« CM | トップページ | タミフルはどうなる? »

風邪をどうやって治すか。

 まず、原則として風邪薬は対症療法である。
根本から治療するような薬じゃないから、効果が切れれば元に戻る。
たとえば、解熱作用のある薬は、薬が効いている間は熱が下がるけれども、
効果が切れればまた熱は上がる。

 風邪の原因はほとんどウイルスなので、効く薬はほぼない。
ってことは、自力の免疫でウイルスを撃退する必要がある。

 まずは、エネルギーだ。腹が減っては戦ができぬ。
ウイルスと戦うにもエネルギーが必要。
あまり胃腸に負担をかけないことも必要だから、消化のよいものの方がよい。
食欲がなくても、何か食べないといけない。

 今回は、消化酵素の入った胃薬を使ってみた。
基本は、食べすぎ、飲みすぎに使う薬なんだけどね。

風邪引いて食欲がないときに、少々無理目に食べて消化薬を使う。
一歩間違うと裏目に出る可能性もあるんだけれども。w

 あとは、安静。できれば休むのが一番だ。

 熱を下げすぎないのもポイントになる。
熱を出すのは、体の防衛反応。少々の熱は、下げないほうがよい。

・・・とはいえ、高すぎるとさすがに体が厳しいので、その辺のバランスが難しい。
今回は、「あえて」薬の効果を切らせて熱を上げることにより、
ウイルスと戦ってみたのだけれども、、
予想以上に熱が上がり、、十分な睡眠がとれずにかえってまずかったようだ。
普通に薬を飲んで、しっかり寝たほうが結果としてはよかった。

 子供の風邪薬も同じかな?
熱が高くても元気であれば薬は必要ない。
咳止めとか鼻水の薬もあるけれども、睡眠の妨げにならないのであれば、
少々の咳や鼻は放っておいてよい。

 逆に、それで眠れないのであれば薬があった方がいいだろうな。

|

« CM | トップページ | タミフルはどうなる? »

(~'09)健康情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/43686838

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪をどうやって治すか。:

« CM | トップページ | タミフルはどうなる? »