« 父の日 | トップページ | 第3戦を前にして »

代替の小技

 後発品代替は、今年の4月から少しだけルールが変わった。
値段が下がることが条件だが、薬の規格や剤形をある程度選べるようになった。

 錠剤の先発品から、カプセルの後発品に変えることも可能になった。
うれしいのは、規格を変更することもできること。
5mg錠の半割処方を、2.5mg錠を1錠で調剤することもできる。

.

 できれば、規格変更は後発品代替に関わらずに認めて欲しい。
薬局にもよるんだけれど、うちの薬局は在庫している薬品数が多い。

 例えば、「アムロジン錠5mg 0.5錠」という処方が時々来る。
アムロジンには2.5mg錠もあるのに、なぜか半割させる処方だ。

 これは、病院の採用薬の問題である。
ようは、病院の方でアムロジンの2.5mgを採用していないんだ。
採用していない薬は、処方できないらしい。(そもそも、これがおかしいが。)

 でも、薬局にはアムロジンの2.5mg錠も在庫している。
保管にしても(半割すると、安定性がやや落ちる)
手間にしても(半割するのは手間だ。w)
薬効にしても(本当にきれいに半分に割るのは、結構難しく、ばらつきがでる。)
どう考えても、アムロジンの2.5mg錠を1錠で渡す方がいいんだけど、
これは現状、認められていない。

 なので、薬局は「2.5mg錠で出してくれー」と内心で思いながら、
仕方なく5mg錠を半割する。(苦笑)

 ところが、後発品代替にすると、この規格変更が可能になる。

 アムロジン錠5mg、0.5錠の処方であれば、
「アムロジピン錠(後発品)2.5mg 1錠」で代替することが可能になった。
これは、うれしいルール変更だ。
できれば、先発でもして欲しいんだけどなぁ。

.

 この前、このルールを駆使した代替調剤をした。

処方は、

カロナール錠200mg 1.5錠

 うちは、カロナール錠は200mgも300mgも置いている。
200mgをわざわざ割らせるのは、単に病院の都合である。

 カロナールは汎用される薬であるが、実は後発品扱いの薬だ。
なので、この処方を、カロナール錠300mg 1錠に変更することは可能である。

カロナール錠200mg 1.5錠→カロナール錠300mg 1錠

 全く同じ名前の薬の規格違い調剤という、反則すれすれな技だけど、
これでも、値段は安くなったから問題はない。
何より、保存性も持ち運びも簡単だし、いいことづくめ。

.

 もうひとつ、小技。

このルールだと、後発品のドライシロップ剤はかなり使い勝手がよい。

代替調剤での剤形変更は、粉薬→粉薬。水薬→水薬で可能なんだけれども、
ドライシロップ剤は、そのままなら粉薬として、水に溶かせば水薬として調剤できる。

 例えば、塩酸プロカテロール(メプチン)のドライシロップの後発品があれば、
メプチンシロップの代替も、メプチン顆粒の代替も可能だ。
一人二役で活躍できる。w

.

 ただし、力価が異なるので、ちゃんと計算できることが前提条件になる。
粉薬の剤形変更は、少し難しいけれども、うまく使いこなせば
薬局の在庫を絞ることができると思う。

|

« 父の日 | トップページ | 第3戦を前にして »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/48677573

この記事へのトラックバック一覧です: 代替の小技:

« 父の日 | トップページ | 第3戦を前にして »