« 「ややこしや」 | トップページ | 硫化水素でなくても自殺するな »

ヤブ医者でも戦力

医療崩壊のネタ。

元ネタは、新小児科医のつぶやき、さん。面白いから紹介する。w

要約すると、こういう話。

 ヤブ医者ってのは、どこにでもいる。産科でも例外はない。
ヤブ医者の定義を、無謀な治療を行い、あげくの果てに失敗し、
周りの医療機関に患者を送り込むことを繰り返す医者、とする。

 そんな困った医者は、なんとか排除できないか?と提案したが、
産科医から猛反対を受けたそうな。そんなことをされたら、
周りの産科が共倒れになる、と。

 理由?ヤブ医者をつぶせば、その患者(というか妊婦)は、
周りの産科に流れざるを得ないよね。
でも、どこの産科もそんな余裕はまるでない。

 たとえ、どれだけヤブでも、とんでもないキラーパス送ってきても、
分娩を取り扱ってくれるだけで、貴重な戦力だ、というわけ。

 ちなみに、キラーパスってのは、受け入れた方が青ざめるような
とんでもない状態の患者を搬送してくることを言う。(苦笑)

 ・・・人手不足もここに極まれり
昔は、「あんなヤブ医者、さっさとやめろ」と思っていた人たちも、
今では、「どんなにヤブでも、やめてもらっちゃ困る」と態度を
改めている・・・らしい。w

 まぁ、ろくでもない人材でも、補充が効かないとなれば
何とかおだてて使えるようにしなければいけないのは、当たり前だけど。
・・・それが、医師の世界でも成立するのがなんとも。(苦笑)

|

« 「ややこしや」 | トップページ | 硫化水素でなくても自殺するな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/41164159

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブ医者でも戦力:

« 「ややこしや」 | トップページ | 硫化水素でなくても自殺するな »