« 正解ルートあるのか? | トップページ | 医師と薬剤師と後発品 »

イクメンという言葉

  「イクメン」という言葉を、最近目にする機会が増えた。

男性が育児休暇をとりやすくなったのとあわせて、
テレビや新聞で取りざたされている言葉だ。

「イクメン」とは、育児する男性のこと、だと思う。
言葉の響きがイケメンと似ていることもあってか、
メディアでは結構出てきているように思うが・・・
日常ではまだまだじゃないか、と。

.

 まずはじめに。
私は、育児する男性自体を否定するつもりは毛頭ないので。
むしろ、この流れをどうやって進めるかを考えてもいるが・・・
現時点での「イクメン」の問題点を書いていこうと思う。

.

 まず、「私はイクメンである」と自ら言える男性が、
果たしてどれぐらいの人数、存在するだろうか??
これが問題である。
 少なくとも、私は自分をイクメンだとは言いづらい。

 最初に、「育児する男性はすばらしい」という前提がある。
これは逆に言うと、育児に関わらない男性は、よろしくない、と。
まぁ、そりゃそうなんだけれども、、ね。

 でも、全く育児に関わらない父親なんて、少数派じゃないか?
多くの父親は、育児に関わろうとしているし、できる範囲で関わっている。
ただ、その「できる範囲」が個人の事情によって異なるだけだろう。

 もっとも、そもそも育児に関わろうとしていない父親も、いるかも。
それはそれで、また別の問題なんだけれども。

.

「育児に関わろうとしている父親」ならまだともかく、
「育児している父親」というのは、自分から宣言しにくいもんなんだ。
よいイメージの言葉を、自分では使わないだろう?

「ラーメン、つけめん、ぼくイケメン」って言ってた芸人がいたけど、
あれは、自ら「イケメン」であると名乗るから面白い。
まぁ、微妙なイケメンだから成立するギャグなんだが。

 私は、自ら「イクメン」であると宣言するのも、同じことだと思う。
自ら「イクメン」と名乗ることは、
「あの人、イクメンって言ってるけど、そんなに育児手伝ってないよね」
という、目に見えないプレッシャーと戦う羽目になるわけだ。
 いや、実際はそうじゃなくても、本人にはそういうプレッシャーがある。

「イケメン」と同じように、他人から評価される分にはうれしい。
でも、自分から名乗るのは、ちょっと厳しい。そういう言葉だ。

.

 実際にメディアで「イクメン」と取り上げているとき、
「自分とは関係ない」という感覚で記事が書かれていると思うのは、気のせいか?
何の臆面もなく「イクメン」と書けるってのは、
よほどの自信家か、あるいは、自分は「イクメンじゃないから」と
安全圏から書いているんじゃないのか?

.

 まぁぶっちゃけ、
「イクメン」といってしまうと、変なプレッシャーがかかってしまう。
私は、自然体で育児に関わりたい。w
そういう意味で、この言葉はあまりよく思っていない。

.

 まだ、言葉のイメージだけが先行している状態だからなぁ。
しっかり定義できるならば、こう定義したいと思う。
「イクメン」=「育児に関わろうとしている男性」
これくらいの定義にしてもらえれば、大いに賛同できるんだけど。
・・・世の女性たち、それくらいで勘弁してもらえないだろうか?(苦笑)

甘いかな?

|

« 正解ルートあるのか? | トップページ | 医師と薬剤師と後発品 »

('10~)コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/48806698

この記事へのトラックバック一覧です: イクメンという言葉:

« 正解ルートあるのか? | トップページ | 医師と薬剤師と後発品 »