« 台風一過 | トップページ | オバマ大統領にノーベル平和賞 »

対照実験の必要性

 いきなり問題

対照実験とはどのような実験のことか?

.

 答え:結果を検証するための比較対象を設定した実験

 例えば、鉄と硫黄を混合して加熱すると、硫化鉄となる。
硫化鉄は、磁石にくっつかない。
塩酸をかけると、腐卵臭(卵の腐ったにおい)がする。

 ところが、この実験だけでは本当に硫化鉄になってるのかわからん。
そこで、対照実験が必要になる。
鉄と硫黄を混合しただけで、熱を加えないものを用意する。
磁石はくっつく。
塩酸をかけると、無臭の気体が発生する。

 対照実験があって、初めて、
鉄と硫黄を混合して加熱してできる物質は、
混合しただけの物質とは異なる性質をもつことが証明される。

.

 この実験例、覚えている人もいるんじゃないかと。
中学校の理科で、頻出する実験である。(今でもそうかな?)
つまり、対照実験という言葉は、中学校で習っているはずだ

 一つの事象だけでは、大したことは言えない。
他の事象と比較することで、初めて証明ができる・・・ということ。

.

 と、ここまでが前ふり。
natrom氏のブログに、ニセ科学を見抜く練習問題が出ていた。

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20090925

以下、一部引用

 インフルエンザの患者さん(成人)のうち、
71%はインフルエンザのワクチンを接種していた。
これではワクチンに予防効果があるとは言えない。

さて、問題。
Q.上記のデータからインフルエンザワクチンの予防効果の
 有無について判断できるか?

引用終わり。

 答えは、「判断できない。」対照がないから
インフルエンザにかからなかった人の、ワクチン接種割合まで
調べないと、何も言うことはできない。
 例えば上記の例でも、「ワクチン接種率が95%」とか言われると、
ワクチン非接種者の方が、圧倒的にインフルにかかりやすいのがわかる。
逆に、ワクチン接種率が70%程度であれば、ほとんど効果がないと言える。

詳しくは、上記リンクを参照のこと。

.

 ワクチンの効果について、ここで論じるつもりはあまりないが、
簡単にふれておく。

 ワクチンって当たり外れが激しい。
なにせ、「半年後に流行しそうな株」を先読みして作っている訳で。
読みが当たれば、有効率は高いけれども、
外れれば、それほど有効ではない。
・・・それでも、接種しないよりは、接種したほうが重症化は
防ぎやすい、といわれている。

 昨シーズンのワクチンは、かなり「外れ」っぽい印象だ。
ワクチンを接種してるはずの人が、何人かインフルかかってたし。

.

 インフルエンザのワクチンは、「接種しておけば、まずかからない」
というほど、強力な効果はない。
でも、「接種してもムダ」というほど、弱くもない。
中途半端で、説明しずらい。w

 個人の結果としては、「インフルにかかる」「かからない」と、
結果が白黒はっきり出てしまうので、
「接種しておけばかからない」とか、「接種してもムダ」とかいうような、
極端な話になりがちである。
それも、自分の周りの体験談を元にしているだけに、どうしても引きずられる。
一個人の体験を、全体に当てはめることはできないんだけど、
やっぱり「自分の体験」ってのは強く印象に残るから。

.

 話がずれてしまった。

 この記事の本題は、統計データの読み方。特に、対照の重要性について。
「対照実験」という言葉は中学校で習うはずなんだけれども、
たぶん、覚えている人は少数派なんじゃないかと。(苦笑)

 理系に進んだ人か、文型でもロザン宇治原のような秀才なら
覚えているかも知れないが。w

 科学的な数字の見方ってのは、社会に出ても必要になる。
ここんとこ、義務教育でしっかり教えるべきだろう。
そうすれば、変な詐欺にひっかかる人が少なくなるだろうに。

|

« 台風一過 | トップページ | オバマ大統領にノーベル平和賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/46434531

この記事へのトラックバック一覧です: 対照実験の必要性:

« 台風一過 | トップページ | オバマ大統領にノーベル平和賞 »