( '15~)日記

図書館に献本

 今日は、図書館と古本屋さんに。

 もう読まないであろう本を処分するのに、どちらがいいか、という。
図書館には献本という制度がある。

 ようは、いらなくなった本を図書館にあげる。それだけ。w

 もちろん、図書館としてもいらない本はあるんだろうけれども、
そういった本は、リサイクル市で市民に無償提供されたりとか、
最悪の場合でも、古紙としてリサイクルされるようだ。(苦笑)

.

 今回は、又吉の「火花」を図書館に献本した。
いや、もう読むことはないだろうし、まだまだ予約の多い本だからね。

 で、他の本をいくつか古本屋さんに持ち込んでみた。
めったに使用することはないので、どんなもんかなぁ、と。

.

 利用してみた結果、よっぽどの本でない限りは図書館でよさそうだ。w
いや、古本屋さんだと身分証明書が必要になったり、査定に時間がかかったり。
そこそこの金額で売れる本でないと、割にあわない。

.

 本を残しておくかどうかの判断は、、
将来、自分が再読する可能性があるかどうかもあるけれども、
もう一つ、将来の子供に読んで欲しいかどうか、というのがある。

 私はめったに本を買わないけれど、
買う時の基準も、「将来の子供たちに読んで欲しいかどうか」ってのはある。

 どの本に書いてあったか忘れたけど、
必要な時期に、必要な本が読めるかどうかってのは大きい。
「これ、中学生の頃に読めてたら影響うけたよなぁ」
って本は、時々ある。学生の頃に読みたかったなぁ、と。

 なので、読んでほしい本は買うし、売らない。

 ただ、専門書の類はどうしようかなぁ。。
正直、再読しそうにないものもあるんだけど。
職場の後輩に配ってもいいけど、読んでくれるとも限らないし。w

 これもすぱっと図書館に、でいいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春休み終わり

 昨日は小学校の入学式。二年生になった息子は登校した。
二年生は、一年生を迎える立場なので。(いろいろあったらしいが)
週明けに、ようやく始業式で、長かった春休みが終わる。

 冬休みも長かったけど、春休みも長かったなぁ。
本来、始業式の8日が土曜日にあたったので、
始業式が10日までずれこんだ。

.

 今週は、平日の休みが二日あった。
どちらも、子供たちと散歩に出かけた。

 地元の駅前周辺を散歩する。
この辺は、下の息子が幼稚園に入る前に、
(嫁が仕事の時に)二人でよく散歩した記憶がある。

 娘に、「どっかにつくしないかな?」と言われていた。
いや、季節的につくしは3月だからなぁ、と思っていたが、、

 意外なところにつくし発見。
駅前の電気屋さんの、駐車場の植え込みの中。
めっちゃ町中。

 別に、田んぼのあぜ道にしか生えない訳ではない。
つくし=スギナと考えると、どこにあってもおかしくないな。
スギナは、キングオブ雑草、という感じだし。

 ただ、さすがに食用にしようとは思わなかった。
集めれば相当な量になっただろうけど。
多分、ほとんどの人がつくしの存在に気づいてないと思われる。w

.

 もう一日は、自転車の練習もかねて、遠出。
息子は自転車に乗れるようになったはずだが、
寒い季節は全く乗ってなかったので。

 ところが、子供たちの自転車は長い間放置していたので、
とても乗れる状態ではなかったようだ。(苦笑)
娘の自転車は空気が入っていないし、
息子の方はまだマシだったけど、異様にペダルが重い。
ちゃんと、整備しとかんとアカンな。

.

 もっとも、二人に自転車で走られると私がついていけないので、
息子だけ自転車で、私と娘はフォローしながら進む。

 目的地は、地元の桜の名所の一つでもある。お寺。
ここも、いつか歩いて行ってみようと思っていた。

 小学校の頃に、何度か行ったことがある。
私が、私の祖父母と一緒に散歩した記憶のある場所だった。

 道や風景は激しく変化していたけれども、
お寺本体は、少し懐かしく感じた。
昔、ここで絵を描いた記憶があるんだけどな。。
多分、30年以上前に。(苦笑)

.

 少し山の方だから、桜はまだかな、と思ってたけど、
行ってみると普通に咲いていた。(満開ではなかったが)

 昔は、単に山の中にあるお寺だったんだけど、
久しぶりに行ってみると、一部が公園になっていた。
天気が悪かったので早々に引き返したけれども、
なんというか、探検しがいのある公園だった。w

 いや、ちゃんと手は入ってるんだけど、
これ、自然そのままじゃね、って感じのところも多くて。(苦笑)
整備した結果の道なのか、ただの獣道なのかわからんかった。
下手すれば、知らん間に公園の外に出て山道に迷い込みそうな感じ。w

 また、自転車をちゃんとしてから行ってみたい、、かな。

 お気に入り、という訳ではないけれども、
思い出のある場所を、子どもに引き継いでいきたい。

 将来的には、孫と一緒に歩きたいんだけどね。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく、開花

 今年は、桜の咲くのが遅い。

例年はどうだったかなぁ?あんまり記憶にないけれども。
少なくとも、4月1週目の土日で咲いてないってのは記憶にないな。

.

 3月に入ってからも寒い日が続いたし。
今日、ようやく暖かく(というか暑く)なって、一気に花開いた。
とはいえ、まだ本当に「咲きはじめ」で、
お花見するには心もとないというか。(苦笑)

 東京の方は満開ってニュースでやってたけど、
こっちは全然。なんで東京の方が早いんだろう?

.

 今日、ようやく咲きはじめだから今週末が、花見のピークになりそう。

 朝、夜は冷えるけれども、昼間は暑いくらい。
着るもので調節しないと難しいね。そろそろ、ダウンジャケットは、いらないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝寝坊できず

 子供たちは春休みだが、嫁と一緒に嫁の実家に帰っている。
向こうもいろいろと忙しいので、4月に入ったら早々に帰ってくる予定。

.

 で、しばし一人暮らし。
といっても、ほとんど仕事してるからそんなに関係ない。

せいぜい、昼食を多めにして夜は簡単に済ませる、くらい。
一人だと、自炊するの面倒くさいし。
お昼は職場近くで外食してもいいし。

.

 今日は、休み。ほぼ、何の用事もなくゆっくりする日。
なので、気兼ねなく朝寝坊するつもりだった。

 仕事してる日はもちろん、休みの日でもそうそう朝寝坊できるもんじゃない。
目覚ましがなったり、誰かが起こしにきたりするし。
もっとも、朝に薬服用する必要あるから起きなきゃいけないんだけど。

 一番長くて、昼まで寝ているつもりだった。
そのため、前日夜の薬の服用時間をいつもより遅めにして調節。
あとは、夜更かしすればいいんだろうけれども、
疲れていたので、いつも通り日付が変わったころに就寝。

.

 目が覚めたら、午前7時半だった。

.

 いつも通りやん。
いや、むしろ、いつも(の平日休み)よりも早いやん……。w

 めったにしないけど、一人暮らしの時ってたいていそうだったかなぁ。
むしろ、普段よりも早めに目が覚めて、規則正しい生活になるという。(苦笑)

 しばらくベッドの中でゴロゴロしていたが、寝る気もなくなったので起きる。
あとは、普通の休日かな。図書館いって、本借りて……。
いつもと違うのは、朝食作るのと、洗濯しなきゃいけない、くらいなもんで。

 しっかし、朝寝坊すらできないって、もうトシかねぇ。(違)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノ発表会

 先日、娘のピアノの発表会があった。

.

 これで5回目になるのかな?こっちももう慣れたもんだ。
と思っていたけれども、てんてこ舞いだった。(苦笑)

.

 30分前につくように家を出たんだけれども、
家にカチューシャを忘れたことが発覚。
会場についてから、私だけ家に取りに戻るはめに。

.

 で、家について探しても見つからない。(苦笑)
私はもともと、モノを探すのは苦手である。
(ちなみに、息子はもっと苦手。私の父も苦手。遺伝だろこれ)

 時間ギリギリまで探したけれども、見つからず。
諦めて会場に戻った。
言われた場所は全部探したんだけどなぁ……。

.

 戻ったところが、ちょうど娘の一人前の子だった。
本当にギリギリ。w

 今回の曲は「かっこう鳥の歌」

ちょこちょこミスはあったけれども、まずまずかな。
もう少し楽しそうに弾いてくれた方がいいな。

 問題は、やっぱり電子ピアノとグランドピアノの差かなぁ。

 今の電子ピアノは、キーが重めなので
グランドピアノでもそんなに問題ないと思うんだけど、
やっぱり、音が少し小さくなってしまうようだ。
もう仕方ないとあきらめてしまうか。w

.

 見てるこっちも、そんなにミスにこだわらなくなった。w
別に、コンクールやってる訳じゃないんだし。
「練習しなさい」とは言ったけど、練習にそれほど関与していない。

 この曲に関しては、娘の方が私より上手だったからなぁ
教えられることがなかったという方が正しいか。

.

 私は、というと、現在「エリーゼのために」を練習中。
仕上がりは80%程度かな。少し不安定なところもあるけど、
「エリーゼを弾いている」という実感はある。

 ピアノ弾くからには、大きな目標の一つかな。

 しかし、40歳過ぎても人間、上達できるんだという。w
ピアノを弾き始めたのは5年前。
最近は、明らかに娘よりも練習時間が長かった。(苦笑)

 成長と言うと大げさだけど、どんな趣味でも「上達」できるのは
やりがいがあって楽しくなる。

.

 さて、問題のカチューシャだけど、予想外の場所にあった。
みんなで10分以上探し回った結果発見された。
うん、私が見落としていた訳ではなかったよ。w

 ……にしても、前日にちゃんと荷物を準備しておけば。。(苦笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ガス自由化。必ずしも安くなる訳ではない。

 今年の4月(あと少しだけど)から、ガスの小売り自由化が始まる。
去年の電力自由化に続いて、エネルギーの選択肢が広がる……のか?

.

 電力自由化の時は、情報を集めるのが面倒くさかった。
ちょうどスマートホンを変えたタイミングというのもあって、
そのままau電気に加入した。

 厳密には、最適解ではない可能性が高いけれども、
少なくともそのままよりは、色々とポイントがつく分お得かな、と。

.

 さて、ガスである。
ガスはさほど選択肢がないらしい。
ウチでいうと、今までの大阪ガスを選ぶか、関西電力の関電ガスを選ぶか。
(ほかにも生協とか、J-COMという会社もあるけど、省略。)

 ってか、大阪ガスは電気も売ってるんだけど・・・。
実際、ウチの実家は、電気は大阪ガスに切り替えたらしい。
それでガスは逆に関電ガスとかしたら、訳わからんな。w

 この辺、そろえといた方がセット割とかあるかも知れんけど、
詳しくは調べていない。

.

 関電ガスの料金プラン、「なっトクプラン」は

使用量にかかわらず、

大阪ガスの一般料金に比べて、誰でもおトク!

.

 上記のように宣伝されている。
誰でもおトクなんだったら、変えた方がいいのかな?と。
ついでにAUで関電ガスもまとめてしまえば、ポイントもたまりやすいし。

 で、店に行ってみて検討した結果。

.

 大阪ガスの方が圧倒的に安かった。

.

 どゆこと?

 まぁ、単純なことで、ウチは大阪ガスの「一般料金」ではなかったため
(めったに使わないが)ガス床暖房が入っているから、
料金プランが一般料金ではなくて、かなり安くなっていた。

 で、関電ガスの料金プランでは太刀打ちできなかった、と。

.

 ガス自由化で参入している企業は、今のところ、「一般料金」との
比較で勝つことしか考えていないようだ。
何らかの設備があって一般料金でない人は、相手にしていない、と。

 いずれ、一般料金以外のユーザーを相手にしたプランを考えてくるかも
知れないけれども……、ちょっと難しいかもね。

.

 別にガス会社を変えなくても、自由化で競争がおこれば、
サービスはよくなる可能性が高いから、いいのかな。

 あとは、あわててガス会社を変更せずにちゃんとシミュレーションすること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷち旅行(姫路)

 世間は3連休。私は土曜日仕事だけど、貴重な2連休。

このうち、1日は「大人のために使う」と決めていた。
(子供の趣味に合わせない、ということ)

.

 先月、明石や淡路島方面への旅行を計画していたが、
インフルエンザにやられてキャンセルしていた。

.

私の希望が「明石焼きが食べたい」
嫁の希望が「姫路城に行きたい」

というわけで、明石経由姫路行。

.

 明石焼きは、現地では卵焼きとも言われる。
大阪で言うとタコ焼きになるんだけど、卵の量がかなり多いのと、
出汁で食べるのが印象的。

 本当は明石の市街で食べたかったんだけれども、
なかなか厳しそうだったので、明石サービスエリアで済ませた。
やっぱり、ちょっと高いんだよなぁ。

 息子はタコはまだ苦手とのことで、私が(タコだけ)もらった。w

.

 明石SAは公園と隣接していて、徒歩でなら公園に入れる。
ちょうど梅が見ごろだったので、しばらく散歩。
ようやく散歩できる季節になってきたなぁ。

.

 で、姫路に。目的は姫路城だけなので、
さっさと見て帰ろうと思っていたんだけれども、、

まず、駐車場を探すのに一苦労。町中渋滞してるし……。

 駐車場を見つけて、姫路城の入り口までたどり着いた時点で午後3時。
印象は、「とにかく大きい城だなぁ」と思った。
遠くから見えるけど、近づくまでに時間がかかる。w

 入口に時間の表示があった。
「待ち時間1時間」

・・・。お城の待ち時間とはどういうことだ?
最初、全く意味がわからんかった。
いや、でもここまで来て中に入らない訳にはいかんし。

 天守閣に近づいて納得。
天守に入るために長い行列になっている。
なるほど、ここで1時間待つ訳か。
さすがに、国宝にして世界遺産なだけはあるわ。

.

 中に入ってからも、ひたすら人、人、人の行列。
天守は高く、六階まである。上からの眺めはいいんだけど……。

 これ、どこに誰が住んでたんだろうね。(苦笑)
使われたことはほぼないだろうけど、戦闘用の城でもあるが、、
殿様は、普段、どこにいるんだろう、と想像してしまった。

 いや、あまりにも生活感がないもんで。w

.

 子供たちは、移動中は退屈そうだった。
一応タブレットとスマホ渡して時間つぶしはさせたけど。

 もともと、車での移動が好きじゃない。

 帰りには神戸周辺で20km級の大渋滞に巻き込まれたし。
うーん、これ、最初から電車で移動することを考えるべきだったかも。
電車なら、渋滞ないから時間も計算しやすいし。

.

 子どもたちも、お城の中はそれなりに楽しかった模様。
昔に比べると、こういう「お城」でも楽しめた様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風化

 3/11(土)の話。

 土曜日は基本、仕事で出勤である。
出勤したときにやる仕事がいろいろあるけれども、
その中に、「スタンプの日付を合わせる」という作業がある。

 3.11にセットした。

.

「3月11日かぁ。」となにげにつぶやくと、それを耳にした同僚が聞いてきた。
「誰かの誕生日ですか?」

私は、あえて答えずに席を外した。

.

 もう一人の同僚に、ことの顛末を話した。
その子は、しみじみと言った。

「それが風化ってことですよね。」

.

 時間が経つと人は忘れてしまう。
忘れることができるから、傷が癒えることもある。
それでも、時々は思い出すことも必要だと思う。

.

 ……なにが風化って、この記事を二日遅れで書くところだよ。(苦笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不惑

 先週、誕生日を迎えて40歳になった。

「不惑」というらしい。うーん、正直、まだ不惑ではないんだが。(惑いまくり)

.

 この1年間は、再生の1年間だったと思う。
ゆっくりと休んで、状況を整えて、
あとは元に戻るまでじっくりとリハビリの日々。

 すっかり元通りとはいかないだろうけど、
たぶん、あと1年もすれば、(仕事的には)元通りになると思う。

.

 元通りでないのは、体調崩す前よりも趣味が増えたことかな。
読書は年間300冊ペースだし、ボードゲームも完全に趣味になりつつある。
 あんまり我慢せずに、やりたいことをやっていると思う。

 あとは、地味に続けているのがピアノ。
少しずつレパートリーを増やしていっていて、
できる曲も少しずつ増えてる。この年齢でもまだ成長できるもんだ。
シャープ5つくらいの曲にビビらなくなったし……。

 1年前にはスムーズに弾けなかったところが、
繰り返し練習しているうちに弾けるようになってきている。

 次の課題は・・・エリーゼのために(full)。
有名なところ(途中まで)は十分弾けるようになってるんだけど、
その後の難しいところが手つかずなので。(苦笑)

.

 「40」は一つの大台だなぁ、と思う。
気持ちのもちようが少し違うというか。
もう、どう間違えても「若い」とは言えない年齢になっているし。

 成人(20歳)からちょうど20年。昔よりは大人になった?
変わったのは変わったけれども、大人になったかどうかは、
自分ではわからないね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「この世界の片隅に」

 先日見た映画。

「この世界の片隅に」

クラウドファウンディングから始まったアニメ映画だけど、
異例の長期公開になっている。
いつも行っている映画館だとみられなかったので、
わざわざ難波まで行くことになったけど、

 それでも、見てよかったと思う。

.

 昭和20年、8月。呉。
舞台だけを見ると、どうしたって悲しい戦争モノを予想するが、
この作品は全然そんなことはない。
いや、戦争がテーマの作品なんだけど、「笑える」話になっている。

 この映画には英雄はいないし、戦闘シーンも(ほとんど)ない。

 太平洋戦争を生き抜いた、一人の女性。
どこにでもいそうな、単なる主婦の日常を描いた物語。

 ヒロインの「すず」は、うっかりもの。
こんな娘が嫁に行けるのか、と周りが心配するほど。
多々、失敗するけれども、それを笑いにかえてしまう。

 すずは、恐ろしく前向きだ。
運命に逆らおうとはせず、ありのままに流されて生きるけど。
でも、その時々を楽しもう、笑おうと、懸命に生きている。

.

 呉は海軍の基地があったため、徹底的に空襲された。
実際、この空襲で沈んだ軍艦も数多い。

 すずは、呉にお嫁にきたけれども、実家は広島。
呉は空襲を受け続けているが、広島は空襲は少なかった。
すずは、広島に帰ることを悩みはじめる。

 この終盤のピリピリ感がたまらなかった……。
見てるこっちは、この後の歴史をわかっているから。
なぜ、広島に空襲が少なかったのか。
それは、新型爆弾の実験台にするためだよね……。

 「その日」がどんどん近づいてくる。
それでも、すずはいつも通りだった。当たり前だけど。

.

 玉音放送を聞いた後のシーンがすごく印象に残った。
すずがまともに泣いたのは、あのシーンだけじゃないのかな。。

.

 この作品は、政治的な表現はない。
戦争を美化もしなければ、批判もしない。
そもそも、すすにそんなこと考える頭があるとは思えない。

 ただ、戦争が隣にある日常を、ありのままに描いているだけ。
逆に、身構える必要は何もない。思いのままに感じるだけでよい。

.

 今回は大人だけでいったけど、いつか、子供たちにも見せてやりたい。
「君の名は。」も歴史に名を残すアニメ映画だったけど、
こっちもこっちで、語り継がれるべき映画だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧