« 10ヶ月 | トップページ | もう少しだけ »

まさかの勝利

 サッカーワールドカップ。

 日本は、初戦でカメルーンに勝利。
自国開催以外では初の勝ち点3を手にした。

言っちゃ悪いが、勝てるとは思っていなかった。w

 歴代のワールドカップ日本代表の中でも、戦前の評価は最低に近いと思う。
公式戦4連敗中だったり。全然、点が取れてなかったり。
それでいて、目標だけは「ベスト4」だったり。

.

 試行錯誤の結果、本田の1トップという布陣。これもどうかと。
それまで、全然でてこなかった陣形が、ひょこっと出てくる。
これまで積み上げてきたものって何よ?という状態。

 日本が誇る中村俊輔は、コンディションがいま一つとかでベンチだし。
これで、どうやって勝てるの?

.

 でも、勝った。一番の勝因は、言っちゃ悪いが相手が弱かったんじゃないかと。
カメルーンはアフリカの強豪国のはずなんだけど。
メンバーが悪いのか、調子が悪いのか、連携が悪いのか。

 いや、日本が相手のよさを消した、とも言えるかも知れないが。

.

 日本は、阿部、長谷部といったボランチが地味に仕事をしていた。
海外に出ている日本人の中でも、長谷部は異色だと思う。
守備的MFで、海外で戦えるレベルってちょっと他に思い当たらない。

 中田英にしても、中村俊輔にしても、攻撃的なMFだった。
本田や松井にしてもそうだけど。

.

 少ないチャンスをものにして、1-0で逃げ切る。
理想的な結果になったんじゃないかと思う。
終わってみれば、本当に少ないチャンスだったし。

 そこで、しっかりと決めてくれた本田は素晴らしい。
本来、FWじゃないはずなんだけど。

 また、アシストした松井も、華麗なテクニックを見せてくれたと思う。

.

 リードして迎えた後半30分。やはり、4年前の記憶がよみがえった。
ドイツ大会初戦のオーストラリア戦。1-0から3失点で逆転負けした試合。

 でも、4年前よりもだいぶ安心してみることができたと思う。
まぁ、4年前のオーストラリアよりも、今日のカメルーンの方が弱いというのもあるが。

 解説でも言っていたが、トゥーリオの存在は大きいわ。
4年前は、センターバックが弱かった。中沢、宮本、坪井、茂庭ぐらいかな?
中沢が二人いればいいのに、とか思ったわ。w

 終了間際のひたすらのパワープレイを、ことごとく跳ね返してくれた。

 気になるのが、そのトゥーリオがイエローカードをもらった点。
累積2枚とかなったら、厳しいんだけど。

 さて、次はオランダだ。ここからが本番、の気持ちで。
まぁ、実力を考えれば、引き分けで御の字なんだけど。
負けるにしても、あまり大敗すると、得失点差が問題になる。
負けても1点差くらいなら、最終戦に望みをつなげるよなぁ。

 そっか、初戦で勝ち点3を取れれば、最終戦まで絶対に可能性が残るんだ。w
未だかつてなかった事態だから、なんか新鮮だ。ww

|

« 10ヶ月 | トップページ | もう少しだけ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/48633887

この記事へのトラックバック一覧です: まさかの勝利:

« 10ヶ月 | トップページ | もう少しだけ »