« いくつになっても、苦手は苦手? | トップページ | 両親の影響 »

エクアとアクトスの併用

 疑義照会実例。
たぶん、この例は長期的に見たときに、意味がなくなると思うが。(汗)

さっそく、処方実例

<処方実例>

エクア錠50mg   2錠
アマリール錠3mg 2錠

分2 朝夕食後 14日分

アクトス錠30mg  1錠

分1 朝食後  14日分

以上

 実際は、他にも血圧やら尿酸やらコレステロールやら薬が出ているが、
本質とは関係ないので省略。

 エクアという薬は、今年発売されたばかりの新薬である。
DPP-4阻害薬という(比較的)新しい作用機序をもつ。
副作用が少なく、使いやすい、、という宣伝がされていた。

.

 では、この処方の何が問題か?
まず、エクアとアマリールの併用についてである。
他薬ではあるが、同じDPP-4阻害薬であるジャヌビアで、
「SU剤との併用による低血糖に注意!」という注意喚起が出ている。

 もともと、低血糖を起こしにくい薬剤として開発されていたはずなのに、
実際に使ってみると、SU剤との併用で重篤な低血糖を起こすことが
結構あったらしい。
 アマリールはSU剤。しかも、1日6mgという高用量(極量)なので、
これは注意が必要である。

.

 まぁ、併用禁忌ではない。患者さんに注意はするが、
絶対に処方変更しなければならないほどではない。

 問題は、もう片方。アクトスとの併用だ。

.

 エクアの効能、効果は、

2型糖尿病で、下記の治療法で十分な効果が得られない場合に限る。 
1.食事療法、運動療法のみ
2.1に加えて、SU剤を使用。

 となっている。
アマリールはSU剤だから(副作用はあるが)問題はない。
問題は、アクトスだ。
 エクアの効能、効果だと、アクトスと併用はできないことになる。
保険適応がないわけだ

 なので、これは疑義照会すべき事例である。

.

 実は、この辺のところ非常にややこしい事情がある。
というのは、DPP-4阻害薬。2010年7月現在で、3成分が
承認されているが、それぞれ併用できる範囲が異なるのである。

 ジャヌビア(orグラクティブ)は、SU剤、ビグアナイト、アクトスとの併用OK。
エクアは、SU剤のみ併用OK。
ネシーナは、αGIのみ、併用OK。

 とまぁ、見事にバラバラである。
しかも、これは製剤の特徴によるもの、、ではない。
(いや、少しはあるのかも知れないけれども。基本、同類の薬だし)

 単に、承認をとるときに、「どの臨床試験を優先したか」を
あらわしているだけにすぎない。
早晩、臨床試験が進めばどの薬も全ての薬と併用OKになる可能性が高い。
でも、「今のところ」併用できる保険適応がバラバラ、と。

 多分、来年の今頃ならそんなに問題なくなってると思うんだけど。

.

 でもまぁ、保険適応外になるんで、一応医師に問い合わせてみたが・・・
「そのまま、エクアでいってください」と予想通り無視された。

 医師がエクアにこだわる必要はよくわからないんだけれども、
この保険適応の問題が、副作用なんかとは全然関係ないっつーのも、
医師もわかっている。
 むしろ、副作用で見るなら気をつけるのはSU剤との併用だ。

.

 この場合、一応疑義照会はした訳で。
保険適応が違うから、と保険で削られるとすれば医師の方だな。
今のところ、処方が続いているところをみると、
まだ保険者からは何も言ってこないんだろう。(苦笑)

 しっかし、基本的に同じ類薬なのに、
ここまでバラバラに適応を取られると、現場は非常に困る。
しかも、患者さんのことを考えているわけでもない。
単に、「審査の都合」とかだったりする訳で。
 お役所仕事だから仕方ないんだろうけれども、
もう少し何とかならんかなぁ、、と考えてしまったり、する。

|

« いくつになっても、苦手は苦手? | トップページ | 両親の影響 »

疑義照会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/48965773

この記事へのトラックバック一覧です: エクアとアクトスの併用:

« いくつになっても、苦手は苦手? | トップページ | 両親の影響 »