« 畝山先生の本 | トップページ | カルシウムサプリは危険? »

歯医者

 こないだから、歯医者に通っている。

 直接の理由は、以前(といっても、たぶん10年以上前)の
詰め物が取れてしまったため。

 ついでに、久しく(直近で、娘が生まれる前だ)行ってなかったので・・・。
意を決してみてもらうことにした。

.

 少し痛みはあるので、虫歯はあったはずなんだけど、
日によってはまったく痛くないこともあり、放置していた。

 とりあえず、詰め物をなおしてもらったあと、
案の定、虫歯がいっぱい(汗)あるので、治療してもらうことに。

.

 で、今日も行って来たわけだが・・・。
正直、痛くもかゆくもない虫歯を治すのは、心理的に抵抗がある。
いや、理屈では治したほうがよいのはわかっているんだけれども。

 ただ、歯医者というのは、誰しも行きたくない場所であるわけで。

.

 歯科医ってのは、そういう「患者さんを脱落させないスキル」とかも
勉強するのかなぁ?とか、考えてみた。
 治療の途中で、来なくなる相手ってのが一番まずいだろうし。
ただ、脅せばいいってもんでもないだろうし・・・。
結構、難しいんじゃないかな。

.

 それは、私の仕事(というより、医師か。)でも同じようなことはあるな。
自覚症状がまったくない高血圧などの生活習慣病の治療は、
似たような問題を抱えることになる。

 ただ、おいしいものを我慢するのか、痛いのか、の違いかな。

.

 ちなみに、親知らずも抜いたほうがよいと言われている。
これもまた、今は痛くもかゆくもないだけに、
さらに悩ましいところではある。(汗)

「いずれ、抜くことになるだろうから、早いほうが何かと楽だよ」

・・・そういわれてもなぁ。
まぁ、こっちはそんなに切羽つまってるわけでもないから、
ゆっくり考えよう。

|

« 畝山先生の本 | トップページ | カルシウムサプリは危険? »

('10~11)日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/49062580

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者:

« 畝山先生の本 | トップページ | カルシウムサプリは危険? »