« NHK杯 | トップページ | 首長の育児休暇が話題に »

糖鎖を斬る(その1)

 糖鎖ってなに?糖鎖栄養素って??
まぁ、最近に限った話ではないんだけれども・・・。
健康食品のキーワードのひとつになりつつあるらしい。

 まだまだマイナーではあるんだが、その糖鎖の情報を整理して、
どこが間違っているか、どこが正しいかを解説してみたい。
もっとも、まだまだ発展途上の学問なので、どう転ぶかはわからんが。

.

 今回は(その1)。予定では(その3)までの予定。
3日連続であげると内容が濃すぎるので、
1週間に1つくらいのペースで記事をあげていく。

 参考サイト(というか、斬るつもりだが。w)にリンクはっておこう。

糖鎖栄養素.com

 ここによると、
「糖鎖は、ガン・糖尿病・アトピーなど
 さまざまな病気の原因に関与しています。」とある。

 とりあえず、ガンとアトピーが並んだところで怪しさ爆発だ。w
(いや、この文章自体には誤りはないんだけどね。)

 簡単に糖鎖について説明してみよう。参考サイトを読んでくれた方が早いが。
wikiから引用してみる。

「糖鎖とは、各種の糖がグリコシド結合によってつながりあった一群の化合物」
「糖鎖は糖同士だけでなく、タンパク質や脂質その他の低分子とも結合して
 多様な分子を作り出す。これら糖タンパク質、糖脂質は生体内で重要な
 生理作用を担う」

 正しいけどわかりにくいな。伝わりにくい。
一言で言えば、「糖鎖はとっても大切

染色体や遺伝子ってのは、生体情報をつかさどっている。これらはDNAで出来ている。
身体にとって重要な反応を行う、タンパク質は、アミノ酸がつながってできている。
それに対して、糖質がつながってできているのが「糖鎖」であり、
これも染色体やタンパク質に負けず劣らず、生体内で重要な役割を持っている。

 糖鎖は、特に細胞膜から突起として出ていることが多い。
そしてこの糖鎖は、細胞間の情報伝達を仲介しているアンテナのようなもの、らしい。
この糖鎖が正しく機能しないと、身体は困ったことになる、、と。

.

 で、この糖鎖はたった8種類の糖からできている。
DNAが4種類、アミノ酸が20種類と考えると、多くも少なくもないか。
8種類の糖のうち、簡単に摂取できるのはグルコースとガラクトースのみ。
他の6種類は、食事からは簡単には摂取できない。
 じゃぁ、どうするのかというと、グルコースを原料にして、肝臓で作られる。

はい、ここまで。。

.

 私が確実に同意できるのは、ここまでである。
「糖鎖は非常に重要である」
「糖鎖の原料である糖は、一部を除いて経口摂取は難しい」

 では、この後「糖鎖栄養素.com」はどういう主張をするのか、というと・・・

(以下引用)

実は、糖質栄養素の大半は、主にグルコースを元にして、肝臓で作られているのです。
それにはビタミン、ミネラル、15種類にも及ぶ酵素転換、さらにエネルギーと時間が
かかります。それに加え、食品を含む環境の悪化や、様々なストレスにより発生する、
活性酸素で、この作業が阻害されてしまいます。自己治癒力や免疫力を最大限に発揮
するのに、とても間に合わない状況なのです。

<中略>

今、糖鎖を整えるには、口からこの糖鎖栄養素を充分に補う以外に方法がありません。

(引用終わり)

 今回、「糖鎖栄養素.com」を槍玉にあげたが、糖鎖関連の健康食品の主張は、
ほぼ同じである。(ひどいとこになると、肝臓で作られることを書かない。w)

 ようは、現代はストレスやら環境の悪化で肝臓が疲れているから、
糖鎖の元になる糖をうまく作れない、と言っているんだな。

 私は、この意見には懐疑的である。まず、根拠を示せ、と言いたい。
(だれか知ってたら教えてください。)

 糖鎖というのは、生体上非常に重要な物質である。
その原料を肝臓が作れなくなっている?そんなやわな臓器じゃないだろ。
というか、もしそれが本当ならガンやアトピーになる前に確実に死にそうだ。

 人間の身体の仕組みって、「不足したら困るもの」は、
まず不足しないようになっているのよ。
もし肝臓へのダメージ云々で作れないってんなら、
人類はとっくの昔に淘汰されて絶滅してるんじゃないかと思う。

 もっとも、これは私の感覚である。それこそ根拠はない。w

 どうすれば実証できるかな?
血中の単糖類の濃度を測定できれば、なんとかなりそうだけど・・・
これ、簡単に測定できるものなのか??
まぁ、その気になればなんとかなるのかも知れないが、簡単ではないぞ。

.

 さて、糖鎖の説明でよく出てくるのは「ABO式血液型」の話である。
今回の参考サイトには出てこないけど。
血液型は、赤血球についている糖鎖の種類によって変わる。
A型はO型の糖鎖にNアセチルガラクトサミンがついてる。
B型はO型の糖鎖に、ガラクトースがついている。
たった、単糖ひとつの差によって、「血液型」が決められていて、
これが違うと輸血の際には大変なことになりかねない、という。

 この話は、「糖鎖は割と身近な存在なんだよ」ってエピソードとして
出てくる話なんだけれどもね。
例えばさ、肝臓にダメージがあって糖鎖の原料の
Nアセチルガラクトサミンが足りなくなったら、
A型の人はO型になってしまうの?

ありえないでしょ。

 糖鎖って、めちゃくちゃ重要なんだよ。
その原料が不足するってありえる話なのか?
必須アミノ酸のように、どうやっても生合成できないってんならともかく、
生合成できるルートがあるなら、絶対に作られるでしょ。。
もし、不足することがあるってんなら、逆に、糖鎖は大した役割をしていないよ。

.

 ということで、この時点で糖鎖栄養素.comは終わってしまうんだが。w
一応、この続きの話を書いておこう。

1.糖鎖は大事。
2.糖鎖の原料は8種類。うち6種類は経口摂取困難。
3.肝臓が疲れてるから、糖鎖栄養素がうまく作れない。←ここでダメ。
4.糖鎖栄養素をサプリメントから摂取しましょう。

 とりあえず、糖鎖サプリを売る研究者は、まず3の根拠を出してください。
そこをクリアできたら、次に進みます。

長くなったので、(その2)へ。

|

« NHK杯 | トップページ | 首長の育児休暇が話題に »

('10~)健康情報」カテゴリの記事

コメント

肝臓が疲れてるから?頭が疲れてるからでしょう。6種のうちシアル酸のみは吸収できる。母乳中にはシアル酸が多く含まれ人工乳児より母乳児のほうが、シアル酸血中濃度が高い、シアル酸枯渇が問題なのです。

投稿: 吉田医院 | 2014-09-18 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/49855750

この記事へのトラックバック一覧です: 糖鎖を斬る(その1):

« NHK杯 | トップページ | 首長の育児休暇が話題に »