« アトピーとステロイド | トップページ | 配偶者控除なんていらない。 »

今までの退職金制度からの移行

 今後しばらく(あと数ヶ月)、水曜日は「確定拠出年金(401k)」に関する
連載を行っていく。今回は3回目。

.

 ちょっと本筋から外れる。私の会社のケースを紹介しておく。

会社から確定拠出年金の話がきたときは、ちょっとびっくりした。
「会社が退職金ケチるために、そんなとこまで手出すの?」と。w

 説明を受けて仕方ない、、というか今までの制度がなくなるから
「やむをえず」ということだとわかったけれども。

.

 ここで、従業員に選択肢が与えられた。

 新制度に移行するかどうか。選ぶことができた。
問答無用で入らなきゃいけないわけではなかった。
確定拠出年金に加入しない場合、
毎月の掛け金を給料としてもらうことができる

 デメリットとしては、給料でもらうと社会保険料や税金が引かれちゃう
ってことだけど、メリットは、「とりあえず現金が手に入る」こと。

 確定拠出年金に移行しての一番のデメリットは、
60歳までに退職しても退職金が出ない」ことだ。
転職する予定のある人は加入するかどうかを考えたほうがよい。
またライフプランを考える上で、退職金よりも今の現金の方がよい人はいるだろう。

.

 また、制度移行時にそれまで(会社が)積み立てていた退職金を
そのまま確定拠出年金に移行させるか、移行時に現金でもらうかも選べる。
これも悩ましい。そこそこまとまった金になってるからなぁ。

 そのまま移行させた場合のメリットは、とりあえず税金がかからないこと、と、
運用により殖やすことができること。(もちろん、減る可能性もあるが。w)
逆に、一時金としてもらってしまうと、税金がかかってしまう上に確定申告が必要
ただ、そこそこまとまった金だからなぁ・・・。今、金が欲しい人は悩みどころだろ。

.

 従業員それぞれ、事情が違う。全員に最適な解は存在しない
それぞれが、自分の事情を考えて判断しなければならない訳で。
ここがまず、ひとつの分かれ目になる。

.

 ちなみに・・・。
うちの会社の場合、この説明会で初めて退職金の計算式が示された。
これはオープンにできないので、もちろんこの場に書けない。
いや、私は匿名だけど、式を書くと会社が特定される恐れがあるし。w

感想。

 この会社、退職金・・・少なすぎ

前もって教えてくれないからなぁ。そんなこと聞けないし。w
はっきりとはみんな言えないけれども、悩んだ人もいると思う。

1.確定拠出年金に移行する。
2.先に現金で受け取る。
3.こんなしょぼい会社やめてやる

 選択肢3が、悪魔のささやきとして残った。w

.

 一般的に、退職金の計算式は次のようなものが多い。

退職金=(勤続年数)x(基本給)x(係数)

 勤続年数に退職時の基本給を掛けて、それに係数をかける。
この係数は、会社によって異なる、ってわけ。

 例えば、勤続30年、基本給30万、係数1.0なら、
退職金は900万って感じ。問題はこの係数だ。

 身近な例として、退職間近な私の父の場合の係数と、
私の会社の係数を比べてみよう。もちろん、実数はかけないので大まかな比で。

私の父の職場):(私の職場)=

 もはや笑うしかないな。w
ようは、同じような基本給で同じような勤続年数でも、
私の退職金は父の退職金の半分にも満たないことになる。(泣)

 うーん、右肩あがりの成長を続けた団塊の世代と比べると、
そりゃ少なくなっても仕方ないとは思うけどさ・・・。
それにしても、少なすぎないかい?

 本気で「選択肢3」を考えてしまうのも無理はなかろ。
しかし、これ、就職前に知る方法はないのかね?
転職するにしても、同じ目に遭う可能性はあるわけだし。
だといって、就職時の面接で「退職金制度について」聞いていいもんか?

 私の心にも、ひとつ時限爆弾がしかけられた、と。

|

« アトピーとステロイド | トップページ | 配偶者控除なんていらない。 »

確定拠出年金(401k)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/50232068

この記事へのトラックバック一覧です: 今までの退職金制度からの移行:

« アトピーとステロイド | トップページ | 配偶者控除なんていらない。 »