« ワクチン接種 | トップページ | 医療従事者の接種回数 »

アルコールと睡眠導入剤

 なんか、そんなニュースが出ているらしい。
連続不審死事件?患者さんに聞かれた。
(私は、興味のないニュースは見ないから。)

 睡眠薬は、基本的にアルコールと併用してはいけない。
アルコール自体が、中枢抑制作用をもつ上に、
睡眠薬の肝臓での代謝(解毒といってもよい)が遅れるから。
肝臓が、アルコールの代謝に手を取られるため。

 特に、一部の睡眠薬では意識消失や、健忘(記憶が飛ぶ)が
おこることがあるので、注意が必要だ。
気がつけば、知らない場所に一人で寝てた、、
なんてこともありうる話だ。

.

 犯人、、というか、容疑者は知っていたんだろう。
もちろん、ネット上でも探せばそういう情報は転がっているけど・・・
薬剤師が教えた可能性が高いよなぁ、、と感じる。

 普通、初めて睡眠薬が処方された患者さんに対しては、
基本的に飲酒は避けるように指導する。
理由を聞かれたら、ちゃんと説明するし。
・・・それを悪用されたらどうしよう、とは考えないし、
説明しないほうがもっとまずいから。

|

« ワクチン接種 | トップページ | 医療従事者の接種回数 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/46647901

この記事へのトラックバック一覧です: アルコールと睡眠導入剤:

« ワクチン接種 | トップページ | 医療従事者の接種回数 »