« 解散、総選挙!? | トップページ | ワクチン輸入? »

発熱外来など、大阪では中止に。

 7/14から、大阪では新型インフルエンザの対応がかわった。

発熱相談センターを中止。
発熱外来を中止。
かわりに、新型インフルエンザ相談電話を設置する。

 発熱相談センターがなくなったわけだが、
新型インフルエンザが疑われる場合、事前に医療機関に相談すること、
となっている。
発熱外来は中止。一般の医療機関で診察できるようになった。

http://www.pref.osaka.jp/chiiki/kenkou/influ/influ.html

.

 どうしてこんなことになっているか、というと、
大阪での感染拡大が止まらないから。
7/13の時点で、大阪の累計感染者数は500人弱。
これは、もちろん全国一だ。

6/30時点では、大阪は累計200人程度だった。
ちなみに、5月末で156人。これは、北大阪での流行の数字。
7月からの感染者数の増大は、5月の規模を超えている・・・。

 ある程度「まん延」してしまったので、
発熱相談センターや発熱外来では対応しきれないんだろう。。

 さて、発熱相談センターが中止になったとして、
新型インフルエンザが疑われる症状の場合、
前もって医療機関に相談すること、となっている。

患者「すみません、新型インフルエンザかも知れないんですけど、
    そちらの病院に受診してもよろしいでしょうか?」

 医療機関には、こういう恐ろしい電話がかかってくるわけだ。
これ、断ったりしたら、また「受診拒否」とか言われるんだろうな。
日本で重症化した例はないけれども、
医療従事者が感染した例も認められているし。

 医療機関は、こういった患者に対応できるように、
しっかりと対策をとっておく必要がある。

.

 さて、新聞の地方面ではさすがに情報が出てきているが、、
麻生さんの「解散宣言」なんかもあり、
テレビではほとんど報じられていないと思う。
ネット上の情報も、ローカルとなると探しに行かないと存在しない。

 つまり、新聞の地方面を読む人、でないと、
大阪で新型インフルが流行しているのがわからないわけで・・・。

 新聞離れもいい加減にしないと、
こういうローカルな(でも大事な)ニュースは、もれてしまう、と。

|

« 解散、総選挙!? | トップページ | ワクチン輸入? »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/45632977

この記事へのトラックバック一覧です: 発熱外来など、大阪では中止に。:

« 解散、総選挙!? | トップページ | ワクチン輸入? »