« また一人 | トップページ | パンデミック「宣言」間近 »

新型インフルの現状

 めっきり報道が少なくなった新型インフルエンザ。
神戸市が「ひとまず安心」宣言を出したものの、
国としては、終息宣言を出した訳ではないし、出せるはずもないし・・・。
報道が少なくなったからといって、終息しているわけではないぞ。

 まず、日本国内の状況から。

 神戸や大阪のような、大規模な集団感染こそおきていないものの、
感染地域は徐々に広がりつつある
特に気になるのが、小中学校で集団感染がおきつつある福岡と、
感染ルートがまるでわからない感染者が発見された神奈川。

 海外渡航歴などはなく、一体どこから移ってきたのやら。
こうなると、見つかっているのは氷山の一角に過ぎない、と言える。
散発的な発生はしょうがないとして、学校などでの集団感染は
防ぐ必要があると思う。

 つまり、感染リスクはまだまだあるわけで、
手洗いや咳エチケットの励行を忘れてはいけない
マスクしてる人、めっきり減ったけど大丈夫かな?
マスクしなくてもいいけど、手洗いはしっかりして欲しい。
発生初期は「騒ぎすぎ」のマスコミだったけど、
最近は「騒がなさすぎ」かも知れない。(苦笑)

.

 続いて、海外の状況。

 アメリカ、カナダでは、、実は感染拡大が続いている。
特に、アメリカは・・・ひどいといってもよい状況じゃなかろうか。
いったん収束に向かうかと思ったんだけど、そこからまた再燃している。

 アメリカは、ここ数日で感染者が2000人ほど増えて、6/8の時点での
感染者累計は13000人を超えている。世界全体では25000人くらいだから、
実に半数以上がアメリカなわけで。

 しかし、夏に向かっているアメリカで、未だに感染拡大が起こるとは。
梅雨になれば日本では収まると予想しているけど、
ひょっとするとこの予想が外れる可能性すらある。

.

 冬を迎える南半球でも、感染拡大が続いている。
オーストラリアは、感染者数が1000人を突破した。
この1週間ほどで、急激に感染拡大している。
南米ではチリでも広がっていて、感染者は400人を超えている。

 ちょっと前まで、日本は世界で4番目の感染者数だったのに、
オーストラリアとチリに抜かれてしまった。いや、別にいいけどさ。w

.
 もっとも、今のところ病原性が高まっているという報告はない。
まだまだ南半球のシーズンは始まったばかりだから、なんとも言えないが。

.

 全体としては、感染は拡大しているけれども、
病原性が高まっているということはない。
病原性が高くなければ、感染が広まってもどうということはないが、
感染が広まること自体が、病原性が高くなる可能性が高くなる、ということもある。

 ちょっと前までは騒ぎすぎだったのになぁ・・・。
今度は逆に、無関心にすぎないか?
冷静になったのなら、それはそれでいいんだけれども、
「ブームが終わったから、もういい」っていうのは困る。
まだまだ、警戒が必要なことにかわりはないんだから。

|

« また一人 | トップページ | パンデミック「宣言」間近 »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/45279964

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルの現状:

« また一人 | トップページ | パンデミック「宣言」間近 »