« 減塩への道は厳しい | トップページ | 先生は忙しい »

見事なツッコミ

 娘が幼稚園に通うようになって3ヶ月が過ぎた。
いまのところ、それほど汚い言葉を使うようなことはない。
嫁によると、「少し関西弁が入りつつある」ようだが。

 まぁ、うんちとかちんちんとかはよく言うけど、
それは今に始まったことではないし。この年頃の子なら仕方ないかと。

.

 言葉で一番変わったところは、「○○かよ!」という
ツッコミが入るようになったところだろうか。

.

 さて。娘にはよく絵本を読んでやっている。
その中に、「はなのみち」という絵本があった。

 くまさんが道の途中で、何かわからない袋を拾う。
くまさんは、それを友達のリスさんに見せに行くんだけれども、
リスさんの家についた時には、袋の中は空っぽ。

.

「しまった あながあいていた」

.

 実に文字の少ない絵本だった。
見開き2ページで「しまった あながあいていた」とは・・・。
なんというか、シュールだなぁ、と。
 まぁ、私の読み方にも問題はあるかもしれないが、
娘はだいたい、ここで笑ってくれた。

 もちろん、「はなのみち」の話はこれで終わらないんだけど、
まぁそっから先はおいておくとして。

.

 日常でもこのセリフをボケに使うことがある。
娘は、私との散歩ではたいてい、何かを拾って嫁へのおみやげにする。
どんぐりだったり、花だったり。

 で、それを私が預かるということが多い。
こないだは、どんぐりを私の胸ポケットに入れていた。

 娘に「どんぐり、ある?」と聞かれて・・・
ちょっとあわてたフリをしてボケてみる。

「しまった あながあいていた」

 ここで娘は間髪いれず

「はなのみちかよ!」

 うーん、ナイス突っ込みだ。w

.

 ついこないだ、もう一度試してみた。
砂場で見つけた貝殻を、私にあずけていた。
ところが、この時は薄着だったので胸ポケットなどない。
ちゃんと、手で握ってもっていた。

娘「父、ちゃんと持ってる?」

「しまった あながあいていた」

 これに対して、、

「おててにあなはあきません!」

 あまりにも正しい突っ込みに、吹き出してしまった。w

.

娘「だって、袋やポケットだったら穴が開くこともあるかも知れないけど、
  おててに穴があくわけないじゃん!!

.

 はいはい、あなたはいつも正しいよ。
しかし、ほれぼれするほど見事に返してくれた。
こうして、大阪人のDNAは受け継がれていくんだろうか?(違)

|

« 減塩への道は厳しい | トップページ | 先生は忙しい »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/48830776

この記事へのトラックバック一覧です: 見事なツッコミ:

« 減塩への道は厳しい | トップページ | 先生は忙しい »