« チャンピックス騒動は落ち着いている | トップページ | ひさびさに散歩 »

糖鎖を斬る(その2)

(その1)の続き。
糖鎖代表で、「糖鎖栄養素.com」さんを参考サイトとして、
その主張を検証してみている。

前回の最後をもう一度。

1.糖鎖は大事。
2.糖鎖の原料は8種類。うち6種類は経口摂取困難。
3.肝臓が疲れてるから、糖鎖栄養素がうまく作れない。←ここでダメ。
4.糖鎖栄養素をサプリメントから摂取しましょう。

 3の根拠になっているのは、参考サイトでは
「ストレスに満ち、食品を含め、これだけ環境の悪化した現在」となっている。w
ほんまか?

 えっと、少なくとも日本においては平均寿命は延びる一方なんですが?
環境に関しても、私が生まれた頃が悪化のピークで、その後改善されてますが?

 ストレスに関して言うならば・・・戦時中の方がよっぽどストレスないかい?
「明日、取引先に怒られるかも」というストレスよりも
「明日、爆弾が落ちてくるかも」というストレスの方が、よっぽど上でしょ。
まぁ、爆弾が落ちてくれば死ぬから、健康に対する被害はある意味0だけど。

 食品環境の悪化かぁ・・・。よく言われるイメージ戦略だと思う。
これだけ食卓が豊かになったから、平均寿命が世界一なんだけどな。
どうも、こういう人たちはそういう考えはうかばないらしい。

 がんになる人が増えているっていう話もあるな。これも正しいんだけど。
一番の原因は高齢化であるってのが定説になっている。
がんになるまで死なないから、がんになる人が増えているだけ
年齢調整すれば、がんになる人は少しずつ減っているはずだ。

.

 もうひとつ、指摘しておこう。
「糖鎖が悪いから、病気になる」という主張、これ、本当か??
逆の可能性もあるんじゃないの??即ち、
病気が原因で、糖鎖がおかしくなっている。」

 実際に、そういう例は確認されている。
一部のガンにかかると、がん細胞により異常な糖鎖が大量に発現することが
知られている。それらは「腫瘍マーカー」として、
がんの診断に実際に使われている。つまり、糖鎖を測定することで
がんになっているか、どの程度がんが進んでいるかを調べることができるんだ。

 じゃぁ、例えばアトピーにしたって、そうかも知れないんじゃない?
アトピー患者には、異常な糖鎖が多い、としよう。
糖鎖が異常だからアトピーになっているのか、
アトピーだから糖鎖が異常になっているのか、これだけじゃわからんぞ。

 私は、(がんの例から考えて)むしろ後者の可能性の方が高いんじゃないかと。
病気だから糖鎖が異常になっているのなら、
いくら糖鎖栄養素を摂っても、病気はなおらないんじゃないのかな?

 火事がおこると、必ず消防車が来るからといって、
消防車が火事の原因とは限らんだろ。w

.

 この参考サイトも、現代医療否定の匂いがするんだよな。

以下、引用

今病院で本当に治せる病気が思い当たりますか。殆んど無いといっても良いのでは
ないでしょうか。「えー!こんなに医学が発達しているのに?」と言う方も居るでしょう。
実は、発達したのは検査の技術と、対処療法(症状を抑える)の技術のみで、
病気の根本原因の治療と予防に関しては殆んど研究が進んでいないのです。
その証拠は、いっこうに病気も減っていないし、病人も増える一方と言う事実です。

 引用終わり。

 がん、って完治しなかったっけ??
天然痘は撲滅に成功したし。感染症も抗生剤で「治せる」よね。
C型肝炎も治せる時代になってきたし。
盲腸(虫垂炎)だって、手術できない時代なら死ぬ病気だと思うぞ。
エイズは、現状では完治は無理だけど、治療すればもはや死ぬ病気ではないと思う。
確かに病気も減ってないし、病人も多いけど、それは寿命が延びたからじゃない?
病気ですぐに死ぬ人ってのは、昔より明らかに減っているけど。

.

 もっとも、予防を考えるべし、という主張だけは間違ってはいない。
ただ、そっちの方面もかなり研究は進んでるよ。
「ビタミンCは風邪の予防には効かない」っていうのも、
ちゃんと研究したからわかったことだし。w

他にも、もうちょっと引用。

.

病気は機能低下から起こります。そして症状が現われて来ます。この段階は患者の
感覚でしかないのです。この段階で病名が判断できない時医者は、
「とりあえず様子を見ましょうか。」と言います。これはもう少し病気が悪化して、
はっきりと病名が付けられ様になるまで待ちましょうと言う事なのです。

(中略)

悪化するのを待って、検査をし、所見が得られ、病名が付いて初めてマニュアルに
従った、クスリの処方などの治療が出来ます。治療と言っても症状を抑える対処療法のみ
です。それで初めて保険請求が出来、収入となるのです。病院だとて営利事業なのです。

.

 引用終わり。
これはひどい。

あのね、「とりあえず様子を見る」のはね、それこそ「自然治癒力」に期待して。
悪化するよりも自然治癒する可能性の方が高いと思うからだよ。

 収入を考えるんだったら、ありとあらゆる検査をする方がいいに決まってる。
薬の処方っていっても、院外処方にしてるところならあんまり利益にならんし。

 まぁ、この人は糖鎖栄養素サプリが売れたら自分の利益になるからな。

.

 え、私?こんな批判活動しても、一銭にもなりゃせんよ。w

あともう少し、わからないところや書き足したいところがあるので、
(その3)に続きます。

|

« チャンピックス騒動は落ち着いている | トップページ | ひさびさに散歩 »

('10~)健康情報」カテゴリの記事

コメント

グーグルアラートに掲載がありましての訪問です。同じくアラートからの最新の「糖鎖情報」一番でないとダメなんですかの?スパコン導入での事業仕分けの対象になった「理化学研究所」=ノーベル賞受賞の「野依良治」博士が理事長=での理研最新のニュースです⇒http://bit.ly/bPUBjo ご参考までに

(1)(2)と楽しく読ませていただきました

投稿: 情報発信人 | 2010-11-07 06:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/49909330

この記事へのトラックバック一覧です: 糖鎖を斬る(その2):

« チャンピックス騒動は落ち着いている | トップページ | ひさびさに散歩 »