« 寝坊した | トップページ | 決戦の日曜日 »

アクテージSN錠、追記

 去年の12/16に、アクテージSNに関する記事を書いている。
アクテージSN錠の秘密

 今回は、その追記。

 アリナミンEXプラスとほとんど変らない処方なのに、
アクテージという別ブランド名にして、値段が倍近い、という批判だった。

 効果がないとはどこにも書いていないので。念のため。
効果は、個人差が大きいもんだしね。
全く効かないという人もいれば、よく効いた人もいるだろう。

 首筋、肩こりに限って言えば、アクテージSNの方が、
アリナミンEXプラスよりも効果は高いはずだ。
一番違うのは、B12がシアノコバラミンから、活性体のメコバラミンに
なっている点。シアノコバラミンが体内で活性化されれば、同じことなんだが、
どれくらい活性化されるかは人により違うだろう。
それなら、最初から活性体を入れたほうがいい。


 さて、値段が高い理由としては、他社との対抗上ともいえる。
メコバラミン製剤としては、他にナボリンSという商品がある。
こっちは、エーザイの商品。

ナボリンSの商品情報はここ

 あえてアクテージSNと比べると、ナボリンSはアクテージSNに比べて、
ビタミンB6が活性体でない。(ナボリンはリン酸ピリドキシン)
ガンマーオリザノールが入っていない。
そのかわり、葉酸はアクテージSNの1mgに対して5mg入っている。

 ・・・という、微妙な差はあるが、ほとんど同じと言っても問題ない。
この処方の肝は、メコバラミン(B12活性体)だからね。

 医療用でよく使われているビタミンB12製剤は、エーザイの製品、
「メチコバール」だ。タケダは医療用でB12単独製剤はもっていないだろう。
つまり、B12製剤に関して言えば、エーザイが本家、ともいえる。
(B1に関して言えば、「アリナミン」もってるタケダが本家なんだが。)

 で、アクテージSN錠の値段は、ほぼ同処方のナボリンSにあわせてある。
ナボリンSとアクテージSNは、包装が微妙に違うんだけれども、
まぁ、ほとんど同じ値段と見てよさそう。

 ナボリンがぼったくった、という批判は成り立たない。
だって、タケダとは別の会社なんだもんね。
メコバラミン製剤は、こっちが本家だし。

 逆に、タケダが「ナボリンS」をみて、おこぼれを狙った、と見える。
いや、市場のニーズに答える新製品(?)を出した。
とも言えるんだけど、結果としてぼったくりに見えるんだよなぁ。w

|

« 寝坊した | トップページ | 決戦の日曜日 »

(~'09)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
突然、ぶしつけだとは思うのですが、
「アクテージSN錠」って売れていますでしょうか?

もし、差し支えなかったら、お教えいただけますか?

可能であれば、売れている、もしくは売れていない理由などもお教えいただけると助かります。


投稿: ジェラルド | 2009-10-29 18:41

 申し訳ありませんが、ご期待にこたえることはできません。

 薬の成分なら分析できますが、売り上げの分析は専門外なんです。

 比較対象をナボリンにおくなら、売れている方だと思いますし、
アクテージANと比べると、売れていないかなぁ、と。
 その程度のことしか言えません。

投稿: kitten | 2009-10-30 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/17852242

この記事へのトラックバック一覧です: アクテージSN錠、追記:

« 寝坊した | トップページ | 決戦の日曜日 »