« やっぱり延長 | トップページ | 自己申告によると »

受動喫煙の発ガン性

 前のタバコの記事に、コメントをつけてくれた人がいた。

http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-8a43.html

以下引用

国立癌研究所の調査結果によると、夫が喫煙している妻が肺癌になる確率は、
夫が喫煙していない妻に比べて2倍高いという。

引用終わり

 で、私はこの情報を知らなかったので、根拠を求めたんだけれども、
今のところ返事はない。
ま、流れで来た人に再度のコメントを期待するのも無理があるんだが。

 実は、受動喫煙の発ガン性は、かなり難しい話で簡単じゃない
国立がんセンターのHPによると、

http://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause/smoking.html#prg6_1

以下引用

たばこを吸う人と同居することによる受動喫煙で、肺がんになる、
または肺がんで死亡する危険性は20~30%上がるとされています。

引用終わり

 というわけで、死亡率の上昇は2割から3割となっている。

 タバコの副流煙に発がん性があるのは、おそらく誰も否定しない。
副流煙の方が毒性が強いというのも事実だけれども、
受動喫煙で、副流煙をすべて吸い込むような人間は存在しない。

 つまり、毒性は強いんだけれども、暴露される量としては、
そりゃ喫煙者本人よりも圧倒的に少ないはずである。
なので、喫煙者本人ほど、ガンの危険性は上昇しない。

 国立ガンセンターのHPだと、肺がんの上昇率は20~30%。
この数値は「わずかに上昇する」といったレベルの話なんだ。
10倍になるといわれれば明らかに悪いとわかるんだけれども、
わずかに上昇する程度だと、異論(イチャモン?)もでやすい。
難しいところだ。

 私は、どちらかというと受動喫煙の害をガンと結びつけるのは
あまり賛成ではない。自分で記事書いておいて言うのもなんだが、
認知症と結びつけるのもどうかと思う。w

 むしろ、単純に「咳き込む」とか、「煙たい」とか、
「くさい」とかね。そういう健康被害は明らかでしょ。議論の余地なく。
特に私は喘息もちだ。受動喫煙は、発作の原因になりうる
これは、ガンなんかよりも、よっぽど明らかにはっきりとわかっている。
そういった面から、受動喫煙の害を広めていくほうがよいと思う。

 さて、冒頭で引用したコメントなんだけれども・・・
信憑性はどうなんだろう?
ソース(情報源)を示してほしいんだけどなぁ。
私や国立がんセンターのHPの情報が古いだけで、
実際にそういう報告があるのかも知れない。
もし誰か知っていたら、教えてほしい。

 そういえば、国立癌研究所っどこのなんだろう?

ぐぐったところ、国立癌研究所でヒットしたのは米国のものだった。
いや、もちろんアメリカでもいいんだけれども、
普通に「国立癌研究所」って書かれたら、日本にあるものと思うよね。

 最後に、念のため。
もちろん、私は受動喫煙の害は確実にあると思っているし、
発ガン性もおそらくあるんだろうと思っている。
たぶん、タバコ嫌いはそんじょそこらの人間には負けない。

 でも、タバコ批判するにも、ある程度の根拠は必要だと思う。
批判側もしっかりしていないと、擁護派からよけいな反論をもらうだけだ。
私はタバコに対して「怨念」のような恨みを持っているけど、
タバコ擁護派の、批判派に対する感情も、
「怨念」と呼ぶにふさわしいものがありそうだと思う。

|

« やっぱり延長 | トップページ | 自己申告によると »

(~'09)健康情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/44264821

この記事へのトラックバック一覧です: 受動喫煙の発ガン性:

« やっぱり延長 | トップページ | 自己申告によると »