トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

日曜出勤

 今日は、日曜出勤。先週、やや強引に土、日2連休をとったため、
そのしわ寄せが来ている。

 私は、「時間外で働いてお金をもらうよりは、家でゆっくり休みたい」と考えていて、
それを上司にも伝えてある。幸い、私とは逆の考えの人もいるので、私の残業時間は
少なめ、その人の残業時間は多めに組んでもらっている。

 しかし、今月期(4/16~5/15)は急に退職した人がいたこともあり、
シフトに休む余裕はなく、スタッフ全員、規定されているぎりぎりまで残業。
というわけで、日曜出勤があたってしまった。

 さすがに連休中の日曜日ともなれば、ほぼ処方箋は来ない。
たまりにたまった事務作業を片付けていくことになるのだが、
これが、一人でやっていると辛い。あまりにも刺激が無い上に、
見張ってくれる人もいないもんだから、さぼってしまう。意欲がなくなってしまう。

 とはいえ、今日中に終わらせておかなければならない仕事だもんで、
また気を取り直してせこせこと。これはこれで疲れる。

 私は薬剤師だが、職場では医療事務も兼任している。
・・・というか、事務仕事をやってくれる医療事務がいない(やめた)もんで、
私がやらざるをえなくなっている。医療事務の仕事は、レセコンと呼ばれる
コンピュータのソフトの知識と、健康保険関係の知識の両方が必要なのだが、
私のほかに両方出来る人がいない・・・。求む、優秀な医療事務。

 さて、私は嫁の産前・産後に合わせて計3週間ほど休みたいと上司に伝えてある。内心、びびりながら相談したが、割とあっさり(一応)OKをもらった。
薬剤師としての私の替わりは誰にでも勤まるが、医療事務としての私の替わりは、
今のところいない。あと3ヶ月で育成しなければならない・・・。むぅ。

 ただ、私の穴をみんなでフォローできるような体制になれば、職場に復帰した後も、
私は楽できそうだ。普通の人なら「もういらん」と言われる可能性があるかも
知れないが、そこは(腐っても)資格もち。会社に対しても強気にでることが出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前について1

 今日は、実家から帰ってきたほとりさん&奏良と、かぐら氏と一緒に食事。

 奏良はまた大きくなっていた。体重は6kgほど。
前は(5kg)と同じやったのに、いまやポンジュース(6本入り)。
表情がさらに豊かになっていたし、明らかに何かを見ている。

 ところが、あらぬ方向をじーーっと見ている。彼には何が見えているんだ?
今日はなかなか眠ってくれず、やっぱり子育てって大変だなぁと思った。

 かぐら氏から、漢和辞典を借りた。そろそろ本格的に名前を探そうかと。
子供の名前については、いろいろ嫁から注文がでている。

1、男女両方に使える名前。
2、あまりにも普通の名前はいや。
(3、自分で考える気はない)

 ところが、私にも基準があって、

1、小学校4年生までで書ける漢字で。
2、普通に読めること。あまり、奇をてらった読み方はパス。

1は、難しい漢字を使うと、なかなか自分の名前を漢字でかけない。
(ちなみに、私の本名は4年生までにすべて出てくる漢字。)
2は、職業がら、読めない子供の名前に苦労しているため。
最近の子の名前は、普通に読める方が少ない。

 なんか、お互いの「2」の条件が相反している気もするが、、、
まぁ、お互いにある程度は妥協するだろう。

 で、今のところの候補は、「歩(あゆむ)」と「ひなた」
あゆむは、字の意味から。ゆっくりでも進み続けるという意味で。
漢字は「歩」以外は考えにくい。

 「ひなた」は音の響きから。こちらは漢字はいろいろあるが、
男の子なら、普通に「日向」か。ただ、字が硬い感じがするので女の子だとつらい。
文字をわけると、「ひ」、「な」は割りとあるが、「た」が厳しい。女の子だとなぁ・・・。
「ひな」で一文字にすると「雛」になるが、、この漢字は難しいのでパスしたい。
いっそのこと、ひらがなで「ひなた」にしてしまうのもひとつの手かも。

 「た」を省略して、「ひな」でもいいかもしれない。
その場合は、「陽菜」、が第一候補。「日菜」だと、、ひとめ「白菜」に見えてしまう。w

 今日うかんだアイデアはそのくらい。
書き留めておかないと忘れそうなので、ブログに書いておくことにする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年で1番忙しい日?

 今日は朝10時からの出勤なので、朝のうちにブログ更新。
今日はゴールデンウィーク突入前の最終日である。

 私が今の職場に勤めだして3年。経験では、GW直前というのは、
年末とならんで、「一番忙しい日」候補である。

 他は知らないが、うちの職場はそれほど月により患者数の変動はない。
慢性疾患の患者さんが多いからで、そういう患者さんは病院が休みだからといって、
今月は病院行かなくてもよい、、とはならない。(薬が足りなくなるので。)

 ってことは、休みがあると、その前後に患者さんが集中する。
たとえば、水曜日平日、木曜日祝日、金曜日平日、やったりすると、
木曜日に来る予定の患者さんは、水曜か金曜に分かれてやってくる。
 本来くる患者さんの数が、100-100-100だったとすると、
150-0-130、ってな感じ。(総数は減る。急性の患者さんはこないから)

 さて、今年のゴールデンウィークは、近所のクリニックの1つが9連休に入る。
・・・・・。考えたくねー。
 次回が連休にかぶりそうな人は大体多めに薬をもらってるはずだから、
連休明けも忙しいんだが、比較的新しい患者さんで症状の安定していない人は、
「連休前にもう一度きてね」といわれてるはず・・・。
 まぁ、予想はできているのですでに覚悟完了。
今日に備えて昨日はゆっくり休養をとった。幸い、明日も休みやし。

 ちなみに、一番困るのはクリニックが休んでるときにうちに直接来る患者さん。
「先生とこ休みなんやけど、薬だけもらわれへんやろか?」
・・・
出してあげたいのはやまやまだけど、それはできないことになってる。
最悪、裏技(非合法手段)として医師に直接連絡をとって指示をもらって、
休み明けに処方箋を出してもらうことを保障してもらって薬出すこともあったりするが、
今回の長期連休、先生はおそらく日本にはいない。w
 他の病院にいってもらうしかないなぁ。

 ちなみに、うちの職場は9連休なんてことはなく、年中無休です。orz
シフト調節によって3連休をいただくのがやっとでございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

応援の宣伝。

 私が、よく見回ってるサイトのひとつに、
環境のリスク論のパイオニア、中西準子先生のHPがある。
現在の肩書きは(産業技術総合研究所 化学物質リスク管理研究センター、センター長)
・・・長い。

 リスク論、って簡単には説明できないが、
何と比べて、どれくらいの危険性があるかということを定量的にみて、
対処を考える、ってこと、かなぁ。(ちょっと不安、しかもわかりにくい)

 世の中にある、さまざまな化学物質が、「危ない!」っていっても、
どれが、どのくらい危ないのかはわかりにくい。
ダイオキシンがどれくらい危なかったのか、アスベストはどうなのか、、
これを、「どれくらい危ない」という基準が必要だ、ということだ。
行政は、その基準に対応して、対処するのが望ましい。

 よーするに、「これは危ないぞーーー」って大声で叫んだ奴がいて、
そーか、危ないのか、と大金突っ込んで対策たててみたら、
実はそんなに危なくなかった、、ってことになったら、税金の無駄遣いだ。
 それを、大金突っ込む前に、「どれくらい危ないのか予測」することが
必要だということ。具体例で言うと、アスベストは危険性に比べ対策が少なかったし、
環境ホルモンは危険性に比べて、大金突っ込みすぎた感がある。

 それはさておき、この中西先生、現在訴訟中である。
「雑感」という(ほぼ)週刊のコラム?をずっとネット上で連載していたのだが、
そこで、京大大学院の松井三郎教授を実名で批判した。

 批判の内容はさておき、松井教授の方がこれに抗議のメールを送った。
中西先生はメールに応じ、「とりあえず一時保留」として、該当の「雑感」については、
「きちんと調べて自分なりの見解を出すまで、本文を引き下げる」
という形で、該当の雑感を削除した。
 このときに、「年度末までに結論を出すから」としてしばらく放置。
2005年3月に、再び松井教授に問い合わせのメールを送ったところ、
「名誉毀損で訴える」というメールが返ってきて、実際に訴えられてしまった。

 現在もこの問題は係争中である。
学者が、学者を実名で批判したくらいで訴訟されたのだ。
これはひどいってんで、ネット上に応援団ができている。(事務局長はapjさん)

 中西先生の批判の内容は正当なものに見えるが、とりあえずこれはおいても、
相手が話し合う態度であり、該当の「雑感」はしばらくは見れる状態だったが、
苦情があった時点で削除されている、、こんな状態で訴訟起こされちゃかなわん。
わざわざ裁判所で話し合うような問題じゃないだろう。

 松井教授の側は、訴えた当日にプレスリリースを出すなどの攻勢を取っており、
問題を解決したいんじゃなく、単に裁判所に訴えたかっただけ、というフシがある。

 こんな訴訟が認められれば、言論が封殺されてしまう危険性がある。
たとえば、このブログでだって、下手なことを書けば訴えられる危険がある
ってことだ。決してネット上だから何かいてもいいってわけじゃないけれども。
訴訟に持ち込まれると、勝敗以前に手間も時間もかかるし、
それこそ、社会的評価にもかかわってくる。
 私としても、こんな訴訟を認めるわけにはいかない。
こんな訴訟がアリだったら、ブログもかけなくなってしまう。

 というわけで、私は中西先生を応援しています。
まぁ、世の中にそんな事件もあるんだってことを知って欲しい。

 ちなみに、この文章は、ものすごくいい加減(正確ではない)なので、
詳細が知りたい方は、環境ホルモン濫訴事件・中西応援団のサイトまで。
http://www.i-foe.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲労

 今日は疲れている。

っていっても、どれくらい疲れてるんだが、他人にはわからんし、
他人がどれだけ疲れているのかも自分にはわからん。
私は体力がない方なので、身体がきつい仕事はできない。
・・・今の仕事は、普通の人に比べれば、はるかに楽な部類だとは思う。

 でも、疲れてるんだってば。
周囲の話を聞くと、よくそれで身体もつよなぁって思う。私にゃ無理だ。
もともとタフなのか、それとも回復が早いのか。。

 RPGのようにHPが見えればわかりやすいのに、と思うことがある。
この人は、よくつかれたつかれたというけれど、実際はどれくらい余裕があるのか。
それが見えれば他の人もがんばってるんだから、自分もがんばらにゃ、と思うかも。

 私は、最大HPも人並みよりも低いと思うが、何よりも自然回復量が低い
その日の疲れは、1日寝ても取れない、日が進むにしたがって蓄積していく。
週末はへろへろになってることが多い。週末は寝てすごして、最大HPまで回復する。w

 私の感覚では、1日8時間労働(9時ー6時)ですら、ややきつい。
6時間以下(9時ー4時)なら、疲れはたまらないようだ。
・・・そんな仕事ないってば。orz

 今週は、すごく楽なシフトで、明日、休みだったりする。w
でも、連休前なので実はすごく忙しい・・・。ゆっくりやすんで、金曜に備えよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前をなんとかしないとな。

 とりあえず作ってみたブログ。
サブタイトル?に、まずは名前をなんとかしないとな

 ブログを作る際、なんかタイトルをつけなくちゃいけないわけだが、
よいのが思いつかなかった・・・。新学期(学生じゃないが)からはじめたかったので、
とりあえず、この名前にして見切り発車してみた。
どうせ、後から変更することもできるし。

 ところが、一ヶ月弱続けてみて、いっこうに方向性が定まらない。
というか、この方向性のなさがこのブログの特色かも知れない。w
あっちいってみたり、こっちいってみたり。

 そろそろ、ブログ名も再考せねばならんが、他にも考えなければならない名前が、
自分のハンドル「Kitten」である。

 「Kitten」はかなり歴史があり、そろそろ8年になる。
なぜこのハンドルになったかは、紆余曲折あってのことだが、
一番の理由は、私がこの単語が好きだったからだ。w

 しかし、年齢のこともあり、そろそろこのハンドルもなんとかしたいと思ってる。
さすがに、いい年してこの名前は、ねぇ。ちょっと。

 もう一つ、考えないといけないのが、子供の名前。
8月末には父親になる予定だが、この子の名前を考え中。
色々考えてはいるのだが、どうも、これで完璧ってのはでてこない。
ちょっといいかな?って思っても問題点が浮上してくる。

 名づけネタは、嫁が(共同?で)やってる妊婦生活ブログ(まったり妊婦生活。
でやってもいいのだが、あっちは将来的に育児ブログに発展する可能性が高く、
そうするとリアルで近い人たちが見る可能性がでてくる。すると、、、
あまり変なことは書けない。

 なお、こっちから「まったり」にリンクは貼るが、逆方向に貼るつもりはない。w
(上記の理由による。)こっちは、あくまで私の「私的な」ブログなので。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに・・・

 ついに、冷凍みかんがヤフーのトップページに掲載された。(昨日の話)
地元?静岡で、Jリーグ清水エスパルスのあの色のサポーターの前で、
熱唱したらしい。

 4/21付けの全国有線ランキングでは、先週の99位から一気に27位に浮上。
ちなみに、工藤慎太郎の「シェフ」は(たぶん)過去最高の19位。
ただ、最近(逆に)あまり聞かなくなったような気がする。

 とはいえ、このランキングってよくわからない。
上位の曲でもしょっちゅうかかってるわけでもないし・・・。
リクエストの数=実際にかかる数ではないんだろう、たぶん。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成分解析・・・

 「成分解析」なるジョークソフトがある。
あちこちで紹介されて大ブレイクしているらしい。

 嫁に紹介されて、ここからダウンロードしてみた。
ファイル名が「Buffalin」・・・。

 なんか、起動させなくてもどんなソフトか想像がついた。w
いや、起動させてみても予想通りだったけど。
これは、アイデアの勝利だなぁ、と思った。
ソフトの内部でどんな処理が行われてるのかまで、容易に想像がつく。
(注:私はプログラムはほんの少しかじったことある程度の素人)

 あちこちにコピー版が出回ってるらしいし、Web版もある。
成分解析 on WEB(http://seibun.nosv.org/

 ちなみに、オリジナルとWEBでは結果は一致しないので注意。
WEBの方が作者に断りなく勝手に作ったんだろうと推測。
アイデアさえあれば、プログラマーならこれくらいすぐ作れるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェネリック医薬品とは?その5

 今日こそ、まとめ、、というか、補足情報。

 先発品の特許が切れるまでの年数がよくわからんかった。
色々な条件によって変わるようだが、「約10年」ってのが目安らしい。
(20年ってのはどっから出た話なんだろう・・・)

 あと、先発品と後発品の効能・効果の範囲(適応と言う)の違いってのがある。
どうして、同じ成分を使って適応が違うのか、科学的には説明できない。w
たとえば、一般名ランソプラゾール(先発品名:タケプロン)という薬では、
先発品だけ「H.ピロリ菌の除菌療法の補助」に有効となっている。
 同じ成分でも、後発品はピロリ菌除菌には使えないわけだ。
なぜか?理由は知らない。臨床試験の問題か、もしくは特許の問題か、、
また、後日調べておくことにする。

 となると、例えばランソプラゾールで「後発品に替えてください」
と言われても、患者さんの症状(ピロリ菌除菌に使うのかどうか)がわからないと、
後発品に替えることは出来ない。
 まぁ、ピロリ菌除菌の場合は他に薬でるから一目瞭然なんだが、
微妙な適応の違いとかだったら、もう医師に確認するしかない。
これは、実は面倒くさい。(医師、薬剤師、お互いに。)
 特に病院が大きければ、まずFAXして薬剤部を通して医師に問い合わせて、
医師から薬剤部に連絡が入り、そこから薬局に連絡・・・
・・・非常に面倒くさい。
 大きな病院では、こういう場合は、「後発品不可」にすることが多いようだ。

 あと、後発品でも品質はピンからキリまであると書いたが、
実は、値段もピンからキリまである。(これは知らん人多いやろうな)

 例えば、先発品の値段が100円やとして、
後発品Aの値段が60円、Bの値段が40円、Cの値段が30円・・・
これは、発売時期による。先発品の特許が切れて、最初に出た後発品ほど、
値段が高く、第2世代、第3世代という感じで後になればなるほど安い。

 同時に、安くなればなるほど、聞いたこともないようなメーカーになってくる
沢井・共和・東和、、大洋、日医工(とならべても一般人には知られてないが)
あたりの、まだ知られているメーカーは大体、一番安い薬ではないことが多い。
 ところが、名も知らぬメーカーの薬って、手に入れるのは大変である。
卸業者に聞いても取り扱いなかったり、それこそ1週間かかりかねない・・・。
というわけで、薬局側はあえて、その情報を隠してるんじゃなかろうか。w
 少なくとも、うちの薬局では隠している。(ごめんなさい

 患者さんにとってベストは、すべての後発品の情報(値段こみ)を教えてもらって、
「じゃぁ、このメーカーで」と選べることだと思うが、
これをやると薬局は大量の在庫をかかえなければならないことになる。
単純に考えて、在庫量は倍以上になってしまう。
後発品全種類20種類そろえたら在庫20倍・・・。ありえない。
 というわけで、薬局としては一品目につき一つの後発品にしたい。
患者さんにメーカー選択権は与えられないのが実情である。

 後発品メーカーは、とにかく情報が乏しい。営業もしっかりしてないし、
まともに試験してるのかも不安だ。MR(まぁ、営業の人間のこと)の数は、
先発メーカーとは比較にならないほど少ない。でも(だから?)、安い。

 私は、患者さんにジェネリックを説明するときには、
メイドインジャパンじゃない電化製品のようなもの」と説明している。
中国製テレビでも、マレーシア製のテレビでも、ちゃんと映ることは映るだろう。
でも、何かあった時にしっかり対応してくれるとは限らないよ。ってことだ。

 配管に問題があり、死亡事故まで起こした某電気会社は、
そのあと、テレビCMまで使って(やや遅れた感もあるが)誠実に対応した。
これが、三流メーカーだったら、即会社つぶれて終わってただろう。
 選ぶのは、薬をもらう患者さんだ。ある程度、自己責任でやってほしい。
安いってことはそれだけの理由がある。そりゃ、なんだってそうじゃないか。

 ひとまず、ジェネリックに関してはこれで終わり。
また、状況が変わり次第、ちょろちょろ書き足していこうと思う。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

ジェネリック医薬品とは?その4

 次回はまとめ、、と書いたが、まとめられない。(苦笑)

 肝心のところを書くのを忘れていた。今回の診療報酬改訂で、
後発品に関するルールがどのように変わったか、それを書いてなかった。

 これまで、医師に後発品を処方してもらう場合、処方箋には、
1)後発医薬品の名前を書く、あるいは、
2)医薬品の一般名(成分名)を書く、のどちらかが必要だった。
 具体的には、たとえばロキソニンという鎮痛剤の場合、
1)カンファタニン錠(ロキソニンの後発品(例:東和薬品))、もしくは、
2)ロキソプロフェン錠60mg(ロキソニンの一般名(成分名))
 と、書く必要があった。

 しかし、多くの医師(薬剤師もそうだが)は、
先発品の名前は知っていても、一般名は覚えていないことが多い。
また、山ほどある後発品の名前も覚えている訳がない

 というわけで、後発品を処方する際に、自分で調べる必要があった。
面倒くさい。そこまでして、あまり信用できない後発品を処方したくない。
・・・という理由で、これまではあまり処方されていなかった。

 ただ、力のある後発品メーカーに営業(宣伝)されて、
そのメーカーの後発品のみ使う医師も(ある程度)いたと思われるが、
その場合、処方箋が遠くの薬局(別にどこでもらったっていいからね。)に
流れていった場合、対応できない(薬がない)ケースも多かった。
 一般名を書いてくれたら、まだなんとかなるんだが・・・。
大きな病院などで、去年から一般名を書く病院も増えてきていた。

 しかし、医療費の増大をうけて、なんとか後発品を使ってもらいたい国は、
「後発品に変更可」の署名欄を処方箋につけて、そこに署名or印があれば、
処方箋に先発品を書いても、薬局で勝手に後発品を出してくれる、というルールを作った。
 ようするに、医師が楽に後発品を処方できる体制を作ったわけだ。
面倒なことを全部薬局に丸投げした、とも言える。

 後発品可能の処方箋をもって来られた薬局は、
患者さんと相談の上、個々の医薬品ごとに後発品にするかどうかを決める。
 薬局に後発品があればすぐに渡すことができるが、
あらゆる薬の後発品をそろえるのは不可能(というか、金がかかりすぎる)なので、
しばらく待ってもらう(遅ければ2,3日はかかる)ことになる。
 もうちょっと時間がたてば、後発品の在庫も増えていくと思うが、、
それでも待ってもらうことはあるだろう。うちの薬局では、
待ってもらう、か、今回は先発品で、次回から後発品、かを選んでもらう。
薬の内容によっては、どうしても待ってもらえない場合もあるから仕方ない。

 後発品を使いたい場合は、前もって薬局に連絡を入れておいた方がよい。
そのほうが、対応が早い。

 以上のような理由で、薬局側にとっては後発品はうっとうしい存在である。
世の流れがそうなっている(しかも、国が流れを作っている)んだから、
しょうがなくやっている、のが本音である。

 次回こそ、まとめ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェネリック医薬品とは?その3

 今日は、ジェネリック医薬品の品質について。

 宣伝では、「同じ成分、同じ効き目」とうたっているが、はたして本当にそうなのか?
結論としては、「そういうことになってます。」ってとこだと思う。
国として、「先発品と同じ」というお墨付きが与えられている。
もしこれで効き目が違ったら、厚生労働省に文句言うしかない。
(いや、もちろん先にメーカーに文句言うが。w)

 同じ成分を同じ量含んでいるとはいっても、添加物は異なっている。
錠剤の場合、錠剤の作り方が先発と後発では異なっているのだ
そうすると、溶け方が違ってくる可能性がある。
溶け方が違うってことは、吸収速度やら何やらまで変わってくる。
ようするに、効き方が違ってくることはあるわけだ。

 極端な例として、腸で溶けて効くはずの薬が、胃で溶けてしまったりしたら、
まず、効かなくなってしまう。主成分以外も重要なわけだ。

 私が実際に経験した話としては、
今までカプセルだった薬Aが、錠剤Bに変わったとたんに効かなくなった。
仕方なく後発品Cを使ったら、そこそこ効くようになった。

Aはよかったけど、Bはあかん。CはまだましやけどAには及ばん
なんてことを患者さんから聞いた事がある。
当然、A,B,Cはすべて主成分の量は同じである。
それでも、効き方は変わってくることはあるわけだ。

 じゃぁ、後発品にすれば必ず効き目が落ちるかって言うとそういう訳でもない。
逆に、効きすぎる(副作用が出る)こともありえる。
先発品から後発品に変える際には、ある程度のリスクがあるのは知って欲しい。
最初っから後発品を使えばそんなことはないんだが。

 後発品メーカーは、かなりたくさんある。
たとえば、去年の秋でファモチジンガスターのこと)の特許が切れて、
各メーカーが後発品を売り出したが、その数、全部で20.

 この20種類が、すべて先発品と同じ効き目をうたっているが、
中には出来の悪いメーカーもあるだろうし、先発とかわらないメーカーもあるだろう。
後発品メーカーにもピンからキリまであるのだ。

 ところが、どのメーカーがよいかなんて、しろーとさんには絶対わからん
そもそも先発品メーカーに比べて後発品メーカーは会社が小さすぎるので、
いまいち信用がおけない印象がある。

 安かろう、悪かろう、の可能性もあると思っといた方がよい。
なんにせよ、選択権は患者の側にある。
私なら、この薬は後発品でもいいけど、こっちは先発品使いたいなぁ、と選ぶ。
ただ、選択権を与えられても情報がなければ厳しいわな。

 次回は、まとめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェネリック医薬品とは?その2

 お薬代が3割~8割・・・というジェネリック医薬品の宣伝。
これをきくと、めっちゃ安くなるように聞こえる。
確かに、薬自体の値段はそうなっているのだが・・・今日は値段の話。

 ・・・の前に、昨日、先発品の特許が切れるのは20年~25年と書いた。
これは実は、複数の後発品メーカーの記述から書いたのだが、
「あれ、そんなに長かったかなぁ?」と感じたのも確か。
 それで、最近後発品が出たいくつかの先発品の、薬価収載日を調べてみた。
(よーするに、いつから売られているか調べてみた。)
 二つほどしか調べてないが、どちらも20年未満だった。やっぱり。
特許が切れるまでに20年かかってない。詳細はまた後日調べてみたい。

 で、お薬代の話。私の勤務している薬局にも、すでに何人か後発品に替えて
調剤した患者さんがいる。薬代がどうなったかというと、、
一番劇的な例で、1万円→5千円。つまり半額。ところが、これは特殊な方で、他は、
3600円→3300円とか、2000円→1600円とか。平均すると2割引きといったとこか。

 なぜ、さほど安くならないか?これは、薬の内容にも関連する。
特許が切れる前の先発品が含まれていると、トータルとして思ったより安くならない。
たとえば、1回の薬代が1000円だったとして、そのうちの800円が後発品のない薬
値段だったりとか。残りの安い薬だけ後発品に替えても、眼に見えて安くはならない。

 もう一つ。薬代は、実際の薬の値段に技術料(手数料)が上乗せされている。
薬の内容や、日数によってもこの技術料はかわってくる。
(この辺、はっきり言ってわかりにくい。プロにしかわからんかも。)
 ものすごーく大雑把に話すと、たとえば1ヶ月分の薬を出したとして、
健康保険が3割負担として、技術料はだいたい600円くらいとする。
 それに、お薬本体の値段が乗るわけだが、これがまちまち。
薬は安いものなら(1ヶ月で)100円。高いものなら1万円(あるいはそれ以上)。

 安い薬が後発品に変わった場合・・・たとえば100円が50円になりました。
そうすると、技術料こみで、700円→650円・・・。あんまり下がった気はしない。
高い薬が後発品に変わった場合・・・1万円が5000円になりました。
この場合は、10600円→5600円。なんか、めっちゃ安くなったように感じる。

 ・・・ところが、高い薬は往々にして、特許が切れてないことが多い・・・。
これじゃ、なかなか薬代は半分にならんわな。

 最後に、、後発品を選んで、かえって高くなることもある
処方箋のお薬代は、1円単位は存在しない。つまり、四捨五入してると思いねぇ。
(実際は、五捨五超入というが、、この言葉はこの業界でしか使わんと思う)
1日の薬代が14円でも、6円でも、、10円として扱っちゃったりする。
 これだけなら、薬代は変わらないだけですむが、
後発品を使うことにより、技術料に上乗せの加算がある。
これは、国が後発品を使って欲しいから、そういう制度にしている。
そうすると、薬代が変わらず、技術料上乗せで値段が上がっちゃうこともありえる
まぁ、上乗せは微々たる金額だけど(どんなに多くても40円ってとこだろう。)

 たとえ、ちょっとしか安くならなくっても、安いことはいいことだ!
バンバン後発品使っていこう!・・・と思ってる人もいるだろうが、
・・・実は話はそう単純ではない・・・。

次回は品質について。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェネリック医薬品とは?その1

 ジェネリック医薬品、ご存知ですか?あなたのお薬代が約半分に・・・。

 今年の4月からバンバン流れてる某メーカーのCMである。
いや、CM自体はもっと前から(かなり)流れていたが、
今年の4月に、診療報酬の改定が入り、(割と)簡単にジェネリック医薬品が
処方できるようになり、各メーカー、しのぎを削っている。
ここが勝負どころ、ここを逃せば永遠に日の目を見ないかも・・・と。

 調剤薬局にとって、今年の4月の診療報酬改定でもっともうっとうしいのは、
このジェネリック医薬品の取り扱いである。
言葉だけが先行して、よくわからん状態の人も多いので、
ジェネリック医薬品とは何か?シリーズで書いていくことにする。

 そもそも、新たな医薬品の開発には膨大なお金と、10年~20年の時間がかかる。
(しかも、10年かけて研究して失敗することだって日常茶飯事。)
よって、新薬の値段は製造にかかる経費よりも、莫大な開発費がのっていることが多い。
この新薬もある程度の年数(20年くらい、らしい。感覚的にはもっと短い気もするが。)
で、特許がきれて、他のメーカーも作ることができるようになる。

 この場合、圧倒的に開発費が少なくて済む。有効成分はわかってるし、
10年かけて失敗しました、なんてこともないし。そうすると、薬の値段は安く済むわけだ。
これが、ジェネリック医薬品(正式には後発医薬品、以下後発品と呼ぶ。)である。
 欧米では一般的に広く使われているが、日本ではなぜかあまり使われてこなかった。

 有効成分の含量は同じだし、きちんとした試験もして、
厚生労働省から「生物学的同等性」が認められている。
よーするに、元の新薬(先発品と呼ぶ)と同じものですよ、というお墨付きがある。

 高齢化が進み、医療費が増大するだろうと思われる中、
国としては医療費をできるだけ抑えたい。そのためには、後発品にがんばって
もらわにゃならんわけで、国としてバックアップしている、と思ってよい。

 ただ、冒頭のCMには、ウソとはいえないまでも、大げさ紛らわしい
JAROに文句を言いたくなるようなフレーズが含まれているように思える。
次回は、その辺(特に、値段)を書いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットサーフィン

 先日、お気に入りのページを書いたが、
私は、半端な時間があれば、ぼーっとサイトめぐりすることが多い。
たまーに面白い記事にでくわして、思わぬ時間がたってしまうことがある。
今日は、そんなネットサーフィンのネタ。

 スタートは前にも紹介した菊池氏のkikulogから。
ここは、ニセ科学ネタが豊富で、時々見回っているサイト。
そのニセ科学の中に、「ゲーム脳」ってのが紹介されていた。
 森教授とかいう人が、TVゲームが子供の脳に与える影響ってのを
調べた研究で、まぁ、なんだ、非常にお母様受けする内容である。
思い切りはしょっていうと、ゲームばかりしてると脳が悪い状態になるよ、って
ことらしい。
 ところが、この研究が非常に、いい加減というか、でたらめというか、、
一般大衆に受けたいがために勝手に言ってるだけという感じで、
ぜんぜん科学的じゃない、つまりニセ科学なわけ。

 ところが、パンピーには科学がどうとかわからん。(ぉぃ)
公的な機関から、森教授に講演の依頼があったりして、
ぜんぜん科学的でない「ゲーム脳」説が広がっていく。
それを止めようとしてる人もいて、フリーライター?の川端氏もその一人。
川端氏のサイトは、kikulogから飛んでみつけた。

 さらに川端氏のサイトから、ゲイムマン氏というこちらもフリーのライターさんで、
ゲーム脳を批判してる人のページに飛べる。このサイトは、ゲーム脳徹底検証として、
あの「と学会」山本弘氏の意見だとか、精神科医の斉藤環氏の意見がのってる。
(森教授の「ゲーム脳の恐怖」は、トンデモ本大賞で次点になったらしい)

 さらに、ネットサーフィンは続く。
ゲイムマン氏のページの中に、ゲーム業界ニュースのページがあり、
そこでは森氏の講演の記録や、講演の記録がアップされているページが紹介されている。

 で、こっからがオチ。
その、講演の記録がアップされているページの一つに、リアル友達である、
ほとりさんの結婚ネタがのっていたのだった。

 いや、ネットサーフィンしてて、ここまで身近な人が出てきたのは初めてだ。w
ぜんぜん関係ないとこからスタートして、ぜんぜん関係ない話題でサイト回って、
身近な友達の結婚ネタみれるとは・・・

 匿名だからわかりにくいけど、実は案外ネット世界って狭いのかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

当ブログでは、、

 当ブログでは、スパムと思われるトラックバックは、
見つけ次第削除いたしますのでご了承ください。

 いや、何件かうっとうしいのあったから、一応、ね。
削除するかどうかは、私の主観・・・っていっちゃまずいかな。
 まぁ、ブログの記事と関係ないものはもちろんとして、
たとえ関係があったとしても、あからさまに商品の宣伝なのはパス。

 ココログの設定である程度うまいことやってくれてるんやろうし、
うまいことやることもできるんやろうけど、いまいちよくわからん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご妊娠中の心得

 この日は嫁&嫁の母と、中山寺に行ってきた。
詳細は、こちら。(まったり妊婦生活

 さて、いろいろもらったわけだが、「御妊娠中の心得」なる小冊子が入っていた。
お寺さんなもんで、信仰の大切さとか、色々書いてあった。

 人の悪口を聞いてはならんし、言ってもいかん、
妊婦の精神状態をよくするよう、周りのものも心がけるべし。

うんうん。心がけましょう。しかし、一つだけ強烈にインパクトのある項目が、、

「眼:悪いものは見ないこと。火事、変死体等、悲惨なものは一切みないように」

 ちょww・・・、、、ってなもんである。
フォローしておくと、ここまで変なのはこの項目だけである。
いや、他にも耳障りな音を聞いてはいけないとか、
どうやって注意しろってんだ、ってもんもあるにはあったが、
全体としてはまともだと思うが、、、あまりにこの項目がキてるので、
やむを得ずネタにすることにした。w

 文体がやや古い感じを受けたので、長いこと改定されていないのだろう、
にしても、日常で変死体をみるような時代って・・・戦時中か?
いや、それにしてもおかしい・・・うーん。わからん。
 腹帯の付属品で、ページ数も多く、字も小さいので、
おそらく9割以上(勝手に推測)の妊婦は読んでもいないだろうが、
・・・誰か突っ込みいれてもよさそうなもんだ、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば、、

 投稿時間テストの結果、発表してなかった。

テストしてみた結果、現在はきちんと時間になるまで隠されているようだ。
(いや、それで当たり前なんだが。)

 こないだのあれはなんだったんやろう・・・わからん。
まぁ、正常に動作してるならよしとしとこう。

 (一応)毎日更新しているが、このココログは変なとこがあって、
改行するときには「Shift」を押しながら改行しないと、改行が2つ入ってしまう。

 たとえば

こんな風に、

なってしまう。
最初見たとき、えらい行間広いなと思った
Shift押しながら改行押せば大丈夫なのだが、
全然関係ない日常でも、Shift+Enterが癖になりつつある。

 今日の夜、義母が来る予定。1週間仕事してへろへろな私だが、
今週末はいろいろイベント。正直疲れてるんだが、そうも言ってらんないし。
さすがに、ブログは更新できなさそう。また、後から書くかも知れないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に・・・

 久々に、実家に顔を出してみた。

 結婚してマンションに住んでいるが、実家までは車で10分かからない。
にもかかわらず、あまり頻繁に顔を合わせることはない。
実家の親がうちのマンションに来たことは、この3年で1度きり、、
というか、引越しのときだけである。

 こちらから実家に顔を出す頻度は・・・2ヶ月に1回くらいか。
別に仲が悪いわけではないが、私は放置される傾向にある。w
嫁・姑の仲も悪いわけではないが、母は、息子夫婦にはかかわらない方が
よい、と思っているようだ。自分が苦労したからか。

 で、2ヶ月ぶりに実家に帰ってみると、、
向かいの家がなくなって、更地になっていた。
一ヶ月ほど前にきれいになったらしい・・・。

 さらに、車庫に見慣れない軽自動車が止まっていた。
代車?と思ったが、母の新車だった。

 ・・・ははうえさま、ほったらかしでも一向に構わんが、
最小限の近況報告ぐらいあってもいいんじゃないでしょうか
・・・

 子供ができたら、また状況は変わるかもしれないが、
今のところ、我が家は平和である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンク・リンク

 今日は、私が良く見回っているサイトの紹介。
(というか、ブックマークのリンク集に近い)
ここにまとめておけば、会社のPC自分のパソコン以外からもサイトめぐりできる。

 私はもともと将棋好きだが、このサイトに出会ってから、よりディープにはまった。
渡辺明のブログ。現在、竜王というタイトルを保持している若手棋士のブログ。
21歳にしてすでにトップ棋士。しかも子持ち。(とてもそうは見えないが)

 ここのサイトはあちこち将棋リンクはってあるので、その意味でも便利。

 学生時代から、よく見ているサイトとして、「水商売ウォッチング」。
学校のPC自分のPC以外からでも、「水商売」でぐぐればあっさり出てくるので、
愛読している。(ここでいう水商売は、普通の意味ではないので注意)

 で、水商売ウォッチングの主催者、apjさんのブログが、
事象の地平線。現在は山形大学で助教授をやっておられる。
(私が学生だったころは、阪大VBL所属だった・・・はず)

 水商売ウォッチングが色々あってお茶の水大から追い出された際、
一時的に阪大のサーバにサイトを移動したことがあり、
そのときに名前が出てきたのが菊池誠(教授だったと思う。)氏。
物理学者なんだけど、疑似科学(ニセ科学)ウォッチャー、だろうか。
kikulog。とくに、水からの伝言のネタが多いブログ。
 実は、菊池誠氏の名前は、これ以前から知っていた。
菊池氏は「と学会」(会長:山本 弘氏)所属で、
私はと学会の本を何冊か読んでる。愛読書のひとつだな。
前述のapjさんも、(いつのまにか)「と学会」に入っていた。

 学生時代は、結構近いとこにおったはずだが、
もちろん面識も何もない、ただのファン(しかも書き込んだこともないROM)である。

 知らんとこで色々つながりがあったりする。
と学会会長の山本弘、って実は、高校時代によく読んでた作家(?)。
もっとも、分野は思い切り違ってて、ゲーム関係の本やったけど。
(現在は、グループSNEの「社友」。わかるひとにはわかるだろ。)

 あと、(一応)環境系の学生やったもんで、それ関係のリンク。
国連大学副学長なんて大層な肩書きになってしまった、安井至氏のサイト。
市民のための環境学ガイド」(環境ブログもこっから飛べる。)
環境リスク論のパイオニア、中西準子先生(今は肩書きわからん。(スマソ))の
中西準子のホームページ」(今は訴えられたりしてて色々大変)

 ってこのあたりは環境系やった人間なら基本かも。
私は、どちらのホームページのそれぞれ独自に見つけたんやけど、
専門はまったく違うはずのapjさんは、どちらにもつながりがあったりする。
世間は狭いっていうのか、これ。

 あとは個人的なものばかりなので省略。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投稿時間の落とし穴

 昨日は投稿時間を偽ってみたが、今日の日付はあっている。
今日も朝、遅めなので今のうちに更新・更新。

投稿時間の偽装、実は完璧じゃなかったようだ。
というのは、4月11日1:00公開予定の記事が、4月10日にみれたから。orz

 普通のトップページからは見れなかったはずだが、
なぜか、4月8日(これも時間偽装の記事)から、カレンダーで11日に飛べた。
謎だ・・・。ココログ。いま、メンテにメンテを重ねてわけわかんなくなってるっぽい。

 というわけで、本日、もう一回テストをしてみる。
明日付けの記事をアップしたときに、どこから見れるか確認。

 私はシフト制の仕事をしているが、
今週のシフトはすべて午後8時あがり。ちょっと厳しい。
これは原因があって、先々週に風邪をひいた際にシフトをいじってもらって、
3日連続、午後2時あがりという緊急処置をとったため。そのしわ寄せが今週にきてる。
今週は月の半ばということもあり、特に差し迫った仕事はないが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初の・・・

 昨日、初のトラックバックを送ってみた。

基本、誰も見てないブログとはいえ、読み手を無視しているとはいえ、
ブログである以上、誰かに読んでもらいたいのも事実。
まぁ、読んでくれたからといって何が変わるわけでもないが。

 さらに、初挑戦だったのが、投稿時間を偽ること
じつは、4月8日の記事は、10日の朝に書いている。(笑)
8日は色々あったあと、家に帰ってすぐ寝てる。書く暇なんてない。
さらに、この記事も、実は10日の朝に書いている

 こういう姑息な手を使いながら、毎日更新を装っているわけである。
10日の朝は11時出勤のシフトだもんで、時間が余ってた。
おそらく、11日は帰ってもへろへろで書く気なんかおこらんだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文体

 ごく一部の例外を除き、誰も見ていないブログをはじめて1週間。
なんとか、(ほぼ)毎日更新できている

 このブログは、私にしては文体が固い。
こんなに固い文章書いたの久しぶりじゃなかろうかと思った。
結婚してから、(というか、嫁と付き合いだしてから)少し性格が丸くなり、
それに伴い、文章もやわらかく(?)なっていた。

 で、なぜに固い文章かというと、本来の自分の姿だと思うから。
やわらかい文章もいいけど、それだけだとどうも、自分が馬鹿になったように感じる。
まぁ、場所によっては馬鹿やっててもぜんぜん問題ないんやけど、
そろそろ30に手が届こうというのに、甘い文章ばっか書いててもなぁ、と。
ふと思ってみたから。

 ただ、まだなれないので表現が混じる。(苦笑)
気がつけば、後で修正をかけたりしてる。

 とはいえ、他で書く文章とのギャップはすごいかも。
話題は固いのもあればやわらかいのもあるんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日も仕事

 仕事についても、ここには書こうと思ってる。
まぁ、愚痴にしかならんことも多々あるんだけど。
調剤薬局の制度とか、診療報酬、医薬分業とか、思いつくことを書いておきたい。

 もともと、私の職場は「調剤併設型のドラッグストア」
最近は増えてきたように思う。ドラッグストアの奥のほうに、
処方箋受付のコーナーがあるタイプだ。

 処方箋を受け付ける薬局としては、他に調剤専門の薬局がある。
(若干、商品をおいていたりするが、あまり力はいれてない。)

 仕事としては、ほぼ調剤オンリー。たまに普通のお客さんの相手することもあるが、
会社として、調剤部門と販売部門は完璧に分かれてるので、(しかも仲が悪いらしい
私は、販売の方の研修(勉強)はほとんど受けていない。
 せいぜい、商品がどこにあるか案内できればいい方。
詳しい内容ったって、知らないし。この辺は大いに勉強する必要があるんだが。

 で、うちの店は販売部門の方に薬剤師をおいてない。(ぉぃ)
ドラッグストアには、店全体として薬剤師がいれば(法律的には)問題ないから。
でも、普通の一般薬に詳しい薬剤師って(うちの店には)いない。
 もちろん、効能・効果はわかるし、注意事項とかもわかるんやけど、
はっきり言うと、そういうのは薬剤師じゃない、販売の人間の方が詳しい。
(というか、お客さんへの説明がうまい。薬剤師はつい専門用語言ってしまう。)

 処方箋はずっと受け付けているが、近所の病院・医院は日曜日休み(当然)
でも、販売の方は年中無休をうたっているので、店はあけなきゃいけない。
すると、処方箋も(ほぼ)来ないのに、販売のことをよくわかってない薬剤師が、
店に出なきゃいけないって状況になる。

 いや、実は去年の今頃までは、処方箋が来ない日は、薬剤師いなかった。
ところが、保健所からの監査が入って、問題点と指摘された。(そりゃそーだよ。)
で、仕方なく日・祝も勤務することになった
 まぁ、シフト制やから月1回くらいの日曜勤務なんやけど。

 もうちょっと、会社にしっかりしてほしいってのが本音やなぁ。
処方箋が来なくても(私には)仕事が山ほどあるんやけど、
他の薬剤師が日曜に入ると、何をしていいかわからん状態になることもあるらしい。
販売の方の責任者が出勤の日は指示を仰ぐこともできるんやけど、
向こうとしても何も知らん薬剤師は扱いに困るだろう。

この店を会社がどうしたいのかっていうビジョンが見えてこない。
というか、考えてないだろとしか思えない。orz

 まぁ、給料払ってくれるんだからいいけどね。(それが本音。)
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋トレが必要?

 8時まで仕事した後、友人(かぐら&ほとり)宅を訪問して一緒に食事。

 かぐら氏が3月まで超・激務な地方公務員だったので、しばらく会ってなかった。
ちなみに、4月から先生として働いている。私の母校で。(なんか複雑。)
ほとりさんが、しばらく実家に帰るというので、2月に生まれたばかりの長男、
奏良(そら)くんにご挨拶に行ってきた。

かぐら&ほとりの育児ブログはこちら。
神楽之森別邸 http://keiteian.blog52.fc2.com/

 そらと会うのは1ヶ月ぶり、というか、前に会ったのが生後4日くらいで、
当時はまだ名前も決まっていなかった。
 久々に抱かせてもらったが、前とはかなり様子が違っていた。
前のときは、ひたすら寝てた、、んで、泣くときは全力で泣いてた。
今回は、ご機嫌だったり、不機嫌だったり、泣く以外の感情がみてとれた。
・・・何よりも重くなっていた。(たかだか5kgなんだが。)

 実は、少し筋肉痛である。私もあと5ヶ月もすれば自分の子供を
だっこせにゃならんのだが、それまでに筋トレしといた方がいいかも知れない。

 だっこして歩くこと10分ほど。そらはなかなか寝てくれない。
なんとなく口ずさんだのは、あの「冷凍みかん」。
さすがに、(おなかにいたころから?)音楽の好きな子だけあって、
(いったんは)ねついてくれた。この子が大きくなったときに、
冷凍みかんが音楽史に残るような曲になってれば面白いと思った。
大きくなったらネタにできる。(笑)

 さて、そらはご機嫌だったように見えたが、
嫁によると一番ご機嫌だったのは私だったようだ。(笑)
まるで孫をみるおじいちゃんのよう、といわれた。あたってるかも。

 次に会うときは、もっと大きくなってるだろうし、
もっと感情豊かになってるだろう。正直、かぐら氏がうらやましい。
実際はいろいろ大変なんだろうし、半年後は自分の番だとわかっていても。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冷凍みかんが・・・

 こないだここに書いたばっかりの冷凍みかんが、
いきなりブレイクの予感。。あちこちのメディアがとりあげてるし、
テレビでも紹介されるらしい。

 音楽に限らず、自分が先に目をつけたものが、
後から大きくなってくるのはうれしい。
といっても、今回はほんのタッチの差なわけだが・・・。

 今日は疲れてるのでこんなもので。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイアウトを・・・

 レイアウトをいじってみた。

 初期設定のままでは、文章を書くスペース(つまり、ここ)が狭いのが気になってた。
文章メインでやる以上、ここのスペースは広いほうがよい。
いや、改行しなければうまいことスペース使えるんやろうけど、、
なんかね、、もう、改行するのが癖みたいになってる。w

 結構、苦戦した。(苦笑)
テンプレートをいじるだけで何とかなるかと思ってたら、
このテンプレートはリッチテンプレートなるもので、
新規にテンプレートを作成しなきゃ、レイアウトもいじれないっぽい。

 ところが、最初にどのテンプレを選んだかなんてしっかり覚えてないもんだから、
同じテンプレを探すのに一苦労・・・。1時間もかかっちまった。orz

 右のサイドスペースに表示させるものも若干減らした。
・・・一番消したいのは「ココログからのお知らせ」なんだが、
なんか、うまいこと消せない。くそう。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近頃気になっている曲2

 昨日の続きで音楽の話。

 3月の有線お問い合わせランキング1位
(たぶん、ぶっちぎりじゃないか?w)
オオタスセリの「ストーカーと呼ばないで」
インパクトだけの曲やけど、、
インパクトだけなら今年No1確定!と言い切っていいと思う。
試聴はここ。videoがオススメ。
あまりの内容に放送を控える
ラジオ局もあるらしい・・・。(噂)

ストーカーと呼ばないで あなたが好きなだけ

 こんなん、まともなアーティストが出す訳ない!
と思ったら、案の定、芸人らしい・・・。
初めて聞いたときの衝撃はすごかった。

通勤電車でひとめぼれ。後をつけて家を割り出し、
毎日手紙を書いて、(無言)電話して・・・
最後は警察につかまって終わり。
 こう書くと悲劇やな。w

 次は、頭の中で回る曲。(これも今年イチかも)
4月に入ってから流れ出した「冷凍みかん」

「冷凍みかん 冷凍みかん 冷凍みかん 4個いり」

 スーパーの果物売り場で流れてることもあるらしい、
いわば、「おさかな天国」系。みかんだけあって、
静岡県で大ブレイク中だそうな。

 歌ってるのはGTPという3人組らしい。
GTPと聞くと肝臓とかお酒とか考えるのは職業病か。
(正式には、γGTPやね。)
 名前の由来は、公式サイトへどうぞ。
冷凍みかんの試聴も(少しだけ)あります。ちなみに、
冷凍みかんは、今日、4/5リリースです。(宣伝)

 最後に、ひさびさに聞いた曲から。
「ははうえさま」

「ははうえさま お元気ですか?」

 そう、アニメ一休さんのエンディングテーマ。
これをわざわざカバーしたアーティストがいる。
これも最初、有線で流れたときはびっくりした。
「誰がこんなもんカバーしたんだ!!」てなもん。
 調べてみると・・・ビリケンでした。なんか納得。w
過去の名曲をラップ入りでカバーしてるグループ。
 「なごり雪」で有名になったのは3年前かな。

しっかし、、、ははうえさまやってくれるとは・・・。
なんか、ありえない場所でありえない人に出会った
ような衝撃を受けた。

 ・・・他に書いときたいアーティスト(ミドリカワ書房とか)も
いるけど、長くなりすぎるのでこの辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近頃気になっている曲1

 今日は、音楽の話。ブログを書くことを決めたときから、
この話題だけは入れようと思っていた。
 私の職場には有線が入っていて、ずっと音楽が流れている。
忙しい時はそんなもん聞いている余裕はないのだが、
余裕のある時は、何の気なしに聞いている。

 だいたい、誰のなんという曲かはわからない。
後で、歌詞でぐぐったり、チャートやらで調べることになる。

・・・でも、忘れてしまう。ので、忘れないうちにここに
書いておく。(笑)

 去年~今年の初めにかけてかかりまくった曲に、
Navy&Ivoryの「指輪」という曲がある。
約束します 君を残して 僕は死ねません
 かなりインパクトのある歌いだし。最初聞いたときは、
できねー約束すんじゃねーよ。とか思ったもんだ。
 でも、まぁ何度聞いてもいい曲。うん。
ちなみに、去年の日本有線大賞新人賞。
年間お問い合わせランキング1位、だそうな。
もう2,3曲ヒットすれば一気にブレイクする?かも。

 次に紹介するのは、今年の2月くらいから流れてる曲で、
工藤慎太郎のデビューシングル「シェフ」
一生懸命やることさえも 汗水たらして働くことも
 馬鹿にされてしまう世の中だから 人は素直になれなくて

 そんな世の中いやだなぁ・・・じゃぁなくて。
すごい、いい声してます。歌詞もいいし、一時代前の歌って
感じやけど、それがまたいい。
 今までのところ、今年のイチオシ。
 ただ、、サビのメロディーが、「関白宣言」(さだまさし)
とかぶるのは私だけか??

 3月のお問い合わせランキング2位。

 3月のお問い合わせランキングからついでにもう1曲(4位)
ファンキーパンキーの「LOVE09」(ラブオーナイン、と読む)
甘い 甘い 甘い この想い届かせてよ LOVE 09
遠い 遠い 遠い あの人に手を伸ばせど LOVE 09」
 

 前述した2曲と違い、こっちはロック。
私の好み、自分でもよくわかりません。

こっちはもう、歌詞なんてどうでもよくって、(ぉぃ)
とにかく、ノリがいい。はい。かなり。

 ただ、他の曲は聞いてみたけどあんまり・・・。
私は、アーティストよりも曲単位で好きになること多い。

 このアーティストのこういうところが好き、、とか
そういうのはあんまりなくって、、
ただ、自分の感性に合うか合わないかだけ。

 私は相当理屈っぽい理系人間だけど、
音楽に関してだけは理屈抜くことにしてる。

他のところでも理屈抜いた方がいいのかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

メインバンクは・・・

 私は、あまり現金を持ち歩かない主義である。

といっても、クレジットカードを持ち歩いているわけでもない。
学生時代、何度か財布を落として痛い目にあっているし、
何よりも、普段、そんなにお金を使わない

 財布の中がきっちり0円になるという、
普通の人はまずしないであろう体験もしたことがある。
念のため断っておくが、特に貧乏というわけではないので注意。

 今日は、お昼ごはんで最後の1000円札を使ってしまい、
残り700円ほど。原付のガソリンは残ってるし、

明日のお昼代くらいあるから、まだお金おろさなくても大丈夫。

 ・・・と思っていたら、、、

 仕事が異様に長引き、夜9時に。
へろへろになって嫁に電話したが、なんと彼女もまだ仕事中。

 しょうがないから、二人分の弁当を買って帰ることに・・・
・・・残金700円なんですけど。orz

 私のメインバンクはS州銀行(地銀)なので、
コンビニでお金を下ろすことはできない。

 ・・・・。まぁ、なんとかするさ。

ほっかほっか亭で、「おかずのみ」の弁当x2、
んでもって、家でご飯を炊く!!!。問題なし!

 へろへろで疲れてるときに米炊きたくなかったけど、
しかたないわな。お金持たなさ過ぎも問題か・・・。

 ・・・所持金が100円を切ったのは、さすがに久しぶり・・・。
都市銀行のカードも持ち歩くようにしようかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何を書こう??

とりあえずブログを始めてみたわけだが、

さて、何を書こう。(ぉぃ)

書くことがないというよりも、今のところ書きたいこと多すぎて、
何を書いていいやらわからん状態。

 基本的には仕事にからんだ内容をメインにしたいんやけど・・・。
他人が読んでどう、とかいうことはとりあえず無視することにする。

そもそも、どこにも宣伝してないしねぇ。

 日記として残すのであれば、世の中のニュースなんかに
コメントつけとくのも、後でみて面白いかもしれない。

 んー、しばらくは試行錯誤ってことで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに

 みながすなるブログというものを・・・

って書き出しで始めてる人結構いるんだろうなぁ。
でもまぁ、そんな心境なんだからしょうがない。

とりあえず作ってみたブログ。
何年か前にホームページも作ったことあるけど、
ネタがつきて放置状態になってる。
果たしてこっちはどこまで続くか・・・。

 いきなり後ろ向き発言やけど、まぁ、気の向くままやってみよう。
たとえ途中で力尽きたとしても、
後から振り返れば面白く読めるだろう
たぶん。きっと。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »