« 預かってもらう | トップページ | クレヨンしんちゃんが・・・ »

エコナは安全だけど安心ではない?

 花王のエコナクッキングオイルが、販売自粛になった。
「発ガン性物質になるおそれがある成分が含まれている」ため。

花王の発表にリンクを張っておこう。

http://www.kao.com/jp/corp_news/2009/20090916_002.html

.

 エコナシリーズは、ジアシルグリセロールを主成分とした油。
通常の油とくらべて、食後の中性脂肪が上昇しにくく、
「身体に脂肪がつきにくい」とされている。

 特定保健用食品(トクホ)に指定されている。

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail360.html

.

 で、問題になっているのはグリシドール脂肪酸エステル。
この成分は、混入したわけではなく、製造過程で生じる副産物。
他の油にも含まれているんだけれども、エコナは特別に多く含まれている。
(おそらく、普通じゃない作り方をするからだろうな、と。)

 グリシドール脂肪酸エステル自体には、今のところ、
安全性への懸念を明確に示す情報はない。
ただ、グリシドール脂肪酸エステルが、分解されて、
グリシドールになると、今度は発ガン性があることがわかっている。
(構造式を調べてみたら、エポキシド構造。いかにも発ガン性ありそう)

 実際、グリシドールが体内にどれくらい吸収されるのかは、
まだよくわからないらしい。

.

 花王の見解としては、
「商品としての安全性に問題はない」
「しかし、安心を求める消費者に配慮して、販売を自粛する」


 わっかりにくいなぁ。
安全ではあるけれども、不安な情報があることも確かだから、
一時的に販売を中止します。
 グリシドール脂肪酸エステルの含有量を一般の油と同じ程度に
減らした商品を開発する、とのことだ。

.

 安全性に、めちゃくちゃ問題があるわけではない。
そんなに問題があったら、とっくにわかっているわけで。
どれくらいの問題があるのかは・・・今のところわからない。
おそらく、ごくわずかの危険性があるか、ないか、というところじゃないか、と。
健康リスクとしては、さほど問題にはならないんだろう。

 まぁ、トクホを買うような人は常日頃から健康に気をつけているだろうから、
ちょっとのリスクでも不安なら気になる、かも知れないな。
万一を考えての販売自粛なんだろう。

.

 ちなみに、この辺の話がでてきたのは、今年になってからだ。
ヨーロッパのほうで、グリシドール脂肪酸の安全性が議論になっているらしい。
それが、今年の話。
 で、厚生労働省が調べてみた(花王も独自に調べてた)ところ、
エコナには多く含まれていることがわかった、と。
 開発当初から危険性がわかっていたわけではない
つい最近になって、「ひょっとしたら危険かもしれない」とわかってきた、ってこと。
むしろ、この段階で動いた花王を評価すべきだろう。

.

 まず第一に、「100%安全な食品など存在しない。」
どんなものでも、食べ過ぎれば害になるし。
未だにわかっていない害が、存在するのかもしれないし。
科学が万能ではない限り、これは仕方ないことだ。

 このブログで、健康情報の基本について、書いてある。
カテゴリ「健康情報」の一番古い(つまり、最初に書いた)記事だ。
「健康情報の基本」(2007/2/4)

 もう一度、書いておこう。(以下、コピペw)

 健康のためには、色々な食材をバランスよくとることが、大事であり、
決して一つの食材に偏ってはならない。

 理由も書いておこう。科学は万能ではないからだ。たとえば、
「最近になって●●という食材の××という成分が▲▲によいとわかった。」
それまではわかっていなかったことでも、後でわかることはいくらでもある。
これ、当然、逆パターンも考えられるよね・・・。

「身体にいいといわれていた××は、実は効かない」ってパターン。
最近では、食物繊維を食べると大腸ガンが減るってのは、どうも怪しいとかあるし。

 効かない程度ならまだしも、実は身体に悪影響があるってこともあったりして。
問題は、そういうのが前もってわからないことだ。
大量に摂取してしまってから、「実は発ガン性が・・・」とか言われたら最悪だ。
科学は前もって全てわかっているわけじゃないんだから、それもありえる話。

 そういう「後だし情報」の弊害を回避するためには、
「ひとつの食材にこだわらない」ってのが基本になってくる。
そうすることで、リスクを分散することができるわけだ。

.

 以上、コピペ終了。(手抜きw)

 特に、後半の話は、今回のエコナ騒ぎにぴったりとあてはまる。
トクホといえども、未知の危険性が存在するってこったな。

 もっとも、エコナの場合は、「脂肪がつきにくい」というベネフィットの方が、
「発ガン性」のリスクのよりもはるかに大きいと思う。
 リスクの程度はよくわかっていないけれども、
ベネフィットは厚生労働省お墨付きだし。
・・・どれだけの権威があるのかはわからんが。w

.

 2009.09.27追記

 安井先生が、市民のための環境学ガイドで
わかりやすく(?)解説してくださっている。

http://www.yasuienv.net/Glycidol.htm

 環境が専門の安井先生が健康食品系の記事を書くこと自体珍しいが、
健康リスクという観点から、今回の件を解説している。

|

« 預かってもらう | トップページ | クレヨンしんちゃんが・・・ »

(~'09)健康情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/46261395

この記事へのトラックバック一覧です: エコナは安全だけど安心ではない?:

» グリシドール脂肪酸エステル 生成 [ブログニュー速!]
エコナの件 物質の「グリシドール」を生じるかもしれない、というのが今回の騒動の原因です。(グリシドール脂肪酸エステル) (グリシドール。上図脂肪酸部分が切断されたもの) 整理しておきますと、グリシドール脂肪酸エステル(水色)には発ガン性はないと考えられます。またグリシドールは、Fischer(続きを読む) 健康一滴 には応じるらしいけど…。でも 「発がん性が指摘される物質に 変化する可能性がある 『グリシドール脂肪酸エステル』が 他の食用油よりも多く含まれて」ても 「体に脂肪がつきにくい」し ... [続きを読む]

受信: 2009-09-22 21:13

« 預かってもらう | トップページ | クレヨンしんちゃんが・・・ »