« 父「で」あそぶ娘 | トップページ | 25%削減 »

全頭検査はムダ

 日本のBSE対策として行われている、全頭検査。
まぁ、当初からそんなことしなくてもよい、と私は思っていた。
それは、リスクの小ささを理解していたから。

 私はBSE騒動の時に、
「よし、これで牛肉が値崩れすれば安く食べられる」
と考えた不届きものだ。w

 もともと、何の対策を取らなくっても、日本でのリスクは低い
そのリスクをさらに下げるのに、多大なコストを使うのは、
バランスに欠けるなぁ・・・という意味で、全頭検査に反対だった。

.

 9/12付け、朝日新聞のオピニオン欄に、
食品安全委員会の吉川先生のインタビュー記事が掲載された。
(どっかに、テキストが転がってないか探したんだけど、
 今のところ、ネット上では見つけられない。)

 吉川泰弘・東京大学大学院教授は、実は少し前に話題になっている。
食品安全委員会への人事が、民主党などの反対で不同意になった。
この件も、ブログに書こうと思ってたけれども、もう旬じゃないので書かない。
詳しくは、松永和紀blogに書いてある。

http://blog.goo.ne.jp/wakilab/e/aaacd7eaf6d77a4da10f6aa75cb4778c

 なぜか、関わることになった中西準子先生も雑感を書いている。

http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak481_485.html#zakkan485

 まぁ、ここはもう終わった話なので、詳しくは触れない。

.

 さて、本題の吉川先生の主張。
私も知らなかったこと、おぼろげに知っていたことが結構あった。

 知らなかったことは、
国際社会から、「日本の牛肉はリスク管理できている」とされたのは、
つい最近、2009年の話である、ということ。
これは、特定危険部位の除去の対策、ピッシング禁止の対策が遅れたため。
 アメリカは、とっくに対策を取っていたので「リスク管理できている」
国の仲間入りをしている。

 つまり、国際社会の評価としては、
日本の牛肉は、アメリカの牛肉よりも危険、と判断されていたわけで。
実際、日本の牛肉を輸入禁止にしていた国は結構あったと記憶している。

 日本の言う「世界一厳しい全頭検査」は、科学的にはあまり意味がないため、
評価されていない。それよりも、特定危険部位の除去が不完全だったために、
日本の牛肉のリスク管理の評価が低かった、という・・・。

.

 月齢24ヶ月未満の牛に関しては、異常プリオンの検出が難しい。
難しいというか、実用レベルでは「不可能」と言った方がわかりやすい。
(「たまに」成功する、というレベルなんだろう)
 つまり、24ヶ月未満の牛に、検査する意味は・・・ない。
最初っから、結果のわかっている検査をしているわけで。

 例えてみよう。
入学試験が全て終わった後で、受験生全員におみくじを買ってもらう。
このおみくじで「大凶」を引いてしまうと、入学できない。
でも、このおみくじで「大凶」が出ることはないとわかっている

 このおみくじ、必要か?

(実は、厳密にはもう少しややこしい話なんだけど、
 大筋として間違ってはないと思う。)

 アメリカが全頭検査を拒否した理由がこれだ。
アメリカ「なんで、そんな無駄な検査やらないかんの?非科学的だ」
日本「いや、これはわが国ではどうしても必要な儀式だ」
 ・・・内向きにはそれでよくても、国際社会では通用しないわな。

 吉川先生は、この「全頭検査」をムダだ、とはっきり言っている。
この主張なら、ムダとしか言いようがない。
しかも、このムダな全頭検査を続けても安全性は一向に上がらない。
本来必要な対策であった、特定危険部位の除去の対策が遅れた結果、
ついこないだまで「リスク管理できない国」認定されていた、と。

.

 民主党の人間でも、わかる人はわかってるはずだ。
すなわち、この全頭検査は、「安全」のためにやってるんじゃない
国民の「安心」のためにやってるんだ、と。

 もっとも、民主党だけが悪いわけじゃない。
今まで政権与党だった自民党だって、わかってやってたはずだ。
「全頭検査はパフォーマンスに過ぎない」と。

.

 国民を馬鹿にしてんのか?
「この程度の科学的な話でも、国民は理解できないだろう。
 だから、安心させるために、パフォーマンスを行う。
 なぁに、国民は馬鹿だからパフォーマンスの意味に気づかないさ。」
ってことだよね、結局。

 即刻、全頭検査を中止すべきである
そんな金があるなら、他に回せ。こんな「ムダ」なことはないと思うが。

 しかし、リスクコミュニケーションというのは、難しいものだ、、
という話でもあるよなぁ。
 環境ホルモンしかり、ダイオキシンしかり・・・。
一部の人が煽るのはわかるけど、政府がそう簡単に煽られてどうするよ。
・・・いや、煽られるのは政府というよりも、世論であり、政治家であるんだが。

 ただ、少なくとも現状の説明はするべきだろう。
日本は世界で一番厳しい基準でBSEに取り組んできたはずなのに、
 なんで世界では「リスク管理できてない国」にされていたんですか?

 内向きな日本人ではあるが、たまには外も見てみよう。

.

|

« 父「で」あそぶ娘 | トップページ | 25%削減 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

リスクと必要経費のバランスは大事。実際日本人は賢明とは言えない。特に老人。

投稿: | 2009-11-03 12:56

 賢明な日本人もいるんですけど。
そういう人の意見が主流にならないんですよ。
 マスコミの問題なんでしょうね。

投稿: kitten | 2009-11-03 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/46285504

この記事へのトラックバック一覧です: 全頭検査はムダ:

« 父「で」あそぶ娘 | トップページ | 25%削減 »