« バンクーバー五輪開幕 | トップページ | スピードスケートでメダル2つ »

調剤過誤について

 薬局の(ウラの)話として。
薬剤師が調剤する際に、間違えることがあるのか?という話。

 以前にもヒヤリハットということを書いたことがあるが、、
当然、間違えることはありえる。人間だもの。
ただ、間違えることは、決して許されないとは思っているが。

.

 実際に、どれくらいの割合でミスがおこるのか?
これは、全体的なデータがないのでなんともいえない。
ただし、私の勤め先のデータなら、ある程度ある。

 現状、2000件に1件くらいの調剤過誤がある。
もちろん、これは「わかっているだけで」
誰も気づかない(患者さんも)ミスは、発覚しないのでわからない。

 一時期、ひどい時期は500件に1件くらいだったな。あの頃はひどかった。
その頃に比べると、改善されてきてはいるが、まだまだだ。

.

 ちなみに、過誤の内容は、「錠剤の数が多い/少ない」というのが一番多い。
次に、「薬の種類が少ない」というもの。(シップの入れ忘れとか)
この辺は、重大な事故にはつながらないから、まだいいんだけれども。

 最悪なのが、「違う薬を調剤した」というもの。
これは、健康被害が発生する可能性があるので、絶対にダメ。

.

 もう、言い訳のしようもないので、絶対にやりたくないんだが・・・。
そのために、二重、三重にチェックするんだけれども、、
中にはどうしてもすり抜けてしまうものがある・・・。

 過誤をいかにして、なくすか、少なくするかは、
薬局にとって、かなり重要なテーマになっている。

.

 こんなこと、自分で言うのもなんだけど・・・

薬剤師を100%信用してはいけない。

不安、不満があれば、必ず連絡した方がよい。
どんなにすごい薬剤師でも、(ごくまれに)間違えることはある。。 

.

 ちなみに・・・。医師の処方ミスも、結構な頻度である
(もっとも、医師のミスというより、事務のミスの方が圧倒的に多いが。)

 処方ミスは、ウチの薬局で発覚するだけで、30件に1件くらいはある。
たいていは、「この薬が出ていない」とかいう単純な処方漏れだけど。
ウチの薬局の場合は、調剤過誤よりも圧倒的に高い頻度で発生する。(苦笑)

 なので、「薬の数が足りない」=「薬局が間違えた」ではない。
正確には、「薬局が間違えた可能性がある。」だ。
どちらにしても、問い合わせは薬局にすることになるが、
薬局で調べた結果として、医師の処方ミスが発覚するケースも結構ある。

 ・・・だから、最初からケンカ腰で電話しないで下さい・・・。(本音)

|

« バンクーバー五輪開幕 | トップページ | スピードスケートでメダル2つ »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/47578257

この記事へのトラックバック一覧です: 調剤過誤について:

« バンクーバー五輪開幕 | トップページ | スピードスケートでメダル2つ »