« WBC2連覇 | トップページ | 子供の血液型を調べる必要は? »

知識は武器ではなく、防具である。

 ただの雑文。最近、思っていること。

 少し、仕事上で壁に当たっていると思うことがある。
先輩や後輩の薬剤師をみていて、そう思う。

 私の弱点は、コミニュケーション能力がなさすぎることだ。

 たぶん、自分の職場の中では、私が一番知識があると思う。
それは、薬に関してもそうだし、保険制度に関してもそうだ。
コンピュータに関してもそうだと思う。

 ただ、その知識を活かす能力に欠けている。
よくできる薬剤師というのは、例外なくコミニュケーション能力がある。
端的に言うと、口がうまいということだ。
 また、そうでなくても私が「すごい」と思う薬剤師はみな、
「人間的魅力」を兼ね備えているように見える。
自分の「ファン」を作ることのできる薬剤師、と言い換えてもいいか。

 私は、はっきり口ベタであり、魅力に欠ける。
自覚しているんだけれども、すぐにどうとすることはできない。

 

 ただ、私はその知識ゆえに存在意義があるともいえる。
直接、患者さんと対するのではなく、他のスタッフの知恵袋としての役割。
もちろん、それでいいともいえるんだけれども、私ひとりでは何もできない。

 この仕事に関して言えば、「知識」は患者さんに対する武器にはならない。
もちろん、最低限の知識は必要である。そうでないと、とんでもない失敗をする。
つまり、「失敗しないため」に知識が必要なわけ。
その意味では知識は防具である。

 私は、自分自身が失敗を恐れるために、知識でがちがちに身を固めてきた。
結果、私に致命傷を与えるような攻撃はまず通らないだろう。(=大失敗はしない)

 ただし、防御を固めすぎた故に、攻撃力がない。もっといえば武器がない。
相手を自分のファンにさせるようなコミニュケーション能力がない。
RPGで言うならば、がちがちに固めているから相手の攻撃は通じないが、
こちらもろくな武器を持っていないから、勝つことはできないという・・・。

 

 それでも、スタッフに恵まれればなんとかなってきたところはある。
私に攻撃力がないなら、他のスタッフが攻撃すればいいだけだからね。

 ところが、全体として攻撃力が乏しいと、私が攻撃に行くしかなくなる。
そういう状況になって、ようやく自分の非力さを実感しているわけだ。

 知識だけに頼っていては、いずれ通用しなくなる。
それは目に見えているんだけど、どうしても楽に流れてしまい成長できない。

 

  一応、自分の武器の原型は見えてきつつあるんだけれども、、、
しょぼすぎて、攻撃力はないな。精進しないと。

|

« WBC2連覇 | トップページ | 子供の血液型を調べる必要は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/44471908

この記事へのトラックバック一覧です: 知識は武器ではなく、防具である。:

« WBC2連覇 | トップページ | 子供の血液型を調べる必要は? »