« 休日 | トップページ | 今年の風邪は »

水素の行方

 環境系で、面白い記事が出ていたので。

市民のための環境学ガイドより。(水素車終焉

 水素による燃料電池の車は、実用化は困難じゃないか?という記事。
燃料電池自体は問題ないし、自動車もちゃんと動くんだろうけど、
やっぱり「水素」の供給が最大のネックらしい。

 水素の話はだいぶ前から環境系では話題になっていた。
一般にわかり易い話としては、水素+酸素→水という反応式なので、
二酸化炭素が出ない。有害物質が出ない非常にクリーンなエネルギー。
中学校の理科でも出てくる反応だから、わかりやすいんだよね。

 ・・・これだけ聞いたら素晴らしい話なんだけど、
問題は、、水素ってどうやって作るの?という観点が抜けてる点。
化石燃料じゃないんだから、どっかを掘ったら水素がわんさか出る、
なーんてことはない。少しくらいなら出るかも知れんけど・・・。

 ってことは、どうにかして水素を作らなきゃいけないわけで。
水素を大量に作る方法、となると、水を電気分解するのが手っ取り早い。
これも、中学校の理科で出てくる話だなぁ。

 ・・・って、電気使ったら意味無いじゃん!

 その電気を作るのに、結局化石燃料を使ってるんじゃ、、ねぇ。
まぁ、原子力なり、再生利用エネルギーなりで電気を作って、
その電気で水素を作って、ということもできるんだけど・・・

 それなら、最初っから電気自動車にすればいいじゃん

 ・・・。というわけで、水素の出番はなさそうだ。やっぱり。w
環境を考えるなら、しばらくはハイブリッドが主流になりそうだけど、
いずれ、充電式の電気自動車の時代が来るんじゃなかろうか。

 記事では、バイオエタノールの話も出ている。
これも、二酸化炭素のことを考えると、ある意味わかりやすい。

化石燃料を掘り出すから、二酸化炭素が増える。
ってことは、二酸化炭素と水から、酸素とエネルギーを出す、
「光合成」を利用すると問題は一気に解決しそうな気がする。
わかりやすく言うと、米作って、そこからお酒造って、純度を高めて、
燃料にしちゃえって話だ。(実際は米じゃなくて、サトウキビとかとうもろこし)
 これなら、原料は「空気中の二酸化炭素」と「水」。一番クリーン。

 現在では、ガソリンにバイオエタノールを混ぜていって、
少しでも二酸化炭素の排出量を減らそう、という話になっている。

 そうすると、「全部バイオエタノールにしちゃえばいいじゃん」と思う・・・よね。
でも、それも無理があるらしい。ってのは、技術的な問題ではなく・・・

そんなことしたら、人間の食べる米がなくなる。

 食糧危機がおこってしまうようだ。
今、日本で走ってる車を全てバイオエタノールで走らせようと思ったら、
日本中の米を全部つっこんでもはるかに足りない。w
 それじゃ、人が食べる分がなくなるよねぇ・・・。

 環境問題は難しい。原油が枯渇するようになってきたら、
どんな世の中になるのか。自動車の未来ってそんなに明るくないよねぇ。
いや、むしろ(さほど)気にせずに車に乗れる時代に生まれたことを、
有難く思うべきなのかも。将来世代には悪いけど。w

|

« 休日 | トップページ | 今年の風邪は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/12872473

この記事へのトラックバック一覧です: 水素の行方:

« 休日 | トップページ | 今年の風邪は »