« なぜか重い | トップページ | 事故米 »

意外に発がん性が高いもの

 私たちの身の回りには発ガン性物質が多い。
もっとも有名なのは「タバコ」だろうけど。
女性の場合、「女性ホルモン」が発ガン性物質だったりして。

 実は、もうひとつ発がん性物質がある。実は、私もあまり知らなかった。
それは、「」。
情報源は、uneyamaさんのブログ。

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20080828#p2

一部引用してみると・・・

・飲酒はガンのリスクを増大させる。
・野菜や果物の影響は、飲酒の有害影響よりも弱い。
・ストレスがガンの原因になるとは認識されていない。
・大気汚染は飲酒に比べれば、わずかな寄与しかない。

引用終わり。

IARC発ガン性リスクで言うと、アルコールは最上位のグループ1だ。
「ヒトに対する発ガン性が認められる」ものになる。

 少し前のデータになるが、厚生労働省の研究にもある。

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/04/inshto.html

 概要を簡単にいうと、
飲酒は喫煙との組み合わせで、あらゆる癌を増加させる。」
「喫煙しない人でも、口腔、喉頭、咽頭、食道、肝臓などの癌は増加させる。」

 ただし、量によってもちろん異なる。
非喫煙者では、時々飲む人(週1回くらい)に比べて、2日に1合程度飲む人の
方が、「飲酒関連ガン」の死亡率は高くなっている。

 また、週1回くらい飲む人は、全く飲まない人よりも死亡率は低い。理由は不明だが。

 適量や少量飲む分にはぜんぜん問題ないが、飲みすぎるとよくない
そりゃ、冷静に考えれば当たり前だわな。
ガンにならなくても、お酒の飲みすぎは体によくないしね。

|

« なぜか重い | トップページ | 事故米 »

(~'09)健康情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/42447222

この記事へのトラックバック一覧です: 意外に発がん性が高いもの:

« なぜか重い | トップページ | 事故米 »