« 偶然は恐ろしい | トップページ | 地理の勉強に »

ノーベル平和賞?

 ニュースから。

 ノーベル平和賞に、ゴア氏(元アメリカ副大統領)と、
IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が選ばれた。
地球温暖化に対する認知を高めたことによるものらしい。

 当たり前といえば当たり前だけど・・・極めて政治的な話だ。
そもそも、ノーベル平和賞っていうのがそういうものなんだろう。

 とはいえ、環境問題だって、下手すれば軍事紛争に発展することも。
だから、平和賞だってありえるっちゃそうなんだが。
ポスト京都の枠組みに影響力を与えよう、という欧州の思惑が見えるんだが。

 ゴア氏やIPCCに「ノーベル平和賞」を与えること自体が、
地球温暖化に対する認知をさらに高めることになる。
それが、ヨーロッパの意向なんだろう。

 もちろん、それが悪いことだというつもりは毛頭ないんだが・・・
「なんだかなー」と。
自然科学の人間としては、やっぱり「ノーベル平和賞」自体がおかしく感じる。
地球温暖化問題そのものも、科学の問題でもあるけど、政治の問題でもあるし。

 いっそのこと、「ノーベル」の名前を取ってしまえばいいのに。
「オスロ平和賞」でいいじゃん。だめ?

|

« 偶然は恐ろしい | トップページ | 地理の勉強に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/16751056

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル平和賞?:

» 今年もノーベル平和賞決まる [自分なりの判断のご紹介]
ノーベル平和賞:IPCCに世界の研究者参加 日本からも いわずと知れたノーベル賞。そのうち平和賞の選考委員会は ノルウェー国会にあります。 今年は一昨年の国際原子力機関(IAEA)に続き、IPCCという 組織に贈られます。... [続きを読む]

受信: 2007-10-14 19:59

« 偶然は恐ろしい | トップページ | 地理の勉強に »