« 調子は悪いけど・・・ | トップページ | 自民党総裁選 »

回収すべきか否か

 三笠フーズによる事故米騒ぎ。NATROM氏のブログでも話題になっている。

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20080910

まず、前提として誰一人として「三笠フーズは悪くない」なんて言ってない
誰がどう考えても、この会社は問題であり、重大な責任があると考えている。

 事故米の汚染源として、もっとも問題になるのはメタミドホスではなく、
カビ毒であるアフラトキシン。「最強の発がん性物質」なんて呼ばれることも。
ごく少量で発ガン性が高い物質である。

 NATROM氏の計算は、非常に大雑把だが、結論としては
「事故米を10万人が10年間食べ続けたとすると、アフラトキシンによる
 肝臓がん発生リスクは、10万人中0.0018人

 と非常に小さい数字を出している。
他の読者から、「いや、この仮定はおかしい」とか、「他の会社の事故米も」
とかツッコミが入っているが、そもそも大雑把な計算と言っているわけで。
 数字が非常に小さすぎるため、仮定が間違っていて100倍の誤差があったと
しても、10万人中0.18人。とても、健康被害が問題になる数字ではない。

 もちろん、0ではないことも重要なわけで。
やっぱり、何人かは事故米が原因(のひとつ)となり肝臓がんになる
可能性はありそうだ。

 さて、今回の論点はそこではなくて・・・
この結果として、酒造メーカーが回収をかけることの是非について、だ。
この件は、意見の分かれるところである。
 健康被害はほぼ考えられないから、回収する必要はない、
とする意見を、どう考えるか。

 実際に健康被害は(今のところ)起きていないわけだが、
よりによって酒になってしまったので、回収するとなるとえらい額になる
三笠フーズは間違いなくつぶれるので、酒造メーカーは損害額を回収できない。

 とはいえ、消費者心理を考えると、回収せざるを得ないだろうと思う。
いや、今までも混ざってたんだから気にせず呑んでくれ・・・って
言えないよね。うん。

 直接食べるならともかく、お酒に関しては健康リスクは限りなく0に近い。
とくに、焼酎なんか蒸留しちゃうわけだし。有害物質が残るとは思えん。

 何よりも、お酒自体が危険な発ガン性物質なわけで・・・。

http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-11ff.html

 仮にアフラトキシンの汚染があったとしても、濃度を考えるならば
アルコールの方がはるかに危険だ。
 科学的に考えるならば、全く回収する必要はないと言えるが・・・
社会的には難しいところかな。

 私はいっそのこと「事故酒」として売ってみてはどうかと思う。
もちろん、価格は通常の品よりも安くする。
健康被害?そんなの気にする人は、そもそも酒をやめるべきである。w

 世の中には、「アルコールならなんでもいい」って人間もいるから、
安くすれば結構売れるんじゃないかと思うんだが。
もちろん、正しい情報を開示して売るんだから問題ないだろう。

 簡単にまとめると・・・
 お酒に関して(のみ)なら、アフラトキシン汚染のリスクよりも、
アルコールそのもののリスクの方がはるかに高いのは明らかだから、
(少し安くして)販売を続行してもいいんじゃないか?という主張だ。

 どうしても売れなければ、バイオエタノールにでもするしかないのかな。
そもそも、事故米をバイオエタノールに転換すればいいと思うが、
純度の高いエタノール作るのにもある程度の金がかかるから、
なかなかうまくいかないかも知れない。

|

« 調子は悪いけど・・・ | トップページ | 自民党総裁選 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/42472957

この記事へのトラックバック一覧です: 回収すべきか否か:

« 調子は悪いけど・・・ | トップページ | 自民党総裁選 »