« 感染症学会の提言の問題点(新型インフルへの対応) | トップページ | 全頭検査はムダ »

父「で」あそぶ娘

 夜、娘と一緒にベランダで外をみていた時の話。
食事の後に、一緒に外をみながら、月をみたり、
夜景をみたりすることが多い。

私「パチンコ見える?ゴリラがのってるの?」
娘「みえないよー」
私「えー、きらきらしてるのわかるでしょ。」
娘「わからなーい」

 本当にわからないのかな?と不安になる。
んなわけないんだけど。

 指で方向を指し示してみても、娘は、
「わからなーい」としか言わない。

 おかしいなぁ、こんなにわからない子じゃないんだけど。
・・・と思っていると・・・。

娘「父、パチンコの横にある、赤いピカピカはなぁに?」
私「なにかなぁ・・・って、わかってるじゃんか!」

 責めると、娘は目をそらした。w
あれだな、確信犯で父をからかって遊んでいたわけだ。

 冷静に考えると、今の娘がわからない訳はないんだけど。

 ただ、遠くのものだから見えにくいのかな、とか、
ひょっとして、方向がわからないのか?とか、
いまいち、言葉伝わってないのか?とか考えてしまった。

.

 もっとも、小さい頃からそうやって遊ぶ子ではあったけど。
そういえば、名前もそうだったなぁ・・・。

「お名前は?」(08/12/26)

 ただ、こっちも完璧に意思疎通ができている訳ではないので、
つい、揺さぶられてしまう。このうそつきめ・・・。w
もう、ひっかからないぞ。

|

« 感染症学会の提言の問題点(新型インフルへの対応) | トップページ | 全頭検査はムダ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/46285469

この記事へのトラックバック一覧です: 父「で」あそぶ娘:

« 感染症学会の提言の問題点(新型インフルへの対応) | トップページ | 全頭検査はムダ »