« じゃんぷ(気持ちだけ) | トップページ | 中日ドラゴンズ日本一 »

口唇ヘルペスの治療薬

 口唇ヘルペスの治療薬である、アシクロビル配合の軟膏が、
少し前から発売されている。スイッチOTCだ。

 スイッチOTCとは、元々医療用で使われていた薬を、
薬局で普通に買える一般用の薬(OTCという)として売り出すこと。
病院に行かなければもらえなかった薬が、薬局で買えるようになっている。
ガスターとか、ブテナロックとか、フェイタスもそう。

 口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウィルスによる病気。
唇にぶつぶつができて、ピリピリと痛むんだけど・・・
この病気、完全に治癒することがない。
 症状がおさまっても、ヘルペスウィルスは体内で潜伏する。

 潜伏したウィルスは、過労やストレスなどの状況で、
再び活動を開始する。つまり、再発するわけで。

 ってことは、一回、口唇ヘルペスにかかったら、
常に再発の危険性があるってことだ。
一応、感染力もあるから放置するわけにもいかんし。

 で、再発する度に病院行って、薬もらって・・・となる。
でも、ヘルペスと分かっていればどうせ、出る薬は一緒だし。
それなら、自分で買えればその方が楽だよね。

 そこで、スイッチOTCとして登場したわけだ。
対象は「一回でもヘルペスと診断されたことのあるヘルペスの再発」
つまり、自分で「ヘルペスの再発」とわかっていれば買ってもよい。

 意外に、値段も安かったりする。
アシクロビル軟膏、先発品ならゾビラックス軟膏は薬価で約400円/g。
OTCでは(いくつかあるけど)、2gで1200円くらい。
これなら、病院に行くのと値段はほとんど変らないと思う。
トランシーノが薬価の5倍するのとはえらい違いだ。w

 もっとも、2gで足りない人は病院行った方がお得だとは思う。
・・・病院に行けないくらい忙しい人が再発するんじゃ・・・
とも思ったりして。w

参考サイト:http://www.taisho.co.jp/herpecia/

|

« じゃんぷ(気持ちだけ) | トップページ | 中日ドラゴンズ日本一 »

(~'09)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/16927335

この記事へのトラックバック一覧です: 口唇ヘルペスの治療薬:

« じゃんぷ(気持ちだけ) | トップページ | 中日ドラゴンズ日本一 »