« ボルタレンがスイッチOTCに | トップページ | Ticket to Ride »

マスクに関する考察

 新型インフルによる「パニック」で、マスクが品薄になっている。
品薄、というか、ないといった方がいいか。
実は、一般用だけでなく、医療用のマスクも品薄だったりする。

 マスクは、しないよりはした方がよいと思うが・・・。
まるで「マスクをしない人はおかしい」とでも言うような
今の風潮には、疑問を感じる。

 どうも、「みんながしているからマスクしなくては」というような、
一種、ブームというか、流行というか・・・。そういったものもあるか、と。
ちゃんと、意味わかってマスクしてるのかな??

.

 外岡先生のサイト(http://nxc.jp/tarunai/)でも、
マスクに関して議論になっている。
・・・というか、外岡先生にクレームをつけるマスク業者、というか。

 WHOも、CDCも、予防のためのマスク着用はそれほど推奨していない。
これは厳然たる事実である。外岡先生は、それを紹介しているだけだ。
文句があるなら、WHOとCDCに言うべきだろう。w

 うちでも、マスクに関しては何度か書いている。
なぜ日本人しかマスクを使わないのか(2009/05/07)

私の認識も示しておこう。

.

 マスクは、感染予防に一定の効果がある
 当たり前だ。感染予防に効果がないのであれば、そもそも医療従事者が
マスクをしているのは何のため?ということになる。

 ただし、正しく取り扱わないと、予防効果は薄い。
これも、WHOの勧告通りだ。
少なくとも、マスクの表面を手で触るなんてご法度だ。

 予防効果は薄くても、咳エチケットの一環としての効果は高い
つまり、感染者が他人にうつさない、というメリットがある。
一部メディアは、しっかりとこういう情報も流しつつある。

 最後に、個人の感染予防の面からは、マスクよりも手洗いの方がよっぽど重要
人ごみを避ける、不要不急の外出を控えるのも大事。
「マスクをしているから大丈夫」と過信するのはよくない。
最近のマスクは高性能になってはいるが、完全に予防できる訳はない。

.

 マスクは、「他人に移さない」ためには非常に有効な手段である。
でも、感染防御という面では、こまめな手洗いの方がよっぽど有効である。

 もし、マスクがなければどうするか?咳エチケットをしっかりすればよい。
すなわち、咳をするときは、口を覆う。ティッシュペーパーでかまわない。
ティッシュもなければ?袖口でいいだろう。
半袖だったら?手で覆うしかない。もしくは、顔を人から背ける。

 という訳で、マスクは有用だけれども、必須ではない。

 実は、この認識でマスク否定派も肯定派も一致しているように思う。
肯定派は、「咳エチケットが守られないからマスクは必要」といい、
否定派は、「感染防御には、マスクは不必要」と言ってるわけで。どちらも正しい。

 感染者がごく少数の現状では、感染防御としてのマスクはそれほど必要ない。
逆に、もっとまん延状態になったとすれば、咳エチケットとしてマスクは必要だろう。
実際、メキシコでマスクが配られたのはまん延状態になったからだ。

 それほどまん延していないこの時期にマスクを使い果たして、
肝心のまん延期にマスクが足りなくなったら最悪だなぁ・・・とも思うけど。

 もっとも、マスクには科学的な意味だけでは語れない、社会性がある
こうも周り中がマスクで対応すると、自分のところだけマスクなしとはいかない。
マスクしてないことが、悪いことのように見られてしまうし。

 そういう意味で、「ブーム」というか、「流行」というか
特に客商売では、そういう流行に乗り遅れる訳には行かないんだろうな。

|

« ボルタレンがスイッチOTCに | トップページ | Ticket to Ride »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/45104205

この記事へのトラックバック一覧です: マスクに関する考察:

« ボルタレンがスイッチOTCに | トップページ | Ticket to Ride »