« 新型インフル終結宣言 | トップページ | 3歳6ヶ月 »

抗酸化活性が生理的に有用であるという根拠がない

 元ネタは食品安全情報blog。

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20100226#p2

 EFSA(なんて訳したらいいだろう。ヨーロッパ食品安全機関?)が、
健康強調表示を行うための意見を発表した。

「健康強調表示」とは、わかりやすくいうならば、
「○○によい」と、商品に表示できること。
思い切りぶっちゃけていうと、日本の「トクホ」のヨーロッパ版
 ただし、健康強調表示を行うためには、きちんとした根拠が必要になる。
その厳しさは、日本のトクホの比ではない。(苦笑)

 で、多くの企業の商品で、「これこれこういう風に、抗酸化作用がある」
というデータをもって、身体に良いという表示をしたいと申請が多数あった。
それに対する、EFSAの回答が・・・

抗酸化作用が、生理的に有用であるという根拠がない

 これで、バッサリ斬られた。w
「抗酸化作用がある」というデータをがんばって集めたのに・・・。
そもそも、抗酸化作用が身体によいという根拠がないから、まるで無駄、と。

 この制度は、確かまだ始まったばかりだと記憶してるんだけど、
EFSAのあまりの厳しさ(よく言えば、科学的厳密さ)に
申請を取り下げる企業が続出しているそうだ。
商品のイメージアップのために強調表示したいのに、
バッサリ斬られるとイメージダウンになりかねない、と。w

.

 一時(今もか?)もてはやされた「抗酸化作用」だけれども、
少なくともEFSAから見れば、身体によいという根拠はないんだそうな。
未だにセールストークに使ってる業者は多そうだけどな、これ。

|

« 新型インフル終結宣言 | トップページ | 3歳6ヶ月 »

('10~)健康情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/47726711

この記事へのトラックバック一覧です: 抗酸化活性が生理的に有用であるという根拠がない:

« 新型インフル終結宣言 | トップページ | 3歳6ヶ月 »