« 糖鎖を斬る(その1) | トップページ | ドラフト2010 »

首長の育児休暇が話題に

 ニュースより。

 首長(市長や県知事など)が育児休暇を取るというニュースが相次いでいる。
広島県知事や、箕面市長。ほかにもいたと思う。

 それに対し、なぜか大阪府の橋下知事がよくわからないコメントをしている。
まぁ、何事においても橋下知事にコメントを求めるマスコミもどうかと思うが。w

.

 基本的には、大阪府知事は首長の育児休暇に反対なのだそうな。
たしか、「世間知らず」と言ったとか。

 橋下さんは、結構な子沢山だったと思うけどな。
最初は、何を言ってるんだと思ったが、結局はこういうことらしい。

「育児休暇を取れる社会には賛成だが、首長の育休には反対。」
「首長が育休を取ったからといって、世間が取れる環境になるわけではない。」

 単なるパフォーマンスならやめておけ、ってことか?

「仕事に支障をきたさない範囲で取る育休なら、価値観は変わらない。
 公務に支障が出ても、2週間でも丸々休めばいい」

 それくらいの覚悟で取れってことか。
言葉を切られると「おいおい」と思うけれども、
全体としては、まぁわからなくもない意見だと思う。

 もっとも、価値観は誰かが変えていかないと永遠に変わらない訳で。

 それに、育児休暇は何のために取るのか?という問題もあるわな。
パフォーマンスの意味もなくはないと思うけどさ、
基本的には家族のためにとるもんじゃないの

 まぁ、ハナっから「育児休暇なんてとんでもない」という話になるよりは、
議論する余地があっていいと思うけど。

 男性の育児休暇はやっぱり大変だと思うけど、
私はあえて育児休暇をとった首長を評価したい。
頭の固い人たちに、「そういう価値観もある」というニュースを
知らせるってのは、悪いことではないと思うから。

 それじゃ変らんよって言うなら、別の方法を橋下さんがやってくれよ。w

 

|

« 糖鎖を斬る(その1) | トップページ | ドラフト2010 »

ニュース」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

税金で生計を立ててる者、特に知事や市長などが”育休”なんてことは許されるはずがありません。なぜなら土曜日と日曜日があるでしょう。そして男性です。

民間では男性が育休で休暇を取るなんて人はほとんどいない、特に中小企業では認めませんよ。会社に居づらくなりますよ。

だったら知事や市長をやるべきではないはずです。立場を良く考えるべきです。

父親の子育ては当然大事なことですが土曜日と日曜日があるでしょう。民間ではそうやって子育てをしています。あるいは仕事を終ったらです。

知事、市長が忙しくて育児ができないから育休を取るなんて事を言うのなら何故平日に仕事を育児が出来る時間に切り上げないのですか。それこそ長期間育休を取るぐらいなら普段の実務時間をどうにかすることを考えるべきでしょう。

頭おかしすぎです。民間には育休なんて許されてないようなものです。税金で生計を立ててるならもっとまともな考えを持つべきだ。

民間で普及したらやれ。

投稿: aaa | 2012-09-04 11:09

 コメントありがとうございます。
知事、首長のような公職の方が育児休暇をとるのは、
賛否両論あるところだと思います。記事で橋下さんの
発言を引用している通り、「パフォーマンスならやめろ」
ってのは、十分ありえる反論です。

 ただ、aaaさんは根本的に育休の認識が間違ってます。
育休とは、子どもが1歳に達するまで、主に子どもの世話を
目的としてとる休暇、休業です。
 土日や仕事終わりの「子育て参加」とは根本的に違います。

 典型的な例を一つあげますね。
夫婦の両親が全て仕事している、あるいは遠方などで、
助力をあてにできない状況だとします。
(今の若い世代は、母親が普通に働いていることは
 多いです。昔とは違います。)

 産後すぐの女性は、体力が戻っていません。
赤ちゃんの世話をするだけで精一杯です。
では、誰が家事をします?ご飯を作ります?
さらに、上に子どもがいて、未就園児であれば、
誰がその面倒をみますか?
 男性の育児休暇が必要なのは、そういう状況です。
土日、とか、仕事終わってから、ですむ子育てとは、
根本的に違います。

 また、かなり過去の記事なのでソースは見つかりにくいですが、
育休をとった首長は、仕事に支障が出ない範囲でしか取ってません。そこを橋下知事(当時)に「本気で取るなら2週間くらい取ってみろ」とつつかれている訳です。
(実際のところ、数日とか、それこそ時短でしか取ってなかったはずです)

 民間に任せて普及するように見えないから、普及させるためにやった「パフォーマンス」ですよね。
それが成功したかどうかはわかりません。
では、それが失敗だとすれば、どのように普及させるかを
考えないといけませんね。
 

投稿: kitten | 2012-09-04 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/49860819

この記事へのトラックバック一覧です: 首長の育児休暇が話題に:

« 糖鎖を斬る(その1) | トップページ | ドラフト2010 »