« なんか重い・・・ | トップページ | 宿便のウソ、ホント »

禁煙治療の変化

 特定健康診査が始まる。
腹囲やBMIで引っかかりそうな人が、特定保健指導を避けるには。
タバコを吸う人なら、禁煙が一番手っ取り早いと以前書いた。
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_dfba.html

 その禁煙治療に、色々と変化が生じている。
ファイザー社が新たに、ニコチン依存症に対する内服薬を発売する。
(ってか、もうしてる。)

 チャンピックス錠。作用機序はややこしいので割愛。
いままであったニコチンパッチよりも、禁煙成功率が高いらしい。
もちろん、医師の処方箋がないと買えない。
条件にうまく合えば、保険が利く。

 それに対し、ニコチンパッチだが・・・
なんと、スイッチOTCになるらしい。
つまり、医師の処方箋なしで、薬局で買える薬になる。
もちろん、今までどおり処方箋でもらうことも可能。

 本家本元のノバルティスを始め、3社が参入予定。
こちらは、近日発売となっている。
ノバルティスの製品案内を見たが、医療用と同じもの。
値段もさほど高くない。もちろん、保険が利かない分は高いんだけれども。
医師の禁煙指導を受けている時間が無い、って人には、
有効な手段じゃないだろうか。

 もちろん、禁煙指導って薬だけで行われるわけじゃないんだろうから、
しっかりと医師の指導を受けたほうが、禁煙の成功率は高いだろうけど。
それでも、病院に行くヒマが無い人にも選択肢が増えたのは、嬉しい。
こちらとしても、勧めやすいし。

 売る側の薬局としても、医師並・・・とまではいかなくても、
禁煙指導をした方がいいだろうな。こんなもの陳列はしないだろうけど。
お客さん一人一人にしっかりと指導できるといいな。

|

« なんか重い・・・ | トップページ | 宿便のウソ、ホント »

(~'09)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/41356538

この記事へのトラックバック一覧です: 禁煙治療の変化:

« なんか重い・・・ | トップページ | 宿便のウソ、ホント »