« ワールドカップ2戦目 | トップページ | しつこく・・・ »

決勝トーナメントへは?

 今日も、ワールドカップの話題から。

 昨日は、日本のドロー直後に書いたもので、
オーストラリアーブラジルの結果は入っていなかった。
順当にブラジルが2-0でオーストラリアに勝ち、決勝トーナメント進出。

 日本が決勝トーナメントに進出するためには、、、
色々なメディアでもう言われているが、
「最低でも2点差をつけてブラジルに勝つこと」
可能性は0ではないにせよ、めっちゃ厳しい。つーか、勝てたら奇跡。

 こんな厳しい条件になったのは、、、オーストラリア戦の3失点目が、
やっぱり痛かったってことだ。まぁ、どっちも勝ってりゃそら楽勝だったわけだが。
 2-0でいけるみたいなこと言われてるが、これは最低条件。
この条件を満たして、さらにオーストラリアークロアチア戦の結果次第ってんだから、
とんでもない。今、グループリーグでもっともがけっぷちのチームである。

 ちなみに、オーストラリア側から条件を見ると、、
「1.クロアチアに勝てば確定。」
「2.引き分けでも、日本がブラジルに2点差以上で勝ち、
 かつ、総得点で日本に上回られなければ決勝進出」
 もう、2番目の条件はこう近似してもいいだろう。
「2’引き分けでも確定」(オーストラリア国内ではこういわれてるだろう、たぶん。)

 クロアチア側から条件をみると、
「1.オーストラリアに勝ち、かつ、日本がブラジルに勝った場合に、
  得失点差で日本を上回ること。」
 これでも、乱暴に近似できそうだなぁ・・・。w

 さて、他のグループでもがけっぷちなチームがいる
グループD3位のアンゴラの条件は、
「イランに勝ち、かつメキシコがポルトガルに負け、得失点差で上回ること。」
 アンゴラ、メキシコの得失点差の差は3点だが、お互いの相手が相手だけに、
まだ可能性はある方じゃなかろうか。

グループE4位のアメリカの条件は、
「1、ガーナに勝つことが最低条件」で、その上で
「2、イタリアがチェコに勝てば決勝進出」ほかにも、
「3、イタリアーチェコが引き分けの場合、チェコと得失点差の争い」もしくは、
「4、チェコがイタリアに勝った場合、イタリアと得失点差の争い」
 アメリカは得失点差がー3なので、3,4は厳しいが、
1,2を満たすことはそんなに難しくない。アンゴラよりも楽な条件だ。

グループG3位のフランスの条件は、
「1.トーゴに2点差以上つけて勝てれば決勝進出」
「2.1点差で勝った場合は、韓国ースイスの結果次第。
   引き分けの場合は、韓国との総得点勝負。
      どちらかが負けた場合は、負けた方との得失点差勝負」
 がけっぷちにはほど遠いな、この条件。トーゴは最弱に近い相手だし。

 というわけで、今日の結論。
今現在、決勝トーナメントの可能性が残っているチームの中では、、、

日本が最もがけっぷちである。



 追記 

ここまでは、H組の結果を見ずに書いていた。
グループHではサウジアラビアがウクライナに惨敗を喫したため、
サウジの(最低)条件は「スペインに3点差以上で勝つこと」
これは、日本と同じくらいのがけっぷちだ。w
 しかも、上記の条件は、ウクライナがチュニジアに負けることが条件。
ウクライナがチュニジア勝つと無条件でアウト、
引き分けなら、サウジは「スペインに4点差以上で勝つこと」・・・。
 こりゃ、日本以上の厳しさだな。最もがけっぷちは、サウジに譲ろう。w

|

« ワールドカップ2戦目 | トップページ | しつこく・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/10600503

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝トーナメントへは?:

« ワールドカップ2戦目 | トップページ | しつこく・・・ »