« 「花」 | トップページ | 生活保護と後発医薬品 »

後発品のメーカー指定はしないで・・・。

 さて、2010年4月の調剤報酬改訂で大きく変わったのは、
ジェネリック医薬品の推進に関して。
それについて、何回か愚痴らせてもらう。(苦笑)

 ジェネリック医薬品(後発医薬品、以下、後発品と略)とは、
まぁ、安モンだ。ただ、同じ成分、同じ効能をうたっている。
国としては、医療費削減のため、なんとかこの後発品を普及させたい。

 そこで、今回は「後発品調剤体制加算」の算定条件を厳しく、
かつ、点数を上げることによって、保険薬局が後発品をすすめるように
思い切り利益誘導をかけてきた。

 その結果、多くの薬局で今まで以上に後発品をすすめている

.

 先発を使うか、後発にするかは、医師、患者、薬剤師の三者で決まる。
まずは、医師が「後発品に変えてもいいよ」のサインを処方箋に書くこと。
(正確には、後発品に変えちゃダメ、のサインをしないこと。)
で、その処方箋を受け付けた薬局は、患者さんと相談して、
先発品のままでいくか、後発品に変更するかを決める。
 そういう流れだ。

 薬局としては、後発品に変えたいんだけれども、
患者さんの意志よりもさることながら、
まず医師が「後発品OK」と言ってくれなきゃはじまらない。

.

 ところが、医師の側はまだまだ後発品に対する不信が強い。
なので、「後発品OK」と言わない医師も数多い。
(少なくとも、私の勤務する薬局のそばの医院は、変更不可の方が多数派)

.

 でも、薬局としてはなんとかしたい。
そこで、薬局(あるいはメーカー)が、医師に働きかける。

 医師にしても、「何が何でも後発は全部ダメ」って人は少数派。
また、「OK」のサインを出してしまうと、薬局側に何に変えられるか
わからん、というのも、医師からみると不安なんだろう。

 そこで、「この薬を、この後発品に変えてください」と医師に相談する。
医師としても、後発品を全く使わないとなると、それもまたちょっと問題。
なので、「後発品に変えてもよさそうな薬」だけ、それも、自分の好きな
後発品メーカー(信用できるのか、仲が良いのかは謎)に変更する、
という手段をとることがある。

 つまり、処方箋に最初っから後発品を書いて、「変更不可」とする。
これなら、薬局に変更される恐れはないし、
先発品を使いたい患者さんに対してもきちんとフォローできる。

.

 ところが、これが問題・・・。
いや、その医師の近くの薬局ならば、その後発品は確実にあるさ。
でもね、どの薬局に処方箋をもちこむかは患者さんの自由。
他の薬局に処方箋を持っていくと、かなりの高確率で在庫がなくて、
長時間待つハメになってしまう、という。。

.

 以前にも同じような記事を書いた記憶があるが・・・。
前よりも、ちょっと切実。最近、ホントに多くなってきた。

.

 例えば、Aという薬があったとする。うちの薬局には、Aという薬と、
Aの後発品でBという薬も在庫してある。
ところが、処方箋にはC(Aの後発、別メーカー)で書かれた上に、
「メーカー変更不可」の指定が入ってくるわけで。

 しかも、そんなのが金曜日の夜遅くに持ち込まれた日には・・・。
下手すれば、月曜日まで待ってもらうハメになる。

.

 さらに、そもそも後発品が嫌いな患者さんにも容赦なく出してくる。
つい、最近もこんなことがあった。

 処方元の先生は、後発品嫌いな先生。当然、「変更不可」
患者さんも、後発品嫌いな患者さん。(これは、これまでの経緯で確認済)
でも、処方箋に一点だけ、ウチに在庫がない後発品が書いてある。
しかも、先月までは先発品が出ていたのに

・・・なんでだよ・・・。

 あんまりだったので、疑義照会で先発品にかえてもらった。
これはいったい、何の嫌がらせですか?と言いたくなるわ。
門前の薬局と結託してるんじゃないのか?

.

 あのね、先生達。
そういう場合は、先発品を書いて、「変更可」としてください。
一部の薬しか変更して欲しくなければ、処方箋にそう書いてもらえば
ちゃんと対応する。そういうルールもあるんだから。

 この「一部の医薬品のみ変更不可」ルールは、
こういう先生のためにあると思うんだけど、このルールを使いこなしている
医師って、私の知る限り一人もいない・・・。

.

 どうなんだろう?これ、医師からみれば、
「薬局は全ての医薬品を備蓄しておけ」ってことになるのか?
もちろん、先発品ならそう対応するけれども、
後発品のメーカーも各種取り揃えろって言うつもりなのか?

 理想形はともかく、現状でそういうことをされた場合、
一番困るのは患者さんだってことを、忘れないでもらいたい。

 

|

« 「花」 | トップページ | 生活保護と後発医薬品 »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

古い記事にすみません。

私の場合ですが、
一番安い後発品に変えてくれるように薬局にお願いしたら、
口には出さないものの明らかに嫌そうな顔をされましたので、
それ以来、
一番安い後発品+変更不可
と、医師に書いてもらっています。

先発品と高い後発品の差額より、
高い後発品と一番安い後発品の差額の方が大きい事が珍しくない薬を飲んでいますので。
それだったら先発で良いじゃないか。
と、なってしまいます。
全て同じ価格ならどれでも構わないのですが。

投稿: | 2013-03-24 19:12

 うーん、それ、薬局としては正直キツイです。

「一番安い」中でも、納入しやすいメーカーのものと、
納入しにくいメーカーがあるんです。
 入りにくいメーカーなら、1週間とかざらにかかります。
稀に、どうやっても入荷できない薬とかもあったりします。

 また、「一番安い」といっても、
例えば数円の差であれば、保険調剤は1円の位を
五捨五超入(四捨五入みたいなもんです)するので、
実質値段変わらないことも多いです・・・。

 たぶん、一見さん相手だと嫌な顔しますね。(苦笑)
定期的に来ていただいている患者さん相手なら、
何とかすると思いますが。

 

投稿: kitten | 2013-03-25 00:16

お返事ありがとうございます。

薬剤師さんですと薬の種類が大体想像できてしまうかもしれませんが、
最安値と最安値以外の後発品ですと、
一回の会計に300円以上差が出来てしまうので、
年間を考えると妥協できる金額ではなくなってしまうのです。

先発品が高額だけに差が広がってしまうのかも。
先発品が安ければ誤差になるのでしょうけど。
ここは厚生労働省に何とかして欲しいかもしれません。
一回の会計差が数十円なら気にしないと思うのですが。

投稿: | 2013-03-25 01:13

ジェネリックはメーカーによって患者に合う合わんがある。
(自分の経験から)
だから、メーカーを指定しても取り寄せ出来ません、という
薬局の態度はいかがなものか?

患者は一週間でも待つといっているのに。

投稿: dr | 2015-09-06 06:08

>drさん

 コメントありがとうございます。

私は、患者さんの希望であればどんなメーカーでも取りますよ。

この記事で批判しているのは、患者さんの意向関係なく、
医師が(薬学的理由なしに)後発品の銘柄を指定しているケースです。これが困る、と。

 ただ、薬局によっては(患者さんの意向での)後発品の
メーカー指定を断る薬局もあると思いますが、
患者さんのことを考えるなら、当然取り寄せるべきです。
ちゃんとした薬局なら、取り寄せてくれると思いますよ。

投稿: kitten | 2015-09-06 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/48133074

この記事へのトラックバック一覧です: 後発品のメーカー指定はしないで・・・。:

« 「花」 | トップページ | 生活保護と後発医薬品 »