく覚えている。

.

 二人とも、英語を習わせたいんだけれども、
近所の英語教室は、満員で順番待ちの状態。
これは、来年の課題かなぁ。
 できれば、歩いて行ける範囲にしてほしいんだけど。

.

 今年は、いろいろと変革の年になった。
来年は、少しずつ、改善していきたいと思う。

 もう、以前にように働くのは無理、というか、やりたくない。w
でも、興味のある分野では以前よりも積極的に動いているし。
今の環境が気に入っているので、できるだけ環境を壊さないようにしたい。

.

 二人とも小学生にあがって、嫁と二人の時間も増えた、かな。
子供たちだけで遊べるようになってきたし。

 来年も、家族との時間を大事にしていきたいなぁ。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年を振り返る(その1)

 年末恒例の、1年を振り返る記事。
(その1)は、主にスポーツ、ニュースを振り返る。

.

 1月。SMAP解散騒動勃発。これ、今年の話だわ。
一旦、解散の話が出たんだけれども、1月の時点では何とか撤回された。

でも、結局は年内で解散、という結果はみんな知っての通り。
グループやっていくのは大変なんだろうなぁ。

 これほどの国民的アイドルが、これだけの年月を経た後で解散ってのは
もうこの先、ないかも知れないなぁ。

.

 3月。民主党と維新の会が合併して民新党ができる。
7月の参議院選挙の結果、民新党は(予想通り)敗北。
与党と改憲勢力で参院の3分の2を握った。

 その後、民新党は蓮舫さんを党首に選んでいるが、、
今のところ、特にアピールできている訳ではない。
蓮舫さんだと、一発大逆転の可能性もあるけど、
そのまま民新党がつぶれる可能性も大きいと思うぞ。w

.

 安倍さんは消費増税の再延期を決めた。
本当なら2017年4月に10%になる予定だったんだけど、
さらに2年半伸ばして2019年10月まで。
 とはいえ、二度も伸ばしたんだったら三度目もあるかもね。(苦笑)

 安倍さんとしては、憲法改正のためには何が何でも
国民の支持が必要だから、そのためなら何でもやるだろう。

.

 地震の多い年でもあった。
熊本地震は2連発で震度7を観測。他にも鳥取でも地震があったし、
地震はそれほどでもないけど、津波警報が出たこともあった。

 もう、東日本大震災から5年が経つ。
復興はどうなっているのかな?原発ばっかりクローズアップされてるが。

.

 あとは、舛添さんがいろいろと問題を引き起こして辞任。
小池さんが東京都知事に就任した。
その後、築地市場移転問題とか、東京五輪問題とかで存在感を示している。

.

 海外では、イギリスが国民投票によりEU離脱を表明。
アメリカでは大統領選挙があり、「まさか」のトランプ氏勝利。
まぁそのおかげで、株価は(なぜか)上がっているんだが。

 ただ、アメリカはTPPからの脱退を表明している。
日本は、今のところ続ける気みたいだけど……。
どうするのかね?

 お隣の韓国では、大統領が大ピンチに陥っている。
現在、大統領資格を凍結されている。来年には罷免されるかな?

.

 最大のニュースは、「天皇陛下が生前退位の意向を示した」ことかな。
前代未聞、というレベルではないな。
世論調査をすれば、国民の多くが生前退位を認める方向なのに、
有識者会議では、なぜか激論が続いている。
 私が生前退位を支持するのは、天皇陛下を「人間」とみているからかも。
天皇陛下にも、もう少し「基本的人権」を認めてあげていいんじゃない?という。
否定する人たちは、人間とは見ていないんだろうな。

.

 さて、スポーツ。

 まずはイチロー、かな。日米通算4257安打の世界(参考)記録。
さらに、メジャー3000本安打。こっちは立派な記録。
来年以降もまだまだ続けていけるんだろうか?

.

 リオ五輪。
前半は、競泳陣、柔道陣が奮起してのメダルラッシュ。
体操男子では、団体で中国に勝ち、悲願の金メダル。

 卓球では男子、女子とも団体でメダル。
バドミントンも女子シングル、ダブルスでメダルを取った。
バドミントンは、今年初めに賭博問題が発覚して処分された選手がいる。
でも、競技としては十分盛り上がったね。あとは、彼が帰ってこられるかどうか。

 ロンドンで活躍したチーム競技は、今一つ。
女子バレーも無理だったし、女子サッカーに至っては出場すらできない、という。
それでも、女子レスリングでメダルを量産し、最終メダル数は過去最高。

 最後に、男子短距離陣がリレーで銀メダルを取った。
いつ、だれが最初に日本人初の9秒台を出してくれるのか。
ずっとずっと遠かったけど、もうすぐそこまで来ている感じがする。

.

 テニスでは錦織が安定した活躍をみせている。
マスターズ大会では準優勝2回。ジョコビッチやマリーと好勝負あり。
オリンピックでは、ナダルに勝利して銅メダルを獲得。
ただ、やっぱりケガがつきまとう。グランドスラムではなかなか活躍できない。
安定してトップ10に入ってるんだからそれだけでもすごいんだけど、
なんとか、グランドスラムを一つでも獲ってほしい。来年の目標だろう。

.

 フィギュアスケート。
女子は、宮原知子が安定した力を発揮して、全日本三連覇。
他は横一線だけど、ジュニア勢の層がものすごく厚くなっている。
一方でベテランの村上は引退が噂されているらしい。。
 浅田真央も今季はケガになやまされて結果が出なかった。
オリンピックシーズンとなる来年までに何とかしてほしいとこだ。

 男子は、羽生結弦が、グランプリファイナル4連覇。
羽生がインフルエンザで欠場した全日本では、宇野くんが初優勝。
とにかく、4回転争いが勢いを増している。
宇野は世界で初めて4回転フリップを成功させ、プログラムに組み込んでいる。
羽生はというと4回転ループを、こちらも世界初成功。
 他にも、ネイサン・チェンというアメリカの新星が出てきている。
どれだけ多くの4回転を跳べるか、という争いになってる。
2回前のバンクーバーの時は、4回転跳ばなくても王者になれたのにね。(苦笑)

.

 ニュース、スポーツはこんなもんかな。
明日は、「2016年の読書記録」を出してみる。
今年ほど本を読んだ年もなかったからねぇ。
来年以降続けられるかどうかは不明だが。w

 明後日は、2016年の振り返り。主に個人的な内容で。
本当に、いろいろあったからねぇ。(苦笑)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クリスマス2016、人生ゲーム

 さて、今年のクリスマスプレゼントの記録。

の前に、昨年の記事を見直してみた。

http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-016d.html

昨年は、上の娘には綿あめを作るおもちゃ。
下の息子には、7インチタブレット!

昨年の記事から引用

>……いくらなんでも、奮発しすぎじゃないかな。(汗)
>来年は予算を思い切り削ってやる。w

.

 おうよ、予算は削りました。

 上の娘は、「3Dドリームアーツペン」
http://www.megahouse.co.jp/megatoy/products/item/1787/

 工作が大好きな娘にはぴったりかな。
もはや、私(工作苦手)が口出しするレベルではないし。

.

 下の息子には、「人生ゲーム」
http://www.takaratomy.co.jp/products/jinsei/product/jinsei_7th/index.html

 2016年版。
私も小さなころには遊んだ記憶があるなぁ。

 実は、ドンジャラ系のゲームにしようか迷ったんだけど、
息子の好みに合うかどうか自信がなかった。
人生ゲームなら、基本、すごろくだからまず問題はなかろう、と。
安いし。

.

 さて、以下、人生ゲームの感想。

 私はボードゲームを趣味にしている人間である。
そういうアナログゲーマーにとって、人生ゲームというのは、
ゲームではない
 いや、100%運ゲーやないか、と。w
勝つための最適な手段を悩む必要のないゲームなんて、
ボードゲームではないよ。

 実際に4人でプレイしてみた。
2016版は追加エリア4つがあって、それの組み合わせでも
楽しむことができる・・・らしい。

.

 まず、不満その1。保険。

火災保険、生命保険、自動車保険の3つの保険があり、
どれも格安で入ることができるんだけどね。

一番ひどいのは生命保険。
生命保険があって助かるのは、一マスのみ。
生命保険を使えば、4万ドルの出費を0にすることができる。

 でも、最後まで使わなければ、満期で10万ドル戻ってくる。w
これ、「保険に入らない」という選択肢がありえないんだけど。
万一の時に保険を使うかどうかで悩むくらいかなぁ。
ほぼ全員が入るので、差がつかないだろ。

.

 自動車保険は、安すぎる
自動車保険があって助かるのは一マスのみだけど、
保険料は、たったの1000ドルだからね。節約する意味がない。

 火災保険は、火事にあったら4万ドル返ってくるんだけど、
これ、どの家を買っていても同じ、という。(苦笑)
10万ドルの高級マンションを買っていても、3万ドルの家でも、
返ってくる額は一緒。しかも、「家を失う」という結果は覆らない。
この保険、いるかなぁ?ある意味、悩む余地はあるけど。

 ちなみに、家を買うと決算時でも2倍。最後まで持っていれば3倍で売れる。
これも買わないという選択肢はありえん。(苦笑)

.

 あと、ゲームのバランスは壊れている。w
どんな状態からでも逆転できるように、だろうけどさ。
決算後からゴールまでの道のりがやばい。
 1マスで10万ドル手に入ったりするし。
いや、今まで働いてためたお金はなんだったのかと問い詰めたい。

 一番ひどいのは、ゴール直前のマス。
まさかの「25万ドル支払う」である。ここ止まったら絶対負けるやん。w

.

 他にも「余っている宝物カードから好きなものを一つ取る」ってのも。
宝物カードって、価値は3000ドルから10万ドル超まで幅広い。
ってか、それ選択の余地ないやん。最高額のものを取るに決まってる。
 中には価値が変動するものもあるんだけどね。
(決算時にルーレット回して、価値を確定する)
でも、変動幅で最高の額のお宝よりも、定額でもっと高いお宝がある。
それを選べってのはひどい話でしょうよ。(苦笑)

.

 でもまぁ、楽しいのは楽しいと思う。w
別に運ゲー100%でも、面白いゲームは面白いさ。
高額の紙幣が飛び交うので、大きな数字の計算の練習になるし、
「両替」とか「お釣り」といった感覚が養われるのは、
小学校1年生にとってはいいんじゃないかな?

 実は、息子用にもう一つゲームを買っている。
(「ぴっぐテン」これも小学校1年生向けのカードゲーム)
これを、サンタさんからのクリスマスプレゼントにしなかったのは、
あまりにもマニアック過ぎるから。(苦笑)
 一応、彼は(娘と違って)まだサンタを信じているはずなので。
あまりにも一般的でないものをプレゼントするのはちょっとね。

.

 子供たちに感想を聞いたところ、一通り満足している様子。
ただ、娘には不満があったらしい。それは、中身についてではなく、

 先に朝早く起きた息子が、
娘のプレゼントの中身を見つけて彼女に言ってしまったこと。

 うん、ネタバレはよくないね。
ってか、人のプレゼントのぞくなよ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧