« 警戒が必要 | トップページ | 情報待ち »

レッドクリフ

 今日は、娘を両親にあずけて、嫁と映画を見に行った。

 ・・・いや、逆だ。
先に決めていたのは、「娘を両親にあずける」ということ。
その上で、二人でどこ行くか相談した結果、
「久しぶりに映画でも」ということになった。
子供と一緒には、まず行けないし。

 何を見るか、というところでまず悩む。
なんというか、あんまり面白そうなのがなかった、という。
あえて見るなら、レッドクリフかなぁ、と。

 先日、テレビでパート1(前編)が放送されていたので、
それを見た上で、「まぁ、これでいいだろう」とレッドクリフ、パート2に決定。

 これも、「レッドクリフ」を見ることが目的というよりは、むしろ、
「映画を見る」ということが目的、、という。w

 <ネタバレ注意報>もう少し↓からネタバレ入ります。


 私自信は、三国志の話は歴史でも知っているし、
吉川英治の三国志なら中学生の頃に読んでるし、
横山版のマンガも、たぶん全部読んだことはあると思う。
フリークというほど詳しくはないけど、三国志ファンといえる程度には知っている。

 なので、少し見ることに抵抗はあった。
ハリウッド版ドラゴンボールを見るのに抵抗があるのと同じ意味で。

 一方の嫁は、三国志の話なんか知らないから、
それはそれで不安もあった。話についていけるかな?と。

 結果としては、
「三国志を知らない人でも、それなりに楽しめる映画である。
 三国志を知っている人は、一部違和感を感じるところもあるが、
 ファンにしか分からない小ネタが色々あって、楽しめる」

 ま、よかったんじゃないかな。。

<ネタバレ警報>この先、ネタバレ入ります。

 1,2とあわせての感想。

 まず、ヒロインが存在する。これに驚いた。
三国志演義は、99%、男だけで話が進む。
まともに映画にしたら、女性の出演機会は限りなく0に近くなる。

 それは、映画としてよろしくないという判断なんだろう。

 ヒロインとしては、周瑜の妻の小喬。
他に、孫権の妹にあたる孫尚香が、無謀な活躍をしている。
この辺の人物は、実在の人なんだけど・・・。
三国志では、それほど前面に出てくることはない。

 でもまぁ、この辺はあくまで創作だからなぁ。
水戸黄門に対して、史実と異なるというようなもんだろう。

 個人的に一番の不満は、主役の一人である周瑜(トニーレオン)よりも、
諸葛亮(金城武)の方が明らかにかっこいい、という問題。

 周瑜という人間は、三国志の中でトップクラスの美形(!)のはずなんだが。
能力では諸葛亮の方が上だろうけど、ルックスは周瑜の方が上なんだって。
そこ、三国志ファンのこだわりだ。w

 あと、曹操側の人間がほとんど描かれていなかったのも不満。
まぁ、その分曹操が目立っていたからいいんだけど、
まともに名前が出てきたのが、曹洪、次が華佗って・・・。
 あ、蔡瑁・張允コンビがいるか。でも、こいつらって曹操の配下というイメージはないな。

 他にも名将や策謀家もわんさかそろっていたのに、
その辺がすっぱりカット。ま、しょうがないけどね。
 ただでさえ名前がわかりにくいのに、端役の名前を出してもしょうがない。

 あと、当たり前ではあるんだけれども、、
メインキャストの人間で、この戦いで死ぬ人間はいない。
逆に言うと、死ぬのは全て「架空の人物」であるとも言える。

 まぁ、戦を題材とした映画で、名のある人物が誰も死なないのは無理がある。
だから、架空の人物を作り上げて殺したんだろうな。

 あとは・・・蹴鞠が、あまりにもサッカーなのが笑えた。
あれは、さすがに狙ってるよなぁ。ネタとして。w





|

« 警戒が必要 | トップページ | 情報待ち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/44806975

この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ:

« 警戒が必要 | トップページ | 情報待ち »