« パパ、パパ、パパ | トップページ | 「http:」をNGワードに。 »

ノロウイルスに注意

 ノロウイルスが猛威をふるっている。

 最近では、普通の風邪の患者さんよりも、
ノロの患者さんのほうが多い。

.

 もっとも、実際にノロウイルスかどうかはわからない。
「おそらくそうだろう」というだけで。

 昔にも書いたことがある気がするが、
「ノロウイルス」は検査しないので、確定のしようがない。
普通の「ウイルス性胃腸炎」とか、「嘔吐、下痢症」とかで処理される。

 本当にノロかどうかを調べるには、ちゃんと検査をしなくちゃいけない。
簡易キットのようなものは・・・あるのかな?
あったとしても、おそらくほとんど普及していないと思う。

 PCRを使えば確実に検査できるはずだけれども。

.

 なぜ検査しないか?というと・・・検査してもしょうがないから。

「ノロ」だと分かっても、分からなくても、治療法に変化はない。
治療法に変化がないなら、検査する意味は(治療上は)ない。

 治療は・・・脱水をおこしているなら点滴するかなぁ。
あとは、吐き気がひどい場合は、吐き気止めの薬。
 下痢止めは、使わないことの方が多い。
それと、ビオフェルミンみたいな整腸剤。

 インフルエンザと違い、抗ウイルス薬みたいなのないから。
仮に、ノロでなかったとしても、治療法はそうかわらない。

.

 どうも、医師も状況から見てすぐに「ノロ」と判断するようだ。

「おなかの調子が悪い。微熱あり」でノロと言われた患者さんがいた。
いや、先生、それはさすがにどうかと。w

 でもまぁ、周り中がノロに感染しているような状況なので、
その症状でも「ノロ」と言ってしまえるんだろう。

.

 薬剤師としては、治療上の注意、、というより、
むしろ、看護する人の感染対策の方を啓蒙している。

 感染力が強いから、気をつけないと一家全滅する可能性がある。
身をもって経験しているし。(苦笑)

 処方箋も、二枚三枚まとめてくることもあるし。
昨日、お父さんがかかったと思ったら、今日はお母さんと子ども、とか。
みんなで同時にかかると大変。子ども達だけ先に元気になるとさらに大変。w

 基本として、「食事の前は手を洗おう」これは徹底すべし。

|

« パパ、パパ、パパ | トップページ | 「http:」をNGワードに。 »

('10~13)仕事(薬局)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173091/50328458

この記事へのトラックバック一覧です: ノロウイルスに注意:

» ノロウイルスとの仁義なき戦い。。その1 [整形外科的Blog]
ノロウイルスが流行っていたりすると、いろいろ困りますね。 [続きを読む]

受信: 2012-11-27 17:15

« パパ、パパ、パパ | トップページ | 「http:」をNGワードに。 »