« 一般用医薬品はなぜ高い? | トップページ | タイミング »

10月から

 いよいよ、10月仕事始め。
・・・私は昨日から働いてるが・・・。それはさておき。

 10月から、一部の高齢者の医療費負担が増える。
今まで、70歳以上の「現役並み所得者」は2割負担だったが、
それが10月から若い人とおなじ、3割負担になる。

 「現役並み所得者」っていうと結構微妙なんだが・・・。
その前年度の収入によって決まるので、何かの拍子に入っちゃうこともある。
例えば、持っている土地や株を処分したりとか。
定期的な収入じゃなくても、臨時収入で「現役並み所得」に入っちゃったりする。

 大体、負担割合がかわるのは8月からだ。
そのあたりで、高齢者受給者票なるものが交付されるため。
運が悪い?人は、7月までは1割負担だったが、
8月から2割になり、10月から3割負担・・・。どんどん負担が増えていく。

 例えば、月で1割2000円だった人が、3割になると6000円。3倍だ。
これは結構お財布にダメージがいく。
ちゃんとわかっている人は、9月中に大量に薬をもらっておいたりする。w

 さて、3倍に増えた・・・とはいえ、薬局の収入はもちろんかわらない。
今まで、保険からもらってたお金を、患者さんからもらうだけ。
結局、負担割合を上げないと健康保険制度が維持できないんだろう。
どんどんお年寄りは増えていくし、医療費はかさむ一方だし。

 でも、やっぱり3割ってでかいよ・・・。ってのが初日の感覚だなぁ。
なんか、年とってもいいこと無いなぁ、、というか。
一昔前は、老人は医療費がタダやったんやけどね。
 制度を維持するには仕方ないにせよ、、ねぇ。

 

|

« 一般用医薬品はなぜ高い? | トップページ | タイミング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/12130193

この記事へのトラックバック一覧です: 10月から:

» 健康保険証に2次元バーコードを義務付け [社労士受験生のための日経新聞]
厚生労働省は直径数センチメートルの正方形の中に大量の情報を記録できる二次元バーコードを健康保険証に付けるよう、市町村や健康保険組合などの保険運用者に義務付ける方針を固めた [続きを読む]

受信: 2006-10-03 19:47

« 一般用医薬品はなぜ高い? | トップページ | タイミング »