« 10年分の情報 | トップページ | 知識は武器ではなく、防具である。 »

WBC2連覇

 昨日行われたWBC決勝戦。
宿敵韓国との大熱戦を制し、WBC2連覇を達成した。

 素直にうれしい。本当にうれしい。
もちろん、リアルタイムでは見てないけど。(仕事中だ)

 当初はそれほど盛り上がりを見せなかったけれども、
やっぱり終盤になってものすごい盛り上がったと思う。少なくとも日本国内は。
たぶん、韓国でもそうだろう。

 「目標は2連覇」って言って、本当にできるとは思ってなかったなぁ。
それほど楽な戦いではないことはわかっていたし。
それをやっちゃったんだから、すごいとしかいいようがない。

 MVPは前回と同じで、松坂が選ばれた。ま、優勝しちゃったんだから、
誰がMVPでもかまわないけれども・・・難しい人選だと思う。w

 日本の勝ち方からみて、投手力で勝ちあがったわけだから、
MVPは投手から選びたい、、よなぁ。
そうなると、岩隈、松坂、杉内・・・くらいが上がるか。

 成績だけなら、3戦3勝の松坂になってしまう。しょうがないね。
たぶん、日本でアンケートを取ったら岩隈になると思うが。
松坂の3勝って、第1ラウンドの韓国戦(1回目)は打線爆発で楽勝だった。
第2ラウンドのキューバ戦(1回目)は、確かに非の打ち所のない内容だったけど。
準決勝のアメリカ戦は、悪いながらになんとかまとめて、打線の援護で勝った。

 岩隈は、第1ラウンドの韓国戦(2回目)は、打線の援護がなく1失点で負け。
第2ラウンドのキューバ戦(2回目)は、こちらも完璧な内容。
決勝の韓国戦も、8回途中まで投げて2失点はすばらしい。
最後にダルビッシュがドラマを見せてくれたから、勝ち星はつかなかったけど。

 そりゃ、数字上は松坂の3戦3勝の方が、岩隈の3戦1勝よりは上だけどさ。
第1ラウンドの韓国戦は岩隈の方が松坂よりもいいピッチングしてたし。
第2ラウンドのキューバ戦は、岩隈は「負けたら終わり」の試合で完璧に勝ったし。
決勝は、あれだけプレッシャーのかかる中で8回まで好投。
 ・・・印象は岩隈の方が明らかに上だよね、うん。

 松坂にあげるくらいなら、MVPイチローでもよかったんじゃないの?とか。
通算成績は散々だけど、決勝戦のイチローは本当に「神」だった。

 ま、いろいろ書いたけど、はっきり言ってどうでもいいことだ。
とにかく、勝った。よかった。それだけでいい。

 今回のWBCは、とにかく日本と韓国の戦いに尽きたと思う。
5回戦って、3勝2敗で優勝。どうだ、文句ないだろう!
前回は、韓国に1勝2敗で優勝だったから、いろいろ言われたけど。

 ただ、前回のWBCからもそうだけど、結果としてわかったことは、
「日本と韓国の実力差はほとんどない。」ってことだな。
前回のWBC前は、韓国といえば強いけど「ちょっと格下」みたいなイメージだった。
それが、前回のWBCでは日本と互角の競り合い。北京五輪では日本の完敗。
「格下」から、「宿命のライバル」に格上げされたわけで。

 以前なら、韓国相手になんか勝って当然と思われていた。
今では、韓国に勝つとものすごくうれしい。
それだけ、韓国が日本に追いついてきたということなんだろう。

 今回のWBC、日本と韓国は明らかに対戦しすぎだ。
結果がこれで終わるのなら、アメリカでやる必要ないよなぁ。
日本と韓国でホーム&アウェイで5回戦やった方がお手軽だろう。w

 ある意味、一番かわいそうなのは台湾や中国だと思う。
一次ラウンドで上位2強と常に争わないといけないんだから。
世界に出る前の、アジアの壁が厚すぎるという・・・。
 やっぱり、組み合わせをなんとかしてあげた方がいいかもしれない。

|

« 10年分の情報 | トップページ | 知識は武器ではなく、防具である。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/44458238

この記事へのトラックバック一覧です: WBC2連覇:

« 10年分の情報 | トップページ | 知識は武器ではなく、防具である。 »