« 関節痛に対するサプリメントは効かない? | トップページ | がんと健康食品 »

10年連続200本安打

 スポーツから。

 イチローが、今年もやってくれた。
昨日(現地時間では一昨日か)、シーズン200安打に到達。
これで、10年連続というとんでもない記録になった。

.

 イチローがメジャーに渡った当初、
ここまで活躍できると予想した人がどれくらいいただろうか?

日本にいた時も、他の人とはレベルが違ったけれども。
にしても、メジャーリーグで10年間、一流であり続けるなんて。
すでに、メジャーでもベテランの域。
 イチローのプレーをみて、あこがれて入ってきた若手、なんてのが
わらわらいるんじゃないかな。10年もいると。

.

 日本人野手として、10年も活躍を続けているのはイチローだけ。
他には、松井(秀)もがんばっているが、さすがに衰えもみえてきたし。
数年程度なら活躍できた選手もいるが、10年ってのは・・・すごいな。

 もう、破れそうな記録はだいたい破ったんじゃないだろうか?w
「日米通算」の記録ならまだしも、それは向こうでは認められないだろうし。
さすがに、メジャーだけで4000本とかは無理じゃないか?
1年200本のペースなら、あと10年近くかかる。

.

 あとは、どこまで一流でいられるか、現役でいられるか。
なんか、まだまだ十分いけそうな気はするが。
スポーツ医学やトレーニング技術の進化により、
スポーツ選手の寿命は延びていると思うし。

.

 でも、これだけすごいプレイヤーがいるのに、
なんでマリナーズはずっと下位に低迷しているんだろうね??
もう、記録はだいたいやりきっただろうから、、
あとは、優勝。マリナーズ最後の地区優勝は、イチローのルーキーイヤー。
引退するまで、、というかマリナーズを離れるまでに、
もう一回くらい優勝して欲しい。もう、200本安打にはこだわらなくてもいいから。

|

« 関節痛に対するサプリメントは効かない? | トップページ | がんと健康食品 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

イチロー選手が、年間200本安打を打ち続ける事について
チームメイトの城島選手(現在は阪神)が語った言葉ですが
「ヒットへの考え方は超越している。

いい打球を打った後、僕ら普通の打者は「落ちろ!」
「抜けろ!」と思う。

でもね、その打球か野手に捕られたときはショックが
大きいじゃないですか。

イチさんは打った後「捕れ!」と意識している。

打った後の出来事は、自分で制御できないという理由。

アウトになると思った打球が野手の間を抜けると精神的に
プラスになるんですって。・・・」

スゴイな~ そんな風に考えられるなんて。
生きていくヒントをもらったような気がしましたよ。

投稿: 太郎 | 2010-09-25 17:36

 本当に、常人離れしてますよね。。

「自分に制御できるもの」「制御できないもの」という
分け方も、イチローは割り切ってますね。

ライバル(制御できない)の数字しだいである
首位打者よりも、自分の数字にこだわるところも。
この割り切りが、「制御できるところ」に対する
不断の努力につながっているんじゃないかと思います。

 この「努力を続けられる」というのが、
イチローに限らず「天才」の一番の才能なんじゃないか、と
思いますね。

投稿: kitten | 2010-09-26 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/49552214

この記事へのトラックバック一覧です: 10年連続200本安打:

« 関節痛に対するサプリメントは効かない? | トップページ | がんと健康食品 »