« 臓器移植法改正案、衆院通過 | トップページ | 寝る3時間前から食うべからず »

新型インフル、対応見直し

 新型インフルエンザ関係のニュース。昨日だけど。
久々に、一面トップだった。ヤフーニュースでもトップにきた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000056-yom-soci

以下、一部引用

厚生労働省は、秋以降に大流行が懸念される新型インフルエンザ
(豚インフルエンザ)について、国内対応を見直し、患者は原則入院せずに
自宅療養とする方針を固めた。

(中略)

患者の急増が予想される冬以降は、各医療機関で病床が不足しかねない
ため、新しい指針案では地域分けを廃止し、すべての医療機関で発熱者の
診察を行うことにし、糖尿病やぜんそくなど重症化が懸念される患者以外は
自宅で療養させる。



引用終わり

 今のところ、日本は小康状態にある(と思われている)。
少なくとも、マスコミ報道は小康状態にある。(苦笑)
第2波がやってくる前に、態勢を立て直す必要があるわけで。

 さて、ここに書かれてある「見直し案」だけど・・・
どこが見直されているのか意味不明なんだよな。
もうちょっと、正しい情報が落ちてくるのを待つほうがよい。

 というのは、「全ての医療機関で発熱者の診察を行う」ってのは当たり前。
今までの指針でも、「第3段階まん延期」に入れば、そうなることになってる。
神戸では先取りしてたし。

 すなわち、国として「第3段階まん延期」と宣言すれば、
見直す必要はなかったと思われる。(これだけの情報なら、ね)
たぶん、宣言したくないから見直すんだろうな。
宣言した場合に、他の要素が絡み合ってくるから。

.

 はっきり書くと、国は強毒性の新型インフル対策しか考えてなくて、
弱毒性の新型インフルはあまり考えていなかった。
そこで、弱毒性の発生でも強毒性の新型インフル対策を強行した。
とりあえず落ち着くまで、強行せざるをえなかった、とも言える。

 最初から考えとけよ、という批判はあるけど、とりあえずおいておく。
そんなもん、今から言ったって後の祭りだし。
むしろ、この程度の話で済んでよかったんだ
万一、国の想定よりも毒性が強い新型インフルが発生していたら、
批判はこんなもんじゃすまなかったはずだし。

 新たな指針はどうなるか。
今回の「新型」ウイルスをどう位置づけるのか。

 発熱外来や発熱相談センターは、廃止すべきだろう。
いや、やる前からパンクするのは目に見えていたけど、
実際にやってみて実証されたわけで。
 検疫もそうだけど・・・やる前から「負け戦」が決まっているような
戦いになると、キツいと思う。

.

 では、かわりにどうすればいいか??というと難しい。
もう、思い切って「季節性インフルと同じ対応で!」とやってしまいたいが、
それだと第2波で病原性が高まってきた場合にエライことになるし。

 どうなってもいいように、「弾力的に運用できる」指針を用意すべきだな。
もっともその場合、行政が臨機応変に的確な指示を出す必要がある
国の、地方自治体の実力がもろに出ることになるのだが。


 全体としてこの話は・・・
「まだまだ検討途中であり、最終的な指針が出るまで注目を続ける」
しかないよなぁ。できれば、マスコミのフィルターなしで情報を取りたい。

 そういえば、新型のワクチンの数がどんどん増えているし。w
数はあっても、「誰に、どうやって接種するか」が一番の問題だけど。

|

« 臓器移植法改正案、衆院通過 | トップページ | 寝る3時間前から食うべからず »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/45383086

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフル、対応見直し:

« 臓器移植法改正案、衆院通過 | トップページ | 寝る3時間前から食うべからず »