« 3歳児と死の概念 | トップページ | 歩数計 »

予想通りインフル警報

 えっと、私は岸和田および周辺に、(勝手に)インフル警報を出した。
「岸和田にインフル警報」(2009/10/16)

 結果・・・やっぱり、警報が出た
10/12~10/18の週の結果が10/21付けで発表されているけれども、
岸和田は予想通り「警報」レベル。
(ちなみに、和泉は、「注意報」で止まっていた。)

.

 インフルエンザの感染力とは、恐ろしいものだ、と思う。
致死率がこの程度で、本当によかった、とも。
これくらいの感染力があって、もっと凶悪な病原性だったら、
と思うとぞっとする。
 ほとんど、大多数で大したことにならないからまだいいようなものの。

 私の感覚としては、「ここ数年でもっともインフルが流行している」状態だ。
今週に入っても、収まる気配は全くない。
もっとも、大人でかかる人は珍しい部類に入る。ほとんど子供から若者。
 同じくらいのペースで大人もかかったら、社会を維持するのが難しいだろうな。

.

 まだ総括するには早すぎるんだが。
今回の「新型インフルエンザ」は、過去のものと比べると、格段にしょぼい
本当に「新型」の括りにいれていいのか、というくらい。

 それでも、(それだからこそ?)こんな大混乱になる、というのが恐ろしい。
病原性も弱いし、感染力も(ある程度年齢があれば)たかが知れてる。
もし、本気の「新型インフル」がやってきたら、こんなもんじゃないよなぁ・・・。

 もっとも、それまでには医学、科学の進歩が期待できる
抗インフルエンザ薬も増えているだろうし、ワクチンの製造能力も上がるだろうし、
全てのインフルに効果があるワクチン、なんてのもできてるかも知れないし。

|

« 3歳児と死の概念 | トップページ | 歩数計 »

新型インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/46573074

この記事へのトラックバック一覧です: 予想通りインフル警報:

« 3歳児と死の概念 | トップページ | 歩数計 »