« 浜名湖へ | トップページ | 「しょうがない」 »

せいくらべ

 五月の童謡は「せいくらべ」

柱のきずは おととしの
五月五日の せいくらべ
ちまきたべたべ 兄さんが
計ってくれた せいのたけ
きのうくらべりゃ 何のこと
やっと羽織の 紐のたけ

.

 こいのぼりは、もう完璧に覚えているので、
「せいくらべ」にしてみた。意味は難しいけれども。

 というか、たった2年でそんなに背が伸びるかね??
羽織の紐って・・・どこについてるんだろう。
普通に考えたら、あまりにも低すぎる気がするんだが。w

 娘は、この歌を「5月の歌」と認識している。
歌詞の中に「5月5日」ってあるもんな。
歌詞にはっきりと日付が入ってる歌って・・・あんまりない?

.

 絵描き歌で「6月6日」はよく出てくる気がするが。
(なんか違うか。w)

|

« 浜名湖へ | トップページ | 「しょうがない」 »

童謡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/48288609

この記事へのトラックバック一覧です: せいくらべ:

« 浜名湖へ | トップページ | 「しょうがない」 »