« 自己申告によると | トップページ | 英語の壁がなければ »

「超」おすすめサイト

 健康情報について。
ネット上にはいろんな情報が転がっているが、
しっかりした根拠のある情報は、それほど多くはない。

 そんな中、とりあえずここだけは押さえておけ、というところがある。
独立行政法人「国立健康・栄養研究所」のサイトだ。

http://www.nih.go.jp/eiken/

 このブログでも、何度か情報源として出したことがある。
その当時は、「おすすめサイト」の一つ、くらいだったんだけど、
このサイトはその後も進化を続けている。

今では、健康情報を調べるならここをはずしちゃダメ、というレベルだと思う。
数あるサイトの中でも、「超」おすすめだ。
ここさえ知っていれば、他には何もいらんのじゃないか、とさえ思う。

 特に、私のような薬剤師にとっては「宝の山」だ。
栄養士にとってもそうだと思うけど。
メタボ対策が山のようにのっているし。
運動やエクササイズの話は、今後絶対に必要になるし。

 さて、このサイトで一番のメインは、
「健康食品の安全性・有効性情報」だった。

http://hfnet.nih.go.jp/

 ありとあらゆる健康食品の素材の情報が、
しっかりとした根拠(ものによっては、論文まで引っ張れる)
に基づき掲載されている。
 たとえば、今テレビCMの入っているアラキドン酸は、といえば

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail555lite.html

以下引用

ヒトでの有効性については、胃粘膜障害の改善、乳児の異常行動低減、
視覚機能の向上、精神発達指標の向上効果について検討した報告はあるが、
信頼できるデータは充分ではない。

引用終わり

 まだまだ調査段階であり、はっきりしたことは何もいえない、とわかる。
(実は、この表現はまだマシな方だ。)
詳細情報では、PubMedにリンクしていて、論文の概要まで読める。
もちろん、英語だけれども。

 もし、「いやアラキドン酸には効果があるんだ!」という主張を見つけたら、
とりあえず、認めてもらえるだけのデータを集めて、論文を出しなさい、
と言うしかないな。

 このサイトがあれば、サプリメント辞典みたいなものは必要ないかも。
ただし、全体として夢がない。w
しっかりと論文として出して認められたデータしか掲載されないので、
「これからの可能性がある」ものの評価は、概して低めだ。

 逆に、サプリメント辞典みたいな書籍は、売ることを原則としている。
つまり、サプリメントに不利な情報は少なめになっている。
その分、期待できて夢はあるんだけれども、情報の正確さには劣る。

 現在、サプリメントを評価するような書籍や(まともな)サイトで、
この「健康食品の安全性・有効性情報」を紹介していないのは
モグリだと言っていい。
 もっとも、積極的に紹介すると自分の仕事がなくなってしまうのだが。w
それくらい、優秀なサイトだ。

 以下、続く。

|

« 自己申告によると | トップページ | 英語の壁がなければ »

(~'09)健康情報」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/44296196

この記事へのトラックバック一覧です: 「超」おすすめサイト:

« 自己申告によると | トップページ | 英語の壁がなければ »