« 新製品トランシーノ | トップページ | 平和な食事 »

リタリンの終焉

 ニュースから。

 向精神薬「リタリン」が、うつ病に関しては保険適応がなくなる。
実質、リタリンはうつ(自称も含む)で服用している人が大半だろうから、
ほぼ、使われなくなると思ってよさそうだ。

 いや、保険外診療なら使うことは可能なんだけれども、
保険が利かないとなると、かなり高価になってしまうので、
かなりの抑制効果はあると思う。

 「リタリン」は、その筋では有名な向精神薬。
ペンタゾシンと並んで、「第1種向精神薬」に指定されている。
習慣性が(比較的)強いんだろうなぁ。
イメージとしては、大好きな人が多い薬だ。

ネット上の説明としては、この辺がわかりやすいかも。
http://www.wdic.org/w/SCI/%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3

 時々、「ニセ処方箋」なるものが出回ることがあるが、
そういった処方箋は、かなりの確率で「リタリン」が書かれている。
私の勤務先では、近くの医療機関でリタリンを処方することがほとんどないため、
「リタリン」と入った処方箋を見れば、とりあえず、
「ニセ処方箋じゃないか?」と疑うことにしている。w

 ネット上では「リタリンを処方してくれる病院リスト」なるものも
存在しているらしい。
ネット上(闇)で取引されることもありそうだ。
1錠300円くらいが相場かなぁ。(確認したわけではない。)
薬価は1錠11.2円だから、べらぼうに儲けられそうだ。(おぃ)
100錠入り1ビンが、仕入れ値1000円程度で3万円くらいでさばける・・・。
もちろん、犯罪だが。w

 うつ病は、今はたくさん薬があるので、
別にリタリンがなくても困らないだろう、との意見もあり。
それよりも、乱用の方がよっぽど問題だ、と。
 もう、そこまでやるなら販売中止でもいいと思うんだが。

 だけど、実際にうつで現在リタリンによって治療している人には、
困った話になりそうだなぁ。真面目な患者はどうすればいいんだろう?
もちろん、他の薬でもコントロールできるはずなんだけれども・・・
結構、面倒なことになるかもしれない。
 それでも、保険適応をはずすっていうんだから、やっぱり乱用の方が
よっぽど問題なんだろうなぁ。

|

« 新製品トランシーノ | トップページ | 平和な食事 »

(~'09)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/16527933

この記事へのトラックバック一覧です: リタリンの終焉:

» [薬局新聞]週刊トラックバックNEWS22 [薬局のオモテとウラ]
薬局新聞連載の「週刊トラックバックNEWS」第22回です。今回はリタリンについて触れられているブログを引用させていただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。 塩酸メチルフェニデート(商品名:リタリン)について、各方面の動きが慌しい。薬剤師ブロガーはこの..... [続きを読む]

受信: 2007-10-04 00:03

» リタリン 販売 [たーしの実用メモ]
リタリンは、ADHD(注意欠陥多動性障害)の薬として知られていますが、塩酸メチルフェニデートを含む医薬品です。難治性・遷延性のうつ病やナルコレプシー(睡眠障害)の治療薬でもあり、向精神薬と言われ、慢性疲労症候群にも有効と言われています。1954年に米国で特許が取...... [続きを読む]

受信: 2007-10-15 18:39

« 新製品トランシーノ | トップページ | 平和な食事 »