« パンダに会いに | トップページ | 撃沈寸前 »

軍事政権をどうする?

 ミャンマーで、民主化?デモがあり、軍政側が市民に発砲。
巻き添えで日本人ジャーナリストが殺される事件が起きた。

 未だにこういう事件が起こるのが悲しいけど、
まだまだ、そういう地域もあるってことだろう。
日本は、ミャンマー軍事政権には(比較的)寛容な態度を取ってきたけれど、
これがきっかけで変るかもしれない。

 民主主義の本場、欧米では「ミャンマーに厳しい制裁を」となっているけど、
ミャンマーに最も影響力をもつといわれる中国が、及び腰だもんで。
そもそも、中国自体が人権問題をかかえているし。

 国連安保理による決議も、中国が拒否してすすまない。
国際社会として、「人権抑圧は許さない」という空気で対応しないといけないんだけど。
でもなぁ・・・。内政干渉って言われればその通りとも思うし、
何より、「他国への脅威はない」と言われれば、その先に進めない。

 北朝鮮も同じような軍事国家だと言われているけれども、
「他国への脅威はない」という点で、相当な開きがあるんだよな。
北朝鮮も、核を放棄して、拉致問題も解決して、日本と国交正常化するかも。
でも、そうなった時に、「民主化してないから、厳しく対応しろ」って言われると・・・
やっぱり困るような気がするんだ。

 ミャンマーの国民は抑圧されて困っているんだろうけれども、
それに対して、例えば軍事でもってどう、とはならないんだよなぁ。
外交でもってなんとかして欲しいとは思うけれども、
結局はミャンマーのことはミャンマーで解決してもらうしかないわけで。

 同じ東南アジアでも、フィリピンやタイは(ある程度)自力でなんとかしたし。
難しいかも知れないけれども、なんとか頑張って欲しい。応援だけならできる。

|

« パンダに会いに | トップページ | 撃沈寸前 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/16624230

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事政権をどうする?:

« パンダに会いに | トップページ | 撃沈寸前 »