« 参議院選挙がはじまってる | トップページ | 善戦したけれども。 »

まさかのカンニング

 上の娘は、ひらがなはほぼ全て読めるようになっている。
濁音も問題ない。読めないのは、「っ」。これ、説明難しい。
あと、「は」を「わ」と読む場合とか、「へ」を「え」と読む場合とか。
これも、説明は難しいんだよな。

.

 ひらがなを覚えるための訓練の一つとして、
ひらがなポスター」を部屋に貼っていた。
全てのひらがなと、その文字を使った言葉を絵で表現してくれている。
例えば、「ま」にはまくらの絵と「まくら」の文字が。

 もっとも、ほかにも本だったり、積み木だったり、
色々と勉強するあてはあったんだけれども。

.

 ひらがなをほぼ全て覚えたところで、ようやく「しりとりあそび」が
できるようになってきた。
もっとも、これも「しりとり」の概念を理解するのにかなり時間がかかったが。

 珍しく娘から「しりとりしよう」と誘ってきたので、勝負してあげた。
3歳児相手のしりとりって、結構難しいものがある。

向こうも語彙が少ないから難しいけど、こっちとしても、
相手の知っている単語」でしりとりを続ける必要がある。
 少しは知らない言葉でもいいかも知れないけど、
さすがに、しりとりに毎回説明がいるようだと面倒くさいし。

.

 結構、熱い勝負になった。
もちろん、こちらも手加減はしている。
同じ語尾で攻めたりとか、「ら行」攻めとかしたら、泣いてしまうだろうし。w
なかなか出てこない言葉があれば、こっちからヒントを出したり、とか。

 でも、なかなか出てこない。1回目はともかく、
3回目の「ま」とかはさすがに厳しい。
(ちなみに、1回目は「マント」、2回目は「まち」)
「まーまー・・・まー」とうなりながら・・・なぜか移動する娘。

 すると、さりげに「ひらがなポスター」のそばをうろちょろしている

 そして、直後に答えは出た。「まくら!」

.

 これは、マジにびっくりした。

まさかのカンニングだよ、おぃ。

堂々と見に行った訳ではないところを見ると、後ろめたさは感じているようだ。w

 いやー、しりとりでカンニングなんて発想がまず考えつかない。
もちろん、三歳児に「カンニング」なんて概念はないだろうが。
そもそも、「ひらがなポスターを見れば答えがあるかも」という発想もなぁ・・・。

 本人は、「ちょっとズルをした」くらいの感覚なんだろうか?
まぁ、何が何でも答えを出そうとした結果なんだろう。
あまりのことに、こちらもびっくり。

 次に「ライオン」で負けてあげた。w

.

 一回目は見逃してやるが、次にやったらちゃんと注意しようかな。
しっかし・・・おそろしい娘だ。

|

« 参議院選挙がはじまってる | トップページ | 善戦したけれども。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/48742679

この記事へのトラックバック一覧です: まさかのカンニング:

« 参議院選挙がはじまってる | トップページ | 善戦したけれども。 »