« 紅葉 | トップページ | 3ヶ月 »

ルールを破るなら・・・

 仕事の話。
先日、終了時間間際に、知っている患者さんが駆け込んできた。
他の薬局に行ったけれども、信用できないのでこっちに来た、とのこと。

 その患者さんは、ウチの近くの医院さんに来たときはウチに来てくれるが、
他の病院に行ったときには、その近くの薬局で薬をもらっていたらしい。
それ自体は、よくある話だから別にかまわないんだが。

.

 患者さんの訴えを聞いてみると、、

1.処方箋に明らかな誤りがあった。
2.薬剤師から、FAXで疑義照会するから時間がかかるといわれた。
3.他にも患者さんはたくさんいて、長時間待たされた。
4.あまりにも待ち時間が長いので、直接病院に行こうとしたら止められた。
5.あげく、「たぶんこれでいけると思います」と、医師の返事を待たずに投薬した。

 ・・・。こう書くと、怒るのも無理はないわな。

最後に見切り発車で出すくらいなら、最初からそうしろよ、と。
しかも「たぶん」て何?そう言われたら服用できないだろうが。
俺が直接病院に聞いてやると言ってるのに、なぜ止めたのか理解不能。

 ごもっともでございます。

 ただ、この患者さんは疑義照会に時間がかかるのは理解していた。
で、ウチの薬局なら自宅からも近いので、いつでも来れる、と。
「明日の夜にまた来るから、それまでに何とかしといて」と言われ、
その日は帰られた。

.

 処方箋の誤りは、

「ハイペン錠200mg 2錠
 ガスターD錠10mg 2錠 1日1回 朝食後」

というもの。

 薬剤師なら一目でどこがおかしいかわかる。

 おかしいのは用法。
ハイペンは痛み止め。ガスターは胃薬なんだけど、
これらは通常1日に2回服用するタイプの薬。

1日2錠はそれでよいとして、それを朝1回で服用するのはおかしい。
おそらく、正しい用法は「1日2回 朝夕食後」だろう、とまで推測できる。

 ただし、用法ではなくて用量が違うとか、
そもそも医薬品名が異なっている、という可能性もわずかにある。
なので、疑義照会は必須だ。

.

 問題となった薬局では、その病院にFAXで疑義照会を行った。
おそらく、「疑義照会はFAXで」と決められているんだろう。
そのこと自体は、仕方のないことだ。

 で、診察中の先生までなかなかつながらないってのも仕方ない話だ。
そこで、患者さんは「俺が直接先生に聞いてみる」といったんだけど、、

 薬局としては、「今、FAXで聞いてるところなので・・・」
と及び腰になる。多分、病院に対する配慮も少しはあると思う。

.

 ただし、こんなしょうもないことで長時間待ってもらうのは気が引ける。
そこで、(誤りは)ほぼ間違いないだろうから、と見切り発車する。
もちろん、法的には問題がある。
薬剤師は、処方箋に疑義が残る場合、調剤してはいけない
しかし、同業者として、その判断も理解できる。

 最後に言葉を間違えたのが致命傷となり、患者さんは激怒された、と。

.

 私には、問題の薬局の行動が、それほどひどいとは思えない。
ほとんどが、「どうしようもないルール」によって固められている。
最後にそのルールを破っているが、それも患者さんを思えばこそ、だ。
 はっきり書けば、私でも同じコースにはまる可能性はある。

 患者さんの怒りも、理解できる。
じゃぁ、何が問題だったのか、というと・・・
医師の処方ミス・・・は、もう仕方のないこととして(苦笑)
薬局側の配慮だわな。

 待たせてしまう理由を、はっきり言うこと。
待たせっぱなしにするのではなく、声をかけること。状況を伝えること。
やむを得ず返答を待たずに出すのなら、理由もしっかり伝えること。
それができないのであれば、そんな違法行為はしない方が身の為だ。

 おそらく、全てができていなかったわけではないと思う。
たぶん、「ちょっとずつ」配慮が足りなかったんだろうな。
その積み重ねとして、トラブルに発展したんだろう、、と推測。
ヨソの事例だけど、ウチでも大いにありそうなことだから、
ちゃんと、考えないといけないなぁ・・・と思った。

.

 ちなみに、問題の処方箋はどうなったか、というと・・・
ウチからは、FAXじゃなくて直接電話で疑義照会した。
 処方箋のどこにもFAXで、なんて書いてないし。
門前の薬局とは「FAXで」と申し合わせがあったのかも知れないが、
ウチとは関係のない話でございます

 直接医師とは話ができなかったが、比較的早い段階でカルテを確認できた。
カルテには、正しい処方(1日2回)が書かれていたという。
(つまり、医師ではなくて事務方の入力ミス)
もう、その時点で疑義照会は終了だ。
 ここまでかかった時間、わずかに3分。w

.

 うん・・・同じルールを破るなら、
「疑義照会の返答なしで調剤するな」というルールではなく、
「疑義照会はFAXに限る」というルールを破るべき、ということだ。

 この辺、患者さんに応じて臨機応変やってもいいだろう。
元はといえば、変な処方箋出した病院が悪いんだから、
これくらいのルール破りは許してもらわないと困る。

|

« 紅葉 | トップページ | 3ヶ月 »

(~'09)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/46738824

この記事へのトラックバック一覧です: ルールを破るなら・・・:

« 紅葉 | トップページ | 3ヶ月 »