« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

さらに痛い

 先日、虫歯を抜いて痛い目をみたとこだが、
実は昨日からもうひとつ痛いところがある。

 脇に、小さなできもの?ができている。
できている、というが、実は結構な昔(少なくとも10年以上)から
脇の中に小さな突起物があったんだが、
最近、これが大きくなってきて、服にこすれて痛い。
 3mmくらいしかないんだが、しっかり神経も通ってるので、
結構痛い。これもなんとかせにゃならんなぁ。
放置してもなんてことはないんかも知れんけど、
とりあえず、気になるくらいは痛いし・・・。

 もう、ぷちっととっちゃった方が早いような気もするが、、
それも結構痛そうだ。うー。病院さがそ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お薬手帳その1

お薬手帳」なるものを聞いたことがあるだろうか?
今年4月の診療報酬改定により、急にクローズアップされた。

 まず、患者さんに「お薬手帳」を交付する。(手帳本体は無料)
その手帳に、調剤した薬の内容・注意事項などを記録していく。
でもって、他の医療機関にかかる時にもっていってもらって、
薬ののみあわせなどを確認してもらう。
 また、万一副作用やアレルギーが出た場合は記録しておけば、
同じ薬がでるのを避けることが出来る。
患者さん自身が自分の薬に関する情報を持ち歩く為の手帳である。

 背景としては、日本ではあまり「かかりつけ薬局」がすすんでいない、
ということがあげられる。複数の病院にかかっても、一つの「かかりつけ薬局」で
すべて薬をもらっていれば、のみあわせや重複なんかはチェックがかかるのだが、
それぞれの病院のそばの薬局(通称、門前薬局)で薬をもらうと、
重複やのみ合わせが確認しにくい。
それじゃ、医薬分業のメリットが少なくなってしまう。
 ということで出てきたのが「お薬手帳」なるものだ。

 この「手帳」、本体は無料だが、薬局が手帳に記録するときに15点(150円)
かかっている。(負担割合によるが、10円~60円かかる。)
案外、知らない人も多いのではなかろうか。
 うちの薬局ではお金がかかることを説明するが、そうすると、
「いや、他の薬局ではタダでやってくれたで。」との御指摘があったりする。
かけてもいい。それは裏でこっそりお金取ってるはずだ。
領収書発行が義務付けられたとはいえ、どこが「手帳代」なのかわかんないし。

 金がかかるんならいらんわ、という人はきっぱり断ったらよい。
うちの薬局でも(会社の方針で)お薬手帳を推進しているが、
明らかに必要なさそうな人には勧めないことも多い。
 例えば、身体を痛めてシップだけ、とか、消毒用の塗り薬だけ、とか。
外用薬でのみあわせが問題になることはほとんど無いし。
 もう一つ、人に知られたくはないであろう病気の時も、あえて勧めない。
いや、記録とっておきたいといわれれば手帳あげるけどさぁ・・・
若き日の性病の記録なんて、無いほうが良くないか?w

 逆に、もっていて欲しい人もいる。複数の医療機関にかかっている人だ。
また、いつどんな病気になるかわからないお年寄りのかたも、もっていて欲しい。
「手帳はいらない」とか言いながら、自分がどんな薬をのんでるか知らない人も多い。
薬の名前って、結構みんな覚えてくれないんだよね・・・。

 のみ合わせを確認しなきゃいけないので、初めての患者さんには必ず、
「他にのんでいる薬は無いですか?」って聞く。
「血圧の薬と、糖尿の薬と・・・」って答えてくれるけど、
薬の名前までしっかり言える人は稀だ。
 そりゃ、あなたが飲んでる薬が本当に血圧の薬だったら問題ないよ。
でもね、中には「血圧の薬」といいながらぜんぜん違う効果の薬かも知れないわけよ。
「胃薬」とかいいながら抗癌剤だったりすることもあるわけよ。
「甲状腺の薬」が、実は糖尿の薬だったりしたりすることもあるのさ。
「血液をサラサラにする薬」っていっても、ワーファリンバファリンじゃ
ぜんぜん違う薬で、注意しなきゃいけないこともぜんぜん違うんだってば。

 というわけで、自分の薬の名前を覚えられない人は、お薬手帳をお勧めします。
金がもったいない!」って人は、自分で手帳を用意して、自分でメモっても可。
というわけで必要な人は手帳持ってください。
そのほうが、安全にお薬を服用できます。

・・・決して、150円/回のお金が欲しいから言ってる訳ではないよ。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火の季節

 ようやく、雨もさり花火の季節になった。

 今日は、岸和田の花火をマンションの廊下から鑑賞。
そーとー小さいし、音は30秒ほど遅れてくるが、
障害物がないのでけっこうちゃんと見れた。

 毎年、結構花火をみてる気もするが、
実は間近でみたことはほとんどなかったりする。w
たいてい、音が激しく遅れてる場所の花火やなぁ。
 近くでやってくれたらいいんだけど、
和泉市は予算がないのかどうか知らないが、花火やってない。

 PLの花火もそろそろ。これもうちから見える。
一回くらいは間近でみてみたいけど、すごい人だろうからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜日の気分

 昨日が休みだったこともあり、今日は月曜日な気分だった。

 ・・・それよりも、今週は日曜日も出勤で、
来週の木曜日まで休みがないから、よけいに月曜日の気分なのかも。w
うう、ひさびさの日曜出勤だ。

 今日は比較的平和に仕事が終わった。
帰りに歯医者によって昨日抜いたとこの消毒。
特に問題なかったようだ。

 他に気になっているところもない、というと、
そこまでで治療終了となった。あれ?もう虫歯ないのか?w
ま、いっか。痛くなったらまたいこう。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抜歯

 今日はいよいよ抜歯・・・。

 あっさり抜いてもらいました。変な汗かいたけど、たいしたことはなかった。
麻酔きいてる間にがりがり、ぐりぐりって感じで。

 親知らずとはいえ、別にひねくれた生え方をしていたわけでもなく、
ただ虫歯だっただけ。なので、普通の抜歯とさほどかわらなかったみたい。

 ・・・とはいえ、歯を抜くなんて小学生以来の話やもんなぁ。
麻酔がきれてきたらジンジンと痛みがあったが、
いまのところ、もらった痛み止めでおさまっているよう。
血がなかなか止まらない方がつらいな。

 口の中に空白ができて、ちょっと変な感じ。まぁそのうち慣れるんでしょう。
詰め物がとれていた右の歯ももう一度うめてもらった。
不思議なもんで、詰め物がうまったら痛みはなくなった。
・・・虫歯はあるはずなんだけどなぁ。なぜ?
歯に穴が開いている状態が痛かったのかも。
 どうせだから、悪いところは全部なおしてもらおう・・・。いやだけど。

 今日、一番びっくりしたのは、歯を抜いて薬を出してもらっても、
初診よりも安かった。お金間違えてないだろうなぁ・・・。これ。
抜歯ってそれほど高いわけじゃないのかな。
 簡単に調べてみた感じだと・・・安いわ、これ。w
初診料の方が点数が高いと思われ。歯医者さんも大変だ。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑

 今日は暑かった・・・。

 長かった梅雨もようやく終わりか?といういい天気だったが、
その分あついあつい。

 あまりの暑さに、「やっぱり雨のほうがいい」とか言った人もいた。w
いや、気持ちわからんでもないけど私は雨はイヤだ。
職場では冷房が効いてるものの、、
午後3時~6時くらいが、冷房をものともしない暑さになる
天井から熱か伝わってくるのかなぁ・・・。

 明日は待望の休み。歯医者にいく予定・・・。
明日休めば、次の休みは来週の木曜日。うー。きつい。
ゆっくり身体を休めないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医薬分業その3

 一番書きたかったことは前回でやってしまったが、
他の視点から眺めてみることにする。

 医師が処方箋を発行して、薬剤師がそれを調剤する。
ということは、薬剤師が医師の処方をチェックする。
それが、医薬分業の一番重要な点だ、と前回書いた。

 そのため、医師はチェックされているという自覚をもって処方するよう
になり、無駄な治療や必要でない治療を減らすことになる。

 全ての医師が、常に慈悲の心をもって、医は仁術、、と実践していれば、
そもそも無駄な治療なんか発生しないんだが、必ずしもそうとは言えない。
いや、悪徳医師が多いという気はないが。

 院内で薬を出していると、少なくなったとはいえ薬価差益が発生する。
つまり、「薬を出せば出すほど儲かる」仕組みになっているわけだ。
医師と薬を切り離せば、気持ち的には医療費が減ることが予想できる。
また、わずかな差ではあるが、あまり大量に薬を出すと
処方箋発行料が減額されるというペナルティも効いてくる。

 この点でも、医師と薬を切り離すことが大事になってくるわけだ。

 他に医師側のメリットとしては、薬の在庫を気にしなくて良くなる。
処方箋を出さないと、治療に使える薬は自分のところで持っている薬に限られる。
処方箋を出せば、在庫を気にしなくてよいので好きな薬を使える。
実際は、調剤薬局側の在庫の問題もあるので、完全に自由というわけにはいかないが、
それでも自分のところで出すことを考えれば、はるかに自由が利くだろう。
(ちなみに、うちの近所の先生はこのメリットを最大限に使っている・・・)

 他には、複数の病院にかかった場合、のみあわせも簡単に確認できる。
単純に重複することもあるし、(あっちでもこっちでも風邪薬とか。)
相互作用でのみあわせが悪いものが同時に出てないかの確認も、
調剤薬局のほうがスムーズにできる。

 ちなみに、のみあわせの確認の為には、
行きつけの薬局を一つに決めておいたほうが良い。
いわゆる「かかりつけ薬局」というやつだ。
あっちの病院でも、こっちの病院でも、いつも病院の前の薬局で薬をもらっていると、
のみあわせの確認がもれることも考えられる。
 もっとも、最近は「お薬手帳」が推進されているので、
それでのみあわせが確認できるのだが。手帳の話はまたいつか書きたい。

 他には、、、患者さんが気軽に薬のことを聞ける環境になったと思う。

 私が子供の頃は、薬は「もらうだけ」のものだった。
薬局では、薬は出すだけ・・・ってのは考えにくい。
ごくたまに、「説明は医者から聞いてるから余計なことを言わなくていい!」
と説明を拒否する患者さんもいるが、、、まぁ、少数派だ。w
 病院の中で出しているところでも、薬局に負けじと情報提供をするようになったし、
お薬相談コーナーとか設置しているところもある、、が、
それでもそれだけを専門にしている調剤薬局には劣るだろう。

 患者さんにとっては、(人にもよるが)医師よりは薬剤師の方が聞きやすいようだ。
特に薬のことは、薬剤師の方が詳しい(怖いけど断言してみる。w)し。
医師とは少し違う角度からアドバイスできることもあるかもしれない。


 と、3回に分けて書いてみたが、医薬分業のメリットは非常に大きい。
薬局側の人間が書いているんだから当たり前かもしれんがw、
患者さんにとっても、少し面倒でも、少し余計にお金がかかっても、
処方箋を出してもらったほうが、メリットが大きいということだ。
 いろいろ書いてきたが、一番のメリットは「安全・安心」だろう。
パーフェクトではないにしろ、ダブルチェックがかかる体制で、
薬のプロであるところの薬剤師から薬を出すほうがよい、ということである。

 医薬分業については、ここで終わり。また気が向いたら書くかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実は結構・・・

 実は結構、歯が痛い。

 歯医者に行ってから?というか、歯の詰め物が取れてから、
どうやら虫歯ができたようである。早!

 歯にでこぼこが多いと、どうしても歯ブラシが届かないところが多く、
なかなかうまく歯磨きできない。
なんか、右下のほうがいたいなぁ、と思って鏡で見てみたら、
微妙に黒くなっている。むぅ。

 左上は仮に処置してもらっただけなので、かむとやっぱり少しは痛いし、
右下は穴が開いてるし、ずきずき痛むし。
いったい、どこでかめばいいんだよー。

 歯医者は今週の木曜日の予定。
一応詰め物もっていくけど、新たな虫歯発覚で、事情がかわってくるかも。
左上の親知らず(虫歯)も抜かなあかんし・・・。結構時間も金もかかりそうだなぁ。
うー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も雨・・・。

 先週はずっと雨が降っていた。
今日も雨がちらほら。なかなか天気にならない。

 九州では大雨が続いているらしい。
もう、学校は夏休みに入ったというのに、まだうっとうしい天気。

 ひさびさに天気図をみてみたら、、、なんだよ、この前線の位置は・・・。
この時期で、梅雨前線が日本の南ってどういうこと・・・。
何年前か忘れたが、ひたすら雨が降り続けた年があったなぁ。

 もうしばらくは雨が続きそうだ。
涼しくていいんだけど、、、洗濯するタイミングに困るんだよな。
もう、雨はしばらくいらないから、どっか行って欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の

 今日は、昼からお出かけ。

 といっても、遊びではなく仕事。
たまーにある勉強会という名の研修である。
本部が江坂にあるので、たいていの研修は江坂で行われる。

 かなり早めについてしまったので、付近を散歩。
実は、江坂ってかつてのホームタウンでもあり、
若かりし頃(今も若いつもりだけど)の思い出がいっぱいある。

 なにがどう、ってことはないが、結構変わったなぁ、との印象。
やっぱり、街中の風景は変わるのが早いなぁ。
こっちの風景はそうそう変わらないけどね。w

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジダンの処分

 フランスの英雄、ジダンの処分が決定した。

 結局、罰金と出場停止だけ。MVP取り消しとかそういうことはなかった。
マテラッツィにも、ジダンよりはやや軽いものの同じような処分が下った。
けんか両成敗、ってことだろうか。

 ジダンの処分は当然だ。
サッカーというスポーツ、しかもワールドカップの決勝戦で、
あんなアホなことをやらかしたのだから。
マテラッツィに挑発されたとしても、簡単に挑発にのってどうするよ。w

 結局、マテラッツィがジダンになんと言ったのかは、わからなかった。
人種差別的な発言ではなかったことだけは確かだが。
どこにも録音されてないんだから、本人たちしかわからないだろう。
しかも、マテラッツィの発した言葉と、ジダンが受け取った言葉が、
同じとも限らないわけだし。

 FIFAは、マテラッツィも処分の対象にした。
人によっては英断というだろうが、私は先走りじゃないかと思う。
もちろん、何を言って挑発してもよいわけはないんだが、
「あいつがこういった」「いや、言わなかった」なんてのは、
どうやっても、水掛け論にしかならんだろう。

 何よりも、ジダンのおろかな行為は決して許されるものではない。
「ひどいことを言われたら、暴力をふるってもいい」わけはないだろう。
それじゃ、子供のけんかだよ。一流のスポーツマンのすることじゃない。

 何をもって「侮辱・挑発」ととるかは、人によって違う。
何気ない一言を侮辱と受け取る人はどこにでもいる。
ましてや、聞き違いやいい間違いなんてあろうもんなら、
もうわけわかんなくなる。言葉を罰するには、すべてを録音でもしないとね。

 それに比べて、暴力はわかりやすい。
だからこそ、ジダンは退場になったわけで。
一流のサッカー選手なら、絶対に挑発にのっちゃいけないんだ。
なんか、その辺みえてないのかな。みんな。

 私としては、
 「気に入らないことを言われたら暴力をふるってもよい」
なんて、絶対に許せないことなんだけどなぁ。
もちろん、何言ってもいいってわけでもないんだけど。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医薬分業その2

 医薬分業とは何か?

 一般的には、病院が処方箋を出し、それを患者さんが受け取り、
薬局で調剤してもらう一連のシステムのことをさすだろう。

 しかし、本質的な意味としては、「薬剤師が医師にきちんと意見できる」
ということが、医薬分業だ。とかつて講義で聞いたことがある。
処方箋を出さなくたって、病院の中の薬局(薬剤部)に十分力があり、
「この処方はおかしい」と堂々と医師に言える風土があれば、
それは医薬分業できている、ともいえる。

 たとえ処方箋を出していたとしても、病院と薬局が馴れ合い状態で、
病院側にまともに意見も言えないようでは、医薬分業とはいえない。

 最近よく耳にする言葉にセカンド・オピニオンがある。
これは、ある疾患に関して主治医の意見を聞いた後、
(念のため)別の医師の意見を聞くこと、である。
 医師だって(たまには)間違えることもあるし、
最新の知見を知らないことだってある。複数の意見を聞くことで、
患者さんが判断することができる。

 実は、医薬分業は、このセカンドオピニオンと似たところがある。
医師の処方を、薬局がチェックして、おかしな処方があれば、
「疑義照会」という形で、医師に問い合わせする。(これは薬剤師の義務
 つまり、医師の(たまにある)ミスを、薬局がカバーすることだってある。

 現実にはどうか怪しいところもあるが、薬剤師は薬のプロである。
医師よりも薬に詳しい。(言い切っちゃっていいか微妙なとこもあるが。w)
医師とは別の角度から、患者さんの状態をチェックする。
その結果、医師と別の意見になることも、もちろんある。

 わかりやすい例では、何か症状があった(たとえば咳)とき、
医師は病気を疑うが、薬剤師は、副作用を疑うのである。
 実際に、それで医師の処方が変わることもある。
直接医師に言うこともあるし、手紙やFAXで連絡することもあるし、
急を要さなければ間接的に患者さんに言ってもらうこともある。

 薬剤師の一番の仕事は、実は処方箋のチェックである。
ハサミが使えて7の倍数が言えたらよい、なんてのは昔の話。w

 これが、病院内で薬を出す場合、チェックがかからないことになる。
大きな病院の場合はまだマシ。薬局(薬剤部)がチェックをかけるから。
これが町のお医者さんだったりすると、医師の処方がノーチェックで出される。
いや、たいていは問題ないんだけどね。
 万一、医師が勘違いとかしてたら誰も正してくれないってこった。
薬に関して、専門家が一度チェックをいれる。これは結構重要なこと。

 院外処方で処方箋を発行すると、どこの薬局で調剤してもらうかは
患者さんの自由だ。これも大きなポイントである。
病院が薬局を指定することはできない。
 現状、病院のそばの薬局でもらって帰る患者さんが多いが、
それでもある程度は近隣の薬局に処方箋がちらばることになる。

 そうすると、その医師の処方は近隣の薬局すべてからチェックされる。
医師のほうもある程度プレッシャーを感じて欲しいと思う。
自分が普段、何気なく出している処方が、実は薬剤師の目から見たら
おかしいとうつってるかも知れないってことだ。
 その場合、あちこちの薬局から疑義照会の電話がかかってくることになる。
一番近い薬局は医師に対する遠慮もあるから、(あっちゃいけないんだが)
あまり言わないかも知れないが、遠くの薬局は遠慮なしに言ってくる。

 疑義照会しても、「先生がそれでいい」といえば、
よっぽどでなければ、薬剤師側が引くことが多い。
でも、しょっちゅう同じような疑義照会の電話がかかってくるとすれば、
その処方は、標準の薬剤師から見れば、問題がある処方なんだってば。
 それは、おそらく医師が自覚することになるだろう。
隣の薬局だけなら言い含められるかも知れないけど、(ぉぃ)
処方箋出すってことは、常に自分の処方がチェックされるんだ、ってこと。

 実際にあった例としては、
「起床時」に服用しなければならない薬を、「朝食後」で処方した病院があった。
いや、この薬は食後に服用すると効果が少なくなってしまう。
少し遠い病院だったが、疑義照会で電話を入れてみたところ、
「うちのドクターはいつもそうやって出してます」とか言われた。

 そりゃ、もっとまずいわ!

 近所の薬局は何も言わんのか、これで・・・。
かなり厳しく迫ったが、職員が困ってしまったようなので、一旦引いた。
この手の電話って、医師が直接出ることは稀である。
たいてい、間に入った事務員さんが苦労する羽目になる。w

 まぁ、先生がそれでやれっていうんなら、うちとしては何も出来ない。
勝手に処方変える権利はないんだから。
 でも、明らかに間違ってると思ったから、その薬のメーカーのMR(営業担当)に
動いてもらった。「先生のとこに説明にいってきて」。効果はてきめんで、
次回からちゃんと「起床時」で処方してくれた。w

 せっかく、高い金を出して薬をもらうんだから、
一番効き目の高い方法で服用して欲しいわな。

 ・・・ってこんな風に、薬剤師は働いてます。
普段は、ハサミ使ってるだけと思われてるかも知れんけどw、、、
肉体労働者じゃなくて、頭脳労働者なんです。

 医薬分業については、また時間があればもう少し書くつもり。
長くなったので今回はこのへんで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨は続くよ。

 今日も雨だった。

 明日も雨だろう。こう雨が続くとけっこう憂鬱だ。
今年の梅雨は割としっかり雨が降ってるイメージがあるが、、、
もうそろそろ終わってもいいんじゃない?

 先週は暑かったのになぁ・・・。雨も降ってたが。

 ただ、雨が降ってる分涼しいのも確か。
人によっては、「暑いよりも雨ふる方がよい」らしい。

 原付で通勤してる私にとっては、雨は非常にイヤなんだが。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の準備が・・・

 今日は3連休明けのひさびさの仕事。

 ・・・にもかかわらず昼までだったので、w
終わってから歯医者にいってみた。
混んでたら予約だけして帰るつもりで。

「今日初めてなんですけど・・・」
「今ならすぐお呼びできますよ。」

・・・え。い、いきなりか。まぁ、初日からいきなり激しい治療はないだろう。

詰め物が取れた分に関しては、取れた詰め物を持っていなかったため、
後日治療ということに。問題は、左上の歯。

「虫歯で真っ黒になってます。場所が悪いので治療は難しいですね。
 親知らずでかみ合っている歯もないので、抜いた方がいいです。」

 はぅぅ。親知らずを抜く羽目になろうとは。

今日、これから麻酔かけて抜きますか?」

・・・そ、それは心の準備が・・・・。w

 というわけで、次回抜いてもらうことに。
情けない話なんだが、歯医者は苦手である。

 ところで、もともと治療してもらう予定でもなかったので、
会計のときに財布の中身をのぞくと2000円しかなかった。

 初診でレントゲンとかもとってるからやばいかも・・・、
と思ったら1700円なり。(もちろん保険診療)。
よかった、足りた。

 でも、心の準備もそうだが、お金の準備もできてなかったわけで。w

 次回(来週の木曜)に、準備万端にしていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前について5

 嫁は現在、妊娠9ヶ月。

来週の定期健診が終われば、いつ産まれても大丈夫な時期に入るようだ。
いや、こっちの都合もあるから、そうそう早くても困るんだけど・・・。w

 名前について色々考えてきたが、
そろそろ、お腹の中に呼びかけたいってことで、
ひな」ちゃんに決定した。

 これ以上悩んでてもいい案が出てきそうになかったので。
ただ、漢字はまだ決めてない。
第一候補は「日菜」にする。「陽菜」も捨てがたいのだが、
「陽」の字が少し大きすぎるような気がするので。

 ひらがなで「ひなた」とする案も残している。
これでも、よびかけはどうせ「ひな」になるだろうし。w

 意味合いとしては、お日様の下で育つ野菜のように、
すくすくと成長して欲しいという希望から。

 なので、「菜」は捨てがたい。漢字としては「奈」とか「那」とかもあるけど。
ただ、漢字は未定なのでまだまだなんとでもなる。

 これで名前は(一応)終了。
突然何かひらめいたら変わるかも知れんけど。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の日記

 一日遅れとなったが、昨日の日記。

 実は、書こうか書くまいか悩んだ結果のこと。
こっちのブログは、あんまりあまーい話は全体の流れにそぐわないので、
さらっと無視しようかとも思ったんだが。

 まぁ、たんなる日記なんだし、どーせ読者無視で好き勝手かいてるんだから、
全体の流れもへったくれもないだろう。

 話は一週間ほど前にさかのぼる。
かぐら氏から、嫁の退職祝いパーティーをやろうと話をいただいた。
もともとやる気だったのだが、里帰りなどもあって、タイミングを逸していた。

 やるんだったら、またアレをやるか・・・。というのも考えていた。
手作りケーキ大作戦。w

 もちろん、一人で作れるわけはなく(そもそも、料理もできないのに)
かぐら氏の家で、ほとりさんの指導のもと作るんだが。
そもそも、私はケーキ(特に生クリーム)がキライである。
 そんな私が、ケーキ作ろうってんだから、まぁ、無謀だわな。w

 一応、嫁には秘密にしておきたかったんだが、
平日ならまだしも、休日に何か用事があって別行動ってのは、
普段の行動から考えてかなり無理がある。
 もう、堂々と「秘密の作業があるから」と言い放って別行動。w

 今回のメニューは夏ということでフルーツタルト。

・・・そもそも、たるとって何?
という状態からのスタートだったりする。
だって、私はケーキ嫌いなんだから食べたこともないってば。w
 数々のトラブルを乗り越えて(というか、ほとりさんが何とかしてくれた。)
何とか完成?し、嫁を呼んでくる。

 食事の後でいただいたが、意外においしかった。

 作ってる最中はカスタードクリームの匂いにかなりやられていたが、
完成品はそれほど食べにくいわけでもなかった。
フルーツのおいしさが、苦手なクリームの味を上回ったのかも。
・・・だったらフルーツだけ食べればいいじゃん。という突っ込みはなしで。w

 ちなみに、嫁はやっぱりある程度予想できていたようだった。w
1回目ならともかく2回目だもんなぁ。隠し方も下手やったし。

 なにはともあれ、先生のほとりさんに感謝。
非常にできの悪い生徒に付き合っていただいてありがとう。
たぶん、またお願いすることがあると思うのでよろしくお願いします。w

 ・・・本当は、もっと簡単なもので自分ひとりで作れればいいんだろうが、
そもそも甘いものがキライな私は、なかなか上達しないよなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歯医者へのカウントダウン

 昨日、ガムをかんでいると、、、

金属が口から出てきた。

昔に治療した虫歯の詰め物らしい・・・。
右の奥歯に大穴が開いている。

 実は、左上の奥歯にも同じような経緯で穴があいていて、
それほど痛くはないものの、食べ物の残りかすが入ることが多く、
一度はいってしまうとなかなか抜けない、こまったことになっていた。

 ・・・これは、もう歯医者にいかなあかんやろうなぁ。

歯医者、キライやからできるだけ後回しにしてたんやけど・・・。
いつまでも逃げるわけにもいかないので、来週にでも行ってみるか。

 うーー、憂鬱だ。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19429km

 今日、新しい原付を購入した。

・・・というか、1週間前に頼んでいた原付が昨日とどいたので、
今日、受け取りに行ってきた。
 今までのってきた古い原付は廃車に。

 私はもともと、モノに愛着を持つほうではない。
原付なんて動けばいいんだし、動かなくなれば廃車になる。それだけのことだ。

 とはいえ、ここまでよく乗ってこれたもんだとは思う。
8年前に父に買ってもらったものだ。
通学で箕面、吹田、豊中をのりまわすこと数年。
さらにこっちに戻ってきて、通勤にまで使用できたのは幸いだった。

 走行距離は、19429km。
原付の距離メーターは4桁しかないので、一回りしてさらに9429km。
原付としては、よく走ったほうだろう。
 故障?も多かった。特にタイヤ関係のトラブルは半年に一度くらいか。
二年に一度はマフラーがやられていたし、電気プラグも交換したことがある。

 2年目くらいに2度ほど事故をやらかしていて、
車体が微妙にゆがんでいたりする。(慣れちゃったけど。)
スターターにいたっては、半年で使い物にならなくなり、
以後、ひたすらキックに頼っていた。w
 シートがビリビリになったのはこの1年ほど。急激に悪化している。
3ヶ月ほど前から、下向きのライトが切れている。
同じ頃から、ウインカーも怪しげな動きをみせていた。

 まさに満身創痍といった状況で、よく走ってくれたもんだ。
今年のボーナスで買い換えるつもりだったから、修理しなかったんだが。w

 お疲れ様でした、といったところだろうか。
新車には、がんばってください、というところ。
転勤がなければ、通勤には使い続けるだろうし。
できれば、8年以上は乗りたいものだ。

 原付のよさは、なんといっても燃費のよさだろう。
人を一人運ぶには、原付で十分だと思う。小回りも効くし。
1リッターで40kmってのは、車では絶対出せない数字だろう。
その分、雨が降るとツライ目にあうわけだが。w

 しばらくは丁寧に扱うことにしよう。
もともと、私の運転は決して荒くない。
無理な運転はしないが・・・、こまめにメンテもしない。w

 とりあえず、盗難の被害にあわないようにロックでもつけるか。
今までは、そんな心配も必要なかったんだがw。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メンテ終了ー

 二日間という異様に長いメンテも終わり、
アクセス状態を確認してみる。あえて、23時過ぎに。w

 ログインから、新規記事の作成まで、わずか30秒
ちなみに、メンテ前はここまで少なくとも3分~10分以上かかり、
この時点で萎えることも多かった。w

 あとは、記事の保存にどれくらい時間がかかるか・・・。
メンテ前はここでも平気で10分以上はかかっていた。

 ここで一回保存して、実時間を計測してみる。
なんと、12秒でOK.
いや、普通なら12秒でも遅いと感じるのかも知れないが、
今までがひどすぎただけに、信じられない軽さに感じる。w

 とりあえず、nifty、ココログのスタッフに敬意を表することにする。
ご苦労様でした。もうちょっと早くなんとかして欲しかった気がしなくもないが、
まぁ、終わったことはいいとしよう。w
 あとは、この状態をできるだけキープすることに力を入れて欲しい。

 ・・・アクセス解析なんて後回しにしても問題ないから。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の終焉

 ようやく、ワールドカップも終わり。

予想通り、空気を読めなかったイタリアの優勝に終わった。w
だから、ジダンのラストゲームなんだってば、、、
と思ってたら・・・

 ジダン本人がもう伝説としか言いようのないラストを迎えていた。
フランス大会で優勝し、日韓大会でグループリーグ敗退。
欧州選手権で一度は代表を退くものの、
母国のワールドカップ予選での苦戦に見るに見かねて代表復帰。
見事、ワールドカップ出場を果たし、ここで現役引退と決める。

 グループリーグは沈黙していたものの、決勝トーナメントから輝きを放ち、
準々決勝、ブラジル戦ではフリーキックから決勝点をアシスト。
準決勝、ポルトガル戦では、決勝点となるPKを決める。
決勝戦でも先制点となるPKを決めたジダンの最後のプレーは、、、

 相手選手への故意の頭突きによる一発退場!

 もう、伝説だ。こんな選手は二度と現れないだろう。w
誰よりも一番、有終の美を飾りたい選手が、いったいなにやってるんだ。
そして、大会MVP。やっぱり伝説だ。w

 ジダン本人のコメントは聞けてない・・・。何もいえないのでわ・・・。
悪いけど、、面白すぎる

 「5人抜き」「神の手」のマラドーナと肩を並べるくらいの伝説じゃないか?
「頭突き」ってのは。ワールドカップ決勝だぞ?ラストゲームだぞ?引退試合だぞ?

 そして、相手のマテラッツィが何を言ってジダンを怒らせたのか?
この一点に、全世界が注目しているが・・・。これはもう、永遠に謎となるだろうか。

 この決勝は、ジダンとマテラッツィのゲームだったと言っていいだろう。
マテラッツィのファウルにより得たPKを、ジダンが先制ゴール。
マテラッツィはコーナーキックから、同点ヘッドを叩き込み、、、
そして、伝説の頭突きへ・・・。

 いや、純粋なサッカーファンでないから、ここまで面白いのかも知れない。w
ドイツ大会、こんな終わり方でよかったのだろうか?
どうせなら、ジダンがぴしっと決めてフランスの優勝で終わったほうが、
よっぽどきれいだったんだが・・・。
 ・・・サッカーって何がおこるかわからんね。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップまとめ

 まだ3位決定戦と決勝戦が残っているが、
どうせ見れないし、ちょうどメンテの時期と重なりそうなので、
今回のワールドカップの感想をまとめておく。

 先日、ベスト8が出揃った時点で予想をしたが、
大外れだった。w

 私の予想は、ブラジルーアルゼンチンの決勝戦だったが、
この両チームはベスト8で姿を消した。
決勝戦はイタリアーフランスの顔合わせ。
ジダンの現役ラストゲームとなる。
このゲームについては一言だけ。

「イタリア、空気よめ!」

 まぁ、ドイツ相手にも空気よめなかったんやけどね。<イタリア

 準々決勝4試合のうち、3試合で予想を外したが、ふりかえってみる。
イタリアーウクライナはまぁ順当だろう。

 イングランドのベスト8敗退は予想外。
原因は、もちろんルーニーの一発退場もあるが、
個人的には、ジェラード、ランパードの両MFの不調をあげたい。
二人ともイングランドの中盤を担うタレントといわれていたが、
結局たいした仕事をしていないし、二人とも最後のPKを外している。

 アルゼンチンの敗退は本当に予想外だった。
メディアでは監督の采配ミスとかも言われている。
確かに、最後にメッシの姿をみてみたかったなぁ。
まぁ、絶好調のクローゼにレーマン、あとは地元の応援があったドイツが
ぎりぎりでアルゼンチンを上回った、ということだろう。

 ブラジルーフランスに関しては、
フランスを甘く見すぎていた。グループリーグとは別のチームのようだ。
ブラジルは攻撃陣は若いチームだが、守備陣はそうでもなかった。
とくに、カフー、ロベルトカルロスの両サイドバックは全盛期をすぎている。
 決勝点にしても、ジダンのフリーキックから、アンリが鮮やかに決めていたが、
あの場面を見て、「なんでアンリがフリーなんだよ、おい!」と思った。
明らかに、フランスの方がゴール前の人数が多かった。セットプレーなのに。
 ブラジルの集中力が切れていたか、足が止まってたか。

 準決勝、イタリアードイツはもうイタリアを褒めるしかないだろう。
よっぽどPK戦がイヤやったんだろう。w
 フランスーポルトガルは見ごたえがあった。
PKをきっちり決めたジダンと、
絶好のチャンスでヘディングを外したフィーゴの差、といったら可哀想かな。

 さて、4年後のワールドカップはどうなるんだろうか。
世代交代が進み、新たなタレントが出てくるのはもちろん、
今大会で活躍した若手がさらにビックになってるのだろうか。

 イングランドは、今回は不本意な結果におわったルーニー
準々決勝で途中で退いたベッカムにかわって出ていたレノンもまだ若い。
ポルトガルは、もちろんクリスティアーノロナウド
ブラジルは、カカアドリアーノはまだ若いし、ロナウジーニョもまだまだいける。
今回はあまり出番がなかったが、ロビーニョもいるし。
スペインのフェルナンドトーレスも4年後は全盛期かな。
ドイツでは、ポドルスキがまだ若い。クローゼにかわって代表のエースかな。
もちろん、アルゼンチンのメッシも忘れちゃいけない。

 日本は、、どうなっているだろう。
中田は引退しちゃったし、、4年後も中村に頼ってるようじゃいかんだろうなぁ。
平山とか、阿部とか、松井とか、、アテネ世代にがんばってて欲しいなぁ。

 ・・・そもそも4年後にワールドカップに出れる保障はないんだが。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンテに期待

 昨日は、ボタンも表示されない中で、
とりあえずメモ帳から強引にコピペで貼り付けて投稿する、
という荒業をやってみた。

 結果は、散々だった。w
改行もまともに入ってないでやんの。結局、後で修正が必要になった。

 で、今日は少しはやめ(午後9時台)にやってみたが、、
すでにこの時間でもかなり重い

 右下のほうの「ココログからのお知らせ」にもあるとおり、
7月11日から二日間かけて、メンテが入るそうな。
その間、アクセスはできるものの投稿は禁止。
えらくまた、おおがかりなメンテである。
これでどうにもならなかったり、さらに状況が悪化したりしたら
もう知らん。w

 今日は、なぜか朝5時前に目が覚めてしまったため、
思わずワールドカップを観戦してしまった。
おかげで、寝不足。(当たり前)
 ワールドカップも残り2試合を残すのみ。
こちらは時間的にさすがに見れそうにない。残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとかしろー

例によって、ココログは重い。
もうこの時間(午後11時)には、更新できないと思った方がよいかも。
ログイン画面が表示されるまで5分。
「投稿」を選んでから画面が表示されるまで5分。
しかも、完全には表示されず、あちこちのボタンが欠落しているので、
結局、もう一度リロードせざるをえず、すでにリロード3回目。

この時点で、すでに午後11時半。30分たってる。
今度のメンテナンスで、もうちょっとなんとかしてくれるらしいが・・・
さすがに、この状況は厳しすぎるぞ、nifty。

ちなみに、この文章は、メモ帳を使って書いている。
ウィンドウが開くのを待っていたら、日付が変わってしまう・・・。
 あぁ、ランタイムエラーが発生した・・・。なんとかしろー

デバッグしようがないので、すべて「無視する」ことに。
・・・すでにエラーが5回もでてる。しかもすべて同じ場所。もうだめかも。

 今日は、かの国に関するニュースで持ちきり。
個人的には、弾道ミサイルを飛ばしてくる意味不明な国よりも、
わざわざそんな日に、とあるちっぽけな島付近の海流調査に乗り出してきた
一見して、話が通じそうな国の方がよっぽど問題だと思うんだが・・・。

 ・・・よりによってそんな日に調査しなくていいだろう。
いっそのことミサイルに当たったら面白かったのに。(すごく不穏当な発言)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医薬分業その1

 たまには、真面目な話を。

 私は調剤薬局で働いているが、じつはこの業態が伸びてきたのは、
ここ10年ほどのこと。それまでは、薬は病院でもらうものだった。

 ところが、この状態は色々な問題がある。
なので、国が動いて処方箋を発行する形式にかわりつつあるわけだ。

 ただ、この問題点は、患者さんからは非常に見えにくい
なので、医薬分業が進んでいるとは言っても、
まだまだ院内で薬を出すところも多い。
 現行の医薬分業も問題がないわけではないし。
何より、医薬分業により、患者さんの負担は確実に増える
けっこう、反発もあるだろうなぁ。

 なかなか医薬分業が進まなかった背景として、
病院が薬を放したがらなかった、というのがある。
昔は薬価差が大きく、これで十分儲けられたから。

 薬価差というのは、薬の仕入れ値と、売り値の差のこと。
薬の売り値って、主に国が決めているんだが、この差が昔は大きかった。
つまり、薬を出せば出すほど、儲かる仕組みになってたんだな。
 この状態では、院外処方にしたら病院の儲けが減る。
ゆえに、病院側は院内で薬を出す。当たり前。

 医療費を抑えたい国としては、とりあえず薬価から手をつける。
薬価を下げていってこの薬価差を埋めていったわけだ。
そうすると、薬を出すことによる儲けがどんどん少なくなる。

 で、ようやく処方箋の出番になるわけだ。
儲けが少ないんなら、面倒なことは外に薬局に任せてしまえ、と。
まぁ、自然な流れだな。(そういう風に国が誘導したんだが。)


 じゃぁ、院内で薬を出すと何が問題なのか、
なぜ、医薬分業せにゃならんのか、を(気が向いたときに)書いていく。

 まず、第一に、法律の問題がある。
医薬品を調剤して患者さんに出すことができるのは、
原則として薬剤師だけである
 そうすると町の医院さんなんかは、
必ず一人は薬剤師が必要になるわけだ。
・・・でも、たいていの場合、小さな医院には薬剤師はいないよ。

 例外として「医師本人が調剤する」ことは認められている。
現場では、これを思い切り拡大解釈して、
「医師の監督のもと、薬を調剤して出すことが出来る。」としているわけだ。
その結果、薬のことをなーんも知らん人が調剤している。
看護師さんならまだマシな方で、ひどい場合だと何の教育も受けてない人が
調剤していたりする。

 もちろん、違法である。

 が、現状がそうなっている以上、あまり厳しく突っ込まずに黙認しているようだ。
監査がくる日だけ、薬剤師をつれてくる、とかでごまかすんだろう。
でも、なんか間違いがあった時に問題になると思うんだが・・・
そういうのはあまり表沙汰にはならんのだろう。

 で、この違法な状態を何とかしようと思ったら、
とるべき道は2つ。(常勤)薬剤師を雇うか、院外処方箋を出すか。
そりゃ、普通に考えたら後者の方が楽だわな。
もちろん、「違法状態を続ける」をいう選択肢もあるが。w

 おっと、これは医療機関サイドから見た見方だ。
これを、患者さんサイドから見ると、医薬分業の利点の1つは
「薬を調剤しているのが、素人からプロになる。」
ってことになる。

 ・・・なんか、それほどいい利点に見えないなぁ。
まぁ、今まで違法スレスレでやってきたことをやめるってことなんだが。

 これは、主に町のお医者さんの話。
大きな病院でのメリットとしては、
「待ち時間の短縮」が一番にあげられるだろう。
 だいたい、病院って待ち時間が多すぎる。
診察してもらうまでに2時間待って、診察は10分で終わって、
薬で30分くらい待って・・・・。

 この薬の待ち時間を減らそうってことだ。
FAX使うとかすれば、薬局での待ち時間も短くてすむし。

 と、この辺りの話はまだ見えやすいんだが・・・。
次回以降は、もうちょっとつっこんだ話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中田英、引退表明

 今日、いきなり中田英が引退表明した。

 ワールドカップフランス大会の頃から日本のエースとして、
日本代表になくてはならない存在だった。現在29歳。

・・・実は、私と同い年だったりする。(関係ないが)

 サッカー選手としては、今くらいが全盛期だと思う。
あとは、徐々に衰えていく・・・。とはいえ、ジダンは30代でもまだまだ
できそうだが。ブラジルのカフーとかロベカルとかも30代やし。
 中田は、全盛期に引退するという選択をした。
ある意味、非常に彼らしいと思う。
日本ハムの新庄はややウソくさいwが、
中田の場合は、もう決して前言撤回なんかしないだろう。

 彼がどれだけ今回の大会にかけていたかがよくわかる。
もともと、結果にかかわらずやめる気だったようだ。
ふがいない?日本代表に対する想いは並大抵ではなかったはずだ。
それを思うと、彼の大会前、大会中の言動が改めて理解できる。

 同じく、今大会限りで現役を引退するフランスのジダン。
フランスはジダンを中心に一つになり、強敵ブラジルを破った。
それに対して日本は、、ってかんがえるねぇ、やっぱり。

 さて、中田は引退後、何をするつもりなんだろうか。
そりゃ、もうお金は必要ないくらいあるかも知れんが、
サッカーに携わることはやめないのだろうか?
 それとも、まったく違う世界で生きていくのか?
まだ20代といえば、世間では若い方だろう。
彼がサッカー解説者とかするとは思えないし・・・
間違ってもスナック経営者とかにはならんだろうしw
同い年の人間としては、少し興味がある。

 正直、もっと彼の活躍をみたかった。
これは、日本代表を応援するすべての人の想いだろう。
だが、彼の人生は彼が考えること。なにはともあれ、

「今までお疲れ様でした。」

 ってとこだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強行

 昨日、今日と嫁の実家へ。

昼まで仕事したあとの一泊二日の強行軍はきつい・・・。
ちゃっかりワールドカップも一試合みてしまったので、さらにきつい。w

 行きは二人で車で、帰りは一人で電車。
一週間後には、逆に電車で迎えに行き、車で帰る予定。
・・・きつい。w

 ココログの異様な重さも相変わらず。
ログインに10分もかかっちゃ、書く気もうせるってば。
この時間だからかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »